• 蔡剣平

    上海国際映画祭プログミングディレクター

    まさに矢口監督ならではのミュージカル・コメディ。いままで観てきたハリウッド映画のミュージカルと違い、全く新しい矢口節のアプローチ全開で、独特なユーモアセンスが溢れた素晴らしいエンターテインメント。
    三吉彩花の初々しい魅力は最高で、また香港の大女優、尤敏(ユーミン)とのラブロマンス・シリーズ「香港三部作」で共演した伝説的な名優、宝田明のゲスト出演も必見。監督の前作『サバイバルファミリー』が中国で公開され、『ダンスウィズミー』も中国公開に期待。

  • James Heron

    トロント日本映画祭 プログラミングディレクター

    矢口は誰も思いつかなかった全く新しいミュージカルを成功させた!素晴らしいオリジナリティで、「ラ・ラ・ランド」他これまでのどんなミュージカルより正直エキサイティングだね。矢口の新しい視点に、この手があったのか!と正直驚いたよ。しかもミュージカルシーンだけでなく笑いもあって、あっという間に展開に引き込んでくれる。これを見てしまったら、次にミュージカルを作る人はプレッシャーだと思う。ミュージカル映画の新しい地平を切り開く作品をトロントで上映できて本当に感謝している。矢口の次回作にも既に期待が高まっているよ!

  • 伊藤さや香

    Numéro TOKYO

    矢口監督による前代未聞(催眠術って!)のミュージカル映画。
    私にとっては、励ましながら甘やかしながら、時には一緒に笑いこけながら素直になれない
    自分に寄り添ってくれる、友人のような映画でした。

  • 岩田和明

    『映画秘宝』編集長

    世界よ、これが日本のミュージカルだ!
    矢口史靖流コメディの集大成は、三吉彩花の純度100%なスター映画!
    子供からお年寄りまで笑って泣ける、奇跡のファミリー娯楽ムービーの傑作!

  • 河合美希

    映画ライター

    「いきなり歌い出すからミュージカルは苦手」というアナタにこそ観て欲しい!「だって、催眠術にかかっちゃったんだもん」なる大義名分のもと、ヒロインをはじめとした曲者俳優たちが、怪しさ満点で歌って踊って笑わせてくれる。楽しい気分で劇場から帰れること請け合いのハッピーなコメディだ。

  • 小山恵子

    CanCamライター

    笑った!とにかく笑った!観る人すべてが、“矢口マジック”にかかって、ハッピーな気持ちになれる、そんな映画です。

  • よしひろまさみち

    映画ライター

    クレイジーな設定にクレイジーなキャラ、そしてクレイジーな選曲! ほぼPVといっても過言ではない「ウエディング・ベル」のシーンは、特に強烈。『ウォーターボーイズ』のアフロ火事シーンを彷彿とさせる最強の破壊力で大爆笑よ。