close

NEWS

最終決戦の舞台は、あの “呪われたホテル”!
ダニーとアブラが最強の敵ローズと対決する!! 禁断の本編映像解禁

2019.12.14

“特別な力=シャイニング”をめぐって、ダニーとアブラが、最恐のヴィラン ローズ・ザ・ハットと対決を迎える本編映像が解禁となった。40年前惨劇の起こった“呪われたホテル”を舞台に、壮絶なサイキックバトルの幕が開く!

不可解な児童連続失踪事件に関わるローズは、ダニーが仕掛けた罠によって “呪われたホテル”へ足を踏み入れる。ホテルでは “手斧”を持ったダニーとアブラが待ち構えていた。戦いが「始まったら君は逃げろ」とアブラに指示したダニーは、「私が見つけ出して、お前は死ぬまで泣きわめくのよ」と脅しをかけるローズに向き合う。アブラは「あんたのほうかも」と応酬し、「この子の言うとおり、恐れるのはお前だ」とダニーが続け、自信ありげな表情を浮かべる。ダニーのことを知らないローズは疑問をぶつけるが、仲間を殺した男だと知り表情がこわばっていく。その隙に二人は、ローズに向けて“シャイニング”を発動させる。一瞬意識を失ったローズが目を開けると、雪の積もった暗い道の中に移動していた。なんとそこはかつてダニーと母を手にかけようとした父ジャックと、攻防戦を繰り広げた“あの巨大迷路”だったのだ…!

この後、シャイニングをめぐる最終決戦、壮絶なサイキックバトルはどんな展開を迎えるのか。ついに『シャイニング』が真の完結を迎える。その結末は、ぜひ劇場で見届けてほしい。

衝撃の本編映像が到着!
狂信的集団トゥルーノット、戦慄の“儀式”が明らかに!

2019.12.05

11月29日に公開を迎え、SNSやレビューサイトでは「マイク・フラナガンは正当なキングの継承者」、「『シャイニング』を観ていなくても楽しめます。でも『シャイニング』を観ていればその100倍、楽しめます。圧倒的に正しい続編映画」、「やっぱりユアン・マクレガーはいい仕事しますね!アブラ役の女優さんもすごいキュート」「レベッカ・ファーガソンのヒールっぷりがいい」など激賞レビューが続出する大ヒット。

スティーヴン・キング史上最恐のヴィラン ローズ・ザ・ハット。彼女が率いる狂信的集団トゥルーノットは、なぜ子供ばかりを狙うのか?
今回、特別な力を求める彼らの、謎に包まれた戦慄の儀式を描く、禁断の本編映像が解禁された!

映像は、特別な力“シャイニング”で男を眠らせて金品を盗んでいた少女アンディを見つけたローズが、トゥルーノットに誘い込んだ後の“儀式”を描いた場面。実はトゥルーノットは全員が“シャイニング”を持ち、各地を転々としている集団なのだ。儀式の夜、ローズが合図をすると、アンディの後ろにはたき火を囲んだ集団が静かに姿を現す。戸惑うアンディを仰向けにして儀式が始まる。進行役のグランパ・フリックに倣い、全員で呪文のようなものを唱え“命を結ぶ”儀式に同意を求められる。そして、ローズは金属製の容器を取り出す。
「この子は特別よ。名前はバイオレット。この子の味はまるでお花のよう」と言うと、容器の中に入った白い煙のようなものを目一杯吸い込む。そして、アンディの顔に煙を吹きかけながら「深く吸い込んで」と勧める。すると煙を吸い込んだアンディに異変が現れる。トゥルーノットたちは、苦しそうにうめき暴れ始めた彼女を、まるでそうなることを予想していたかのように押さえつける。やがて、絶叫し悶絶するアンディの目は、突如青く光りだすのだった―。 なんとこの白い煙を命の源とし、何百年も寿命を延ばしていているトゥルーノット。果たしてこの白い煙の正体とは一体何なのか? そして彼らが子供ばかりを狙った連続失踪事件を起こし、その事件を目撃したアブラの命を狙う理由とは?

特別な力“シャイニング”をめぐって、ダニーとアブラは謎の集団と向き合うことになる。呪われたホテルにどんな運命が待ち受けるのか。その真相は、劇場で確かめていただきたい。

伝説の『シャイニング』の名シーンが再び!!
『シャイニング』の“破壊されたドア”を映し出す衝撃の本編映像が到着!

2019.11.30

待望の日本公開を迎えて大ヒット上映中の『ドクター・スリープ』から、衝撃の本編映像が解禁された。
『シャイニング』の惨劇から40年の時を経て、成長したダニーが“呪われたホテル”に戻る緊迫の本編映像だ。狂気に取り憑かれた父ジャックが斧で切り裂いたドア越しに覗き込む「あのシーン」が再現された貴重な映像だ。

大人になったダニーは、自分と同じ“特別な力=シャイニング”である事件を目撃した少女アブラと出会う。それは周囲で起こる不可解な児童連続失踪事件のひとつだった。事件の謎を追うダニーは、再び“呪われたホテル”に戻ることを決意する。その場所は、かつて狂気に取り憑かれた父ジャックが起こした惨劇の舞台であり、ダニーのトラウマの元凶だった…。
映像では、アブラをホテルの外で待たせたダニーが一人で室内を歩き回る様子が映し出される。重い扉を開け、真っ暗なロビーに足を踏み入れるや否や、まるで彼を迎え入れるかのようにシャンデリアに明かりがともる。さらにダニーは「起きろ」とホテルに向かって呼びかけ、中へ進んでいく。まるで生きているかのように次々明かりがともっていく廊下の先で、ダニーは茫然と立ち止まる。その視線の先には“破壊されたドア”があり、彼は何かを決意したように中に入っていく。さらに中に入るともう一つ“破壊されたドア”を見つける。なんとその扉は“REDRUM”と書かれた、かつてダニーが謎のメッセージを書き、父ジャックが手斧で破壊したあのドアだったのだ!そしてダニーは、かつての父と同じく割れたドアから中を覗き込む。すると迫りくる父親に母ウェンディが絶叫する、幼き頃の恐ろしい記憶がよみがえるのだった―。このシーンの撮影に臨んだユアン・マクレガーは、「あのジャック・ニコルソンのシーンは本当に有名だけど、僕はあくまで普通に演じた」と、自然体な演技をしたと語っている。

ダニーはなぜ、トラウマの元凶となった“呪われたホテル”に戻るのか?そして、彼は狂気に取り憑かれた父と同じ運命を辿ってしまうのか?かつて三輪車を乗り回した幼き頃のように“呪われたホテル”を歩くダニーが、その後向かった先とは―。『シャイニング』を超える衝撃の結末を目撃せよ。

本日公開!なぜ、呪われたホテルに戻るのか---『シャイニング』の完結を見届けろ!
『シャイニング』第2章開幕!ユアン・マクレガー他キャスト陣登場の特別映像が到着

2019.11.29

待望の日本公開を記念して、独立した作品でありながら『シャイニング』の40年後を描いた完結編でもある『ドクター・スリープ』を、ユアン・マクレガー、カイリー・カラン、レベッカ・ファーガソンが解説する特別映像が到着した。

マイク・フラナガン監督は、スティーヴン・キングの原作とスタンリー・キューブリック版の映画の要素を見事融合させた。映画『シャイニング』との関連性について、大人になったダニーを演じたユアン・マクレガーは「緊張感とサスペンス感が『シャイニング』に似ている」と、本作で描かれる“新たな恐怖”は、『シャイニング』のサスペンスフルな描写が受け継がれていると語る。同時に、「『ドクター・スリープ』の原作は、『シャイニング』の原作を読んでいなくても楽しめる。同様にこの映画単体でも楽しめる」と、続編でありながら独立した映画であることを強調している。

40年前父ジャックが起こした惨劇で生き残ったダニーは、周りで起こる不可解な児童連続失踪事件を、特別な力で「目撃」した少女アブラと出会う。演じたカイリー・カランは、特別な力に悩まされて成長したダニーに同情したという。「『シャイニング』のその後を描いているのが面白い。大人になったダニーも注目ポイント」とだという。ダニーはカランが演じるアブラと出会ったことで、自分の“特別な力=シャイニング”の封印を解くことになる。

本作でもう一人新たに登場するのは、子供たちやアブラの力を狙う“最恐のヴィラン”ローズ・ザ・ハットだ。ローズを妖艶に演じたレベッカ・ファーガソンは、『シャイニング』は歴史的な名作だと断言する。「キューブリックは恐怖映画のレベルを上げた。ハラハラさせるにとどまらず、美しい風景の裏で渦巻く底なしの恐怖を感じさせた。この映画はそんな『シャイニング』へのオマージュ」だと、舞台となる“呪われたホテル”を再現し、その住人たちを蘇らせた本作こそ、『シャイニング』“完結編”として期待してほしいと語っている。

事件の謎を追いダニーとアブラがたどり着いたのは、惨劇の舞台となった“呪われたホテル”。その先には、『シャイニング』を超える衝撃の結末が待っている。呪われたホテルの惨劇を生き延びた少年が、なぜ、再びあのホテルに戻るのか? そして、彼は狂気に取り憑かれた父と同じ運命を辿ってしまうのか?『シャイニング』の完結を観逃してはならない。

『シャイニング』完結編はいかにして生まれたのか!?
S.キング自身を投影した主人公から伝えられること---特別インタビュー到着!

2019.11.27

原作者であるスティーヴン・キングの特別インタビューが到着。小説「ドクター・スリープ」のキャラクター造形の裏側や本作のテーマ、今回の映像化について余すところなく語ってくれた。

『ドクター・スリープ』は、キングの原作はもちろん、キューブリック版『シャイニング』の要素も取り入れ融合させることに成功した。「私はいつも言ってきたんだが、スタンリー・キューブリックの映画版と私の小説の違いは、彼の映画が氷で終わるのに対し、私の小説は炎で終わるという点なんだ」と、自身の原作とキューブリックの映画には大きなへだたりがあった点に言及。「しかし、大人になったダニー・トランスのストーリーを、マイク・フラナガン監督が、自身の明らかにおおらかな心を通して研究してくれた。だからこそ彼はキューブリックの映画をもう少し先へと進めることができ、それによっていろいろな点に“温かさ”が加わっている」と、本作がキングの世界とキューブリックの映画を融合させることに成功したと断言する。「この映画はふたつのことをやっている。まず、これは小説「ドクター・スリープ」の見事な映画版であること。そしてまた、スタンリー・キューブリックの映画『シャイニング』のすばらしい続編であることだ。マイクは、映画『シャイニング』では起きたが、小説「シャイニング」では起きなかったこともいくつかあるという“世界”で、この映画に取り組み、この二つのテーマをうまく成し遂げている」と、監督の手腕を絶賛した。

ホラー作品を多く世に送り出してきたキングだが、読者には恐怖と同時にエモーションを感じてもらいたいという。「私は、感情的な反応を得られるたびにうれしく思うんだ。それは私が大事にしていることのひとつだ。私は読者に気にしてほしい。読者の心を動かしたい。ホラーというのは、いうなれば、ギターの唯一の弦のようなもの。ほかにも多くのものもある。私は読者を、人間として共感できる人々に会わせたい。友達である人々、世話をする人々、保護者である人々。それがだいたいにおいて、怖い部分をより怖くする要素なんだ」と、登場人物への共感性を生み出すことで恐怖がより増大すると語る。
本作のキャラクター造形には隠された裏側があったとキングは告白する。「ドクター・スリープ」を執筆したとき、私は長い間、断酒をしていた。私はその視点からダニーのストーリーを書きたかった。というのは……。いや、私は別に自分がふたりの別の人間だったと言うつもりはないよ。それだとこのストーリーを誇張することになってしまうからね。ただ、私自身、「シャイニング」を書いたときの自分とは、相当違っているし、人生において違う場所にいる。それが「ドクター・スリープ」を書こうと思った推進力のひとつだった。このキャラクターに関しては、自分がもっと広い視点で描けると感じたんだよ」大人になったダニーのキャラクターは、キング自身の経験も一部インスピレーションとなった。その中でやはり読者への共感性をキングは大事にしたと言う。「私がやりたくなかったのは、酒を飲むとか飲まないとかについての道徳的なメッセージみたいなものにすることだった。私が目指したのは、このキャラクターを読者、あるいは観客に見せて、何が起きたかを基に、彼ら自身で判断してもらうことだったんだ」

そして、人とは違う“特別な力=シャイニング”を持つダニーを通して、誰にも通じる普遍的な“勇気”というテーマを伝えたかったとキングは語る。「絵を書くのが好きだったら、それを隠す必要はない。絵をみんなに見せればいい。文字を書くのが好きだったら、書いた文章を勇気を出してみんなに見せればいいんだ。予想される最悪の事態は、誰かが「好きじゃない」と言うだけだ。そしてそれは本当に最悪なことではない。鋭利なもので目を刺されるほど悪くないだろう」と、人と違う特徴があってもそれを周りに明かす勇気を持つことが大事なのだ、と語った。

キングとキューブリックの二つの世界を融合させた本作への自信
スティーヴン・キング、マイク・フラナガン監督が登場する特別映像到着

2019.11.26

マイク・フラナガン監督と原作のスティーヴン・キングの対面の様子と2ショットインタビュー、そして『シャイニング』の“呪われたホテル”を再現する貴重な映像が随所に織り込まれた特別映像が到着した。

冒頭、メイン州にいるキングとフラナガン監督の初対面をとらえる。「今日は僕にとって特別な日だ。スティーヴン・キング原作の映画を2本作ったが、本人に会ったことはなかった。彼は子どものころからずっと、僕のヒーローなんだ」と、キングファンを自称する監督が満面の微笑みをもらす。
続くインタビューでは、“呪われたホテル”=「オーバールックホテル」のTシャツ姿のキングと、幼いダニーが着ていたセーターの「APPOLOロケット」がプリントされたTシャツを着た監督が登場。「シャイニング」が大好きだ。世界の見方が変わったよ。続編が出版されると知ったときは狂乱し、1~2日で読み終えたよ」という監督は、「ドクター・スリープ」出版直後の2013年にいち早く読了していた熱を込める。原作者のキングは、「大人になったダニーがどうなったのか、ずっと気になっていた。ダニーが大人になった物語を彼の大きな心を通じて描くことで、マイクはキューブリック映画を次の段階へ進ませた」と高評価。
『ドクター・スリープ』では、キューブリック版『シャイニング』の要素も取り入れている。特に舞台となる“呪われたホテル”の再現には力を入れた。監督が「キューブリック映画に敬意を払いつつ、真の続編になるように作り上げていった」と語る中、父ジャックがかつてダニーたちを手にかけようとした際に用いた「手斧」を持った監督の姿、象徴的な柄の絨毯が敷かれたホテルの廊下や雪の迷路を再現するメイキング映像がインサートされる。監督は「同時に映画では描かれなかった、小説「シャイニング」のテーマも描いている」と、再現だけではなく原作の要素も取り入れていると強調する。「小説に基づくことが、この映画を作る唯一の方法だった。しかしキューブリック映画の存在は巨大だ。その二つの世界の融合を試みることができ、非常に光栄だった。スティーヴンの作った美しい物語や登場人物を、象徴的な映像美に落とし込んだんだ」と、キングとキューブリックの二つの世界を融合させた本作への自信をのぞかせた。

ダニーを演じたユアン・マクレガーは、「『シャイニング』は、アルコールに溺れ自制が効かない人間を描く。でも『ドクター・スリープ』の小説と脚本のテーマは“再生”だ」と、ダニーが狂気に取りつかれた父と同じ運命をたどることを恐れ、葛藤する姿が描かれると示唆する。
最後にキングが、「マイクの映画は独立した作品だ。独自の高揚感と観る喜びがある。小説「ドクター・スリープ」の、すばらしい映画版だ。同時にキューブリック映画『シャイニング』のすばらしい続編でもある。観るべき映画だ。参加できたことを誇りに思う」と締めくくっている。

THE SHINING コラボ商品予約発売中!

2019.11.25

THE SHININGのコラボアイテムが続々登場!
絶賛予約発売中です。


【FREAK'S STORE】
FREAK'S STOREより、「THE SHINING」のスウェットが登場。

計算しつくされたビッグシルエットのサイズ感はこなれ感を演出し、一枚で着ても様になる仕様。
トレンドのシャツを羽織るスタイリングから、オーバーサイズのブルゾンやジャケットの相性も抜群!
スタイリングのアクセントに活躍させたい一着です!

ご予約はコチラ

【jouetie】
jouetieより、映画「THE SHINING」とのコラボアイテムが登場。

名シーンを転写シートプリントで綺麗に仕上げ、映画中にでてくるロゴを、立体的なジェルプリントで背面に施したテクニックがポイント。スタイリングしやすいゆったりとルーズなシルエットも◎ 

ご予約はコチラ

ネタバレ寸前!
ユアン・マクレガーとレベッカ・ファーガソンが3人の登場人物を語る特別映像到着!

2019.11.25

ダニー役のユアン・マクレガーと謎の女ローズ役のレベッカ・ファーガソンが、ネタバレ寸前の核心を語る特別映像が解禁となった。伝説の『シャイニング』を完結へと導く3人の登場人物、ダニー、アブラ、ローズとはどんな存在なのか…?

ダニー・トランスは40年前“呪われたホテル”で狂気に取りつかれた父ジャックが起こした惨劇で生き残った。成長したダニーは、惨劇のトラウマを抱え人を避けるように暮らしている。演じたユアン・マクレガーは「大人になったダニーは、どん底にいる。オーバールック・ホテルでの記憶を封印し、普通の生活を送ろうとしている。シャインの能力を使うのが怖い」と、トラウマとなる過去の記憶を呼び起こす自身の持つ“特別な力=シャイニング”を封印しているのだと解説する。
『ドクター・スリープ』では、少年時代の回顧シーンも随所に織り込まれているが、『シャイニング』を観ていない人にとっても新たなキャラクターをユアンが紹介する。「カイリー・カラン演じる、少女アブラが登場する。少女もまた、シャインの能力を備えている」と、自身と同じ力を持つ少女アブラが、周囲で起こる児童連続失踪事件を「目撃」したことがきっかけでダニーと出会うことになる。

さらに、ユアンからネタバレ寸前のコメントが飛びだす。「トゥルー・ノットという、謎の集団が登場する。彼らは、子供の持つ強力なシャインを餌食にする」と、事件に関わる狂信的集団が、アブラの能力を求めて命を狙うと核心を明かす。「トゥルー・ノットらと、少女アブラとダニーの物語が交錯する」と、3つの軸が重なり合う瞬間があると語る。その中心となるのは、集団を率いる謎の美女ローズ・ザ・ハットだ。演じたレベッカ・ファーガソンは「私はさすらい者たちのリーダー、ローズ・ザ・ハットを演じる。彼らはこの上なく邪悪な存在であり、アブラとダニーは隠れなければならない」と語る。スティーヴン・キングは、最恐のヴィランを演じたレベッカの演技を絶賛していることを付け加えておこう。

父ジャックと同じ運命をたどることを恐れながら暮らしていたダニーは、アブラに出会ったことによって自身のトラウマと向き合うことを決断する。そして事件の謎を追い、再び“呪われたホテル”に戻る。ダニー、アブラ、そしてローズ、3人の物語が交錯するとき、伝説の『シャイニング』が完結することになる。果たして、物語はどんな展開を迎えるのか? ダニーは狂気に囚われた父と同じ運命を辿ってしまうのか?すべての謎が遂に明らかになる時は近い―。

原作キングも認めた傑作に、各界の著名人からの絶賛のコメント&レビュー篇スポット到着

2019.11.22

待望の日本公開を控え、“呪われたホテル”の恐怖を凝縮したレビュー篇スポットが解禁となった。
原作のキング本人が「キューブリックの『シャイニング』に続く、最高の締めくくりだ」と、マイク・フラナガン監督の手腕に太鼓判。全米公開を迎え「S.キング映画の最高傑作」、「2019年ベスト映画」との呼び声もあがっている本作を「必見の仕上がりだよ。原作者として誇らしい」と絶賛する。



さらに公開に先駆けていち早く本作を鑑賞した、“恐怖”にちなんだ日本の著名人からも絶賛レビューが続々到着!

■『ドクター・スリープ』著名人コメント全文(敬称略)50音順

観る前に恐るる事無かれ!
映画版前作を愛するが故の続編への驚きと不安。 
いつの世も血は争えず、引き継がれる依存や遺伝、トラウマの呪い。
挑戦し、越えていくのは若さ溢れるセンス“シャイニング”。
原作と映画…前作から尾を引く巨匠同士の氷の溝と確執。
そこに、本作同様…若きフラナガン監督の両者への敬意と愛が雪解けを起こし、
前作の後遺症を乗り越えようとする。
その見事な融合の手腕に魅せられ、一観客の僕も懐かしさと共に過去作の印象ばか
りに縋って憂うのはやめようと思わされた。
清水崇(映画監督)


「オーバールック展望ホテル」再び!
この映画は、キングの真骨頂であり、キューブリック作品への極上のオマージュだ。
『シャイニング』から三十九年。悪霊群れ集う恐怖の同窓会をお楽しみください。
貴志祐介(作家)


ド傑作!文句なし!シャイニングからの繋げ方が完璧すぎる!!
内容については触れないけど、とにかくあまりにも凄いものを見せられてテンションがおかしくなってる。
クライマックスでの、あの血のたぎるような感覚は中々味わえない。フラナガンは本物の天才。
人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)


『ドクター・スリープ』は40年の時を経て、対立していたキングの原作とキューブリックの映画を
仲直りさせることに成功している。
トラウマと対峙するダニーの姿にキング自身が重なり、涙なしでは観られない!!
町山智浩(映画評論家)

変幻自在・柳沢慎吾が…全力一人『シャイニング』披露!?
S・キング、キューブリック財団がともに認めた大傑作!『IT』のS・キングイヤー、真打登場!

2019.11.18

本作のドルビーシネマ特別試写会が開催。開映前には『シャイニング』から40年後を描く本作にちなみデビュー40周年を迎え映画・ドラマ・バラエティと幅広く活躍をする「慎吾ちゃん」こと柳沢慎吾が三輪車に乗って登場!映画コメンテーターの有村昆を交えて本作『ドクター・スリープ』を語りつくすトークも展開!さらにインスタグラムのフォロワー数45万6千人と今最も注目される双子りんか&あんなも劇中に登場する双子姉妹そっくりの衣装で出現!
まさに本作の内容に相応しい予測不可能な超豪華イベントとなった。

MCが登場する前に、なんと前説として柳沢慎吾本人が登場。「前説ということで、この後の本番で登場したら、キャーって歓声上げてください」と呼び掛け、つかみは完璧。その後正式にMCの呼び込みで「いとしのエリー」に合わせて再登場すると、幼いころのダニーさながら三輪車で舞台上を駆け回った。
柳沢は芸能生活40周年を迎えた。「あっという間ですね、おとといぐらいの感覚でしたよ」と語り、『シャイニング』と「同い年」であることについては「光栄です。お客さんも同級生って感じで、皆さんと出会ったことに感謝します」と決めポーズ。もう一度『シャイニング』を観返した感想を聞かれると「ホラー映画の先駆けですよね。当時はCGとかなくてヘリコプターを使って撮ったと思うんですよ。役者さんもきつかったと思う。あれから40年、続編を作ったっていうのはすごいことだと思います」と振り返る。怖かったポイントについては「音楽の使い方とか効果音とかが怖さを煽りますよね」と、おなじみの“鼓動の音”を見事に再現した。


続けて、柳沢の持ちネタである「ひとり○○」にちなみ、なんと本日限定の「ひとりシャイニング」を披露!『シャイニング』の名シーンをほぼ一人で再現。すると“双子の姉妹”の衣装姿のりんか&あんなが登場。再び三輪車に乗った柳沢が二人の元に近付くと、「ハロー、ダニー。遊ぼう、遊ぼう」と呼び掛け、柳沢は全力で戦慄の表情を浮かべた。りんか&あんなが退場すると、今度は一人で237号室の“バスタブの老婆”を再現。ダニーの父ジャックと抱き合う様子も一人で演じ切り、再び「鼓動の音」も飛び出した。次に“破壊されたドア”のパネルが登場。ダニーたちを手にかけようとするジャックが手斧でドアを割り中を覗き込み「ウェンディ、アイムホーム」とセリフも再現、一方で母ウェンディが悲鳴を上げる姿も同時に演じた。ふたたびりんか&あんなが登場すると、ジャックさながらに二人を追いかける。最後には息切れするほどの全力の演技に、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

今回はもう一人のゲスト、映画コメンテーターの有村昆が登場。改めて『ドクター・スリープ』の感想を問われると、「40年ぶりに『シャイニング』の新作が見られることに感謝。見終わった後の満足度が空気で分かって、傑作だってことが満場一致でした。皆さんも、見終わった後の感想が盛り上がると思います。もちろん『シャイニング』を観ていなくても楽しめます」と語った。これには柳沢も「40年前を引き継ぎつつも、効果音とか映像が新しくなっているんですよね。絶妙で思わず何度か悲鳴を上げてしまいました」と同調し、笑いを誘った。
さらに有村は「原作のスティーヴン・キングとキューブリックが仲違いしていたことが事実としてありますが、今まで仲違いしていたものが、フラナガン監督がキューブリック財団を尊重しつつ、スティーヴン・キングのGOサインをもらって、両方の言い分を全部まとめあげているんですよ。それがすごいです」と双方を納得させた監督の手腕を絶賛。「物語は主に3人の登場人物が出ているんです。ユアン・マクレガー演じるダニー・トランスが、父ジャックが当時起こした惨劇のトラウマで、“シャイニング”という能力を封印して生活を送っている中、今一度自分のトラウマと対峙するのは、皆さんが少年時代に抱えたトラウマと対峙する、僕らの物語であるといえます。僕も大人になって、40年かかって分かる物語っていうのは、まさにこのトランス一家のダニーの目線からすると僕らに通じる話になっているというところが一番のポイントです」とストーリーの注目ポイントをレコメンドした。

そして『シャイニング』の正当な続編ということが証明される“呪われたホテル”についても有村は言及。「あまり詳しくは言わないですが、今回キューブリック財団の許可を得て、設計図や資料写真など全部を提供してもらって、完全再現しています」と明かす。「ただ全部再現すると模倣になってしまうので、ちょっと変えています。観る方が見れば、どこが変わっているのかがわかるはずです。しかも当時は2年かかったセットを6週間で作ったんですが、マトリョーシカ方式でセットをだんだん小さく作っていって、内側のセットから撮っていって壊すという方法で、ものすごいスピードで低予算で撮っているんです」とトリビアを披露。さらに『シャイニング』のジャックが扉を覗き込むシーンは2日間もかかったと有村が言うと、聞いていた柳沢は驚きの声を上げた。最後に有村は「今年、来年はスティーヴン・キング作品の映像化が次々発表されるキング・イヤー。このタイミングで真打ちである『シャイニング』の続編は見ておかない手はない!」と締めくくった。


フォトセッションでは、再びりんか&あんなと「破壊されたドア」が登場。柳沢は壊れたドア越しに顔を覗かせて「ウェンディ、アイムホーム」と連呼し、観客の大爆笑をさらい、「あばよ!」のセリフを残して退場した。

映画『ドクター・スリープ』の公式ステッカーがTikTokに登場!

2019.11.08

この度11月29日(金)より公開の映画『ドクター・スリープ』の公式GIFステッカーがTikTokで活用できるようになりました!

株式会社GIFMAGAZINE(代表取締役社長:大野謙介、本社:東京都渋谷区、以下「GIFMAGAZINE」)は、全世界で爆発的な人気を誇るショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」で、「GIFMAGAZINE」の人気GIFが気軽に利用できるGIFステッカーを提供中。
そして本作のステッカーの配信が開始!

GIFステッカーは「TikTok」動画編集画面から利用可能。誰でも簡単に、動画をより個性的にデコレーションすることができます。

ついに、呪われたホテルの扉が開かれる
恐怖を凝縮した3本のスポット映像同時解禁!

2019.11.08


「最高傑作」「今年一番の映画」「『ショーシャンクの空に』以来最高のスティーヴン・キング映画」など、全米で激賞されている『ドクター・スリープ』の恐怖を凝縮した3本のスポット映像が同時解禁となった。

30秒のオンラインスポットでは、『シャイニング』から40年、幼き日に“呪われたホテル”での惨劇を目の当たりにしたトラウマを抱えたダニーが、自分と同じ「特別な力」を持つ少女アブラと出会い再びホテルに戻るストーリーにスポットをあてる。手斧やタイプライターといった、“呪われたホテル”にある謎のアイテムも登場するなど、その先にどんな展開が待っているのか期待高まる映像となっている。

同時解禁されたのは、15秒のスポット映像2タイプ。スティーヴン・キングが仕掛ける謎にフィーチャーした「ミステリー編」は、REDRUMのメッセージが書かれた扉やバスタブ中の老婆、廊下に佇む双子の姉妹が次々と映し出され、大量の血が溢れだすエレベーターで締められる、インパクトあふれる映像だ。
「シャイニング編」では、「おかえり、ダニー」の言葉とともに扉の裂け目をのぞき込むダニーが映し出され、『シャイニング』ファンなら耳なじみのある“あの音楽”にあわせて、幼少期のダニーや本作の鍵を握る少女アブラのおびえた表情、叫び声をあげる謎の少女、何かに驚いたように振り返るダニーの姿が続く。双子の姉妹の「遊びましょう。ずっとずっと永遠に」という不気味な言葉が印象に残る不穏な映像となっている。

『ドクター・スリープ』の魅力と謎が濃縮された見ごたえのある3本のスポット映像は、本日よりTV、オンラインで公開される。



FURFUR(ファーファー)とのフィーチャリングコレクションの発売が決定!

2019.11.07

“フェミニンモードウェアーズ“をコンセプトに、ユーモア溢れるレディースウェアを展開するFURFUR(ファーファー)とのフィーチャリングコレクションの発売が決定!
『シャイニング』の狂気的なストーリーやアーティスティックなムードをFURFUR(ファーファー)のフェミニンかつユーモア溢れるデザインに昇華した特別なアイテムを2020年2月に全4型発表いたします。
「ドクタースリープ」の公開を記念し、Tシャツ1型を、11月22日(金)にニューオープンとなる渋谷パルコ店で先行発売いたします。
11月29日(金)より全国各店、オンラインストアにてご購入いただけます。

◆“The Shining” Photo T-shirt ¥9,000+tax




商品ページURL
https://furfurfur.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=RWCT201042&vid=&bid=FUR01


FURFUR(ファーファー)
フェミニンで洗練された繊細さに
少しのユーモアとモードのエッセンスをちりばめ
しなやかでエレガントでありながらも力強さを感じさせる”Feminine Mode Wears”をコンセプトに
高感度で服好きな女性をロマンティックで幸せな気分へと導く。

公式サイトURL
https://www.furfurfur.jp
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/furfur_official/

原作のキングも太鼓判、マイク・フラナガン監督、ユアン・マクレガーが語る特別映像が到着!

2019.11.01

原作のスティーヴン・キング、マイク・フラナガン監督、ダニーを演じたユアン・マクレガーが、『シャイニング』40年後の物語について語る特別映像が解禁された。
冒頭では、三輪車に乗った幼いダニーが“呪われたホテル”の237号室を見上げるシーンが映し出される。「初めての『シャイニング』は、お泊まり会で観たVHSだった。まったく予期せぬ内容だった。絶対的な体験だった」と語るのはマイク・フラナガン監督。

続いてスティーヴン・キングが、「大人になったダニーがどうなったのか、ずっと気になっていた。語るべき物語があると感じた」と、小説「ドクター・スリープ」執筆の経緯を振り返る。
「“シャイニング”は、特別な力のこと。念じる事で物理的なパワーを発することもできる。人の心を読むこともできる」と、ダニーが子供のころから持つ“特別な力=シャイニング”を解説した監督は、“呪われたホテル”でのトラウマを抱えたまま成長した主人公について、「ダニーのトラウマはあまりにも重い。どう対処したらいいかわからない」と、その能力を持て余していると説明する。

ユアン・マクレガーは、「ダニーはある主義を貫いてきた。それは絶対に“シャイニング”を使わないこと。酒に溺れるのは、亡霊たちを忘れたいから。“呪われたホテル”の亡霊たちだ」と、彼を悩ませるトラウマの元凶こそ、“呪われたホテル”の住人たちだと指摘する。だからこそ「ダニーが最も恐れていることは、あの“呪われたホテル”へ戻ること」なのだ。「この映画では、途方に暮れているダニーが見たかった。どん底を見るまでは、真に回復することはできない。そんなダニーをスクリーンで見たかった」と語るキングは、完成した映画を観て「登場人物に共感できる。だから恐怖シーンがさらに怖い」と、ダニーをはじめとするキャラクター造形にも太鼓判を押す。続けて「この映画は単体でも成立するが、キューブリックによる『シャイニング』の続編としてもふさわしい」と絶賛。

フラナガン監督も「映画館で恐怖体験を期待している人に勧めたい。まさに自分が見たかった映画だ」と、映画館の大画面で“新たな恐怖”体験となる映画の完成に自信をのぞかせている。

「2019年最高の映画」 全米メディア&批評家が大絶賛!!
ユアン・マクレガーらキャスト陣登壇の『ドクター・スリープ』LAプレミア開催

2019.10.30

ホラー映画の金字塔『シャイニング』の惨劇の40年後、大人になった少年ダニーを主人公に新たな恐怖を描き出す『ドクター・スリープ』。全米の批評家たちのファーストリアクションでは、「2019年最高の映画」(Phil Pirrello/NO FILM SCHOOL)、「『ショーシャンクの空に』以来最高のスティーヴン・キング映画」(Scott Menzel/WE LIVE ENTERTAINMENT)、「トラウマに満ちたエモーショナルなホラーに人前で泣いた」(Haleigh Foutch/COLLIDER)、「恐ろしくて魅惑的」(Eric Eisenberg/CINEMABLEND)、「まるで幻覚のようなホラー」(Courtney Howard/FRESH FICTION)など、絶賛の声で溢れている。

このたび、日本時間10月30日(水)(※現地10月29日(火))、LAレジェンシー・シアターにてプレミアが実施され、ダニー・トランス役を演じたユアン・マクレガーはもちろん、鍵を握る少女アブラ役に大抜擢されたカイリー・カラン、シックな黒のドレスに身を包んだレベッカ・ファーガソンなど豪華キャストが登壇。さらに、マイク・フラナガン監督やプロデューサーなど、製作陣の面々も駆け付けた。多くの取材陣とファンが集まる注目度の高いイベントとなった。

たくさんのメディアに囲まれ、ネイビーのハイネックにグレーのジャケットといういで立ちで登場したユアン・マクレガーは、撮影時のエピソードについて尋ねられると、「カイリーという素敵な女優さんがアブラをやってるんだけど、最初に出会ったシーンのセリフが長くてね。それまでは頭の中での文通のようにコミュニケーション取ってたんだけど、最初に出会うシーンですごく長いセリフがあった。でもカイリーとの最初のシーンだったから楽しみだったよ。最高だった」とアブラ役カイリー・カランと息の合った演技が披露できたと明かし、日本のファンに向けて「日本の皆さん、こんにちは。元気ですか?」と笑顔で呼びかけた。

きらびやかなシルバーのジャケットに身を包んだカイリー・カランは、初の大作映画出演となる本作を「ストーリーがすごくハラハラドキドキでね、キャラクターもすごく入り組んでるの。本当に面白いから!」と大絶賛、日本に行ったことは?の質問に日本語を勉強していることを明かし「こんにちは。私はカイリーです。はじめまして。どうぞよろしく」と流暢な日本語を披露した。
謎の集団の美女を演じたレベッカ・ファーガソンは、取材に対して「この映画はとにかくやりたいと思ったの。私の大好きな作家によって書かれた本を元にしているし、監督とはすっかりお友達だし、リスペクトしている。製作スタッフもとにかく素晴らしいのよ。それと、悪役を演じるのって悪くないわ、特に深みがあるし」と初めてのヴィラン役を楽しんだことを明かし、日本のファンに向けて「是非映画を観て楽しんでください!」とコメント。

マイク・フラナガン監督は日本のシャイニングファン、スティーヴン・キングファンに向けて「皆さん、スタンリー・キューブリックのシャイニングやスティーヴン・キングを応援してくれてありがとうございます。この映画を作れた事は私の人生で本当に光栄な事です。私のようにシャイニングのファンであれば、私のようにこの映画を楽しんでほしいと思っています。ありがとう」とメッセージを寄せた。

さらに、プレミアには『ワンダー 君は太陽』(17)に出演して天才子役として話題を集め本作でも名演技を披露しているジェイコブ・トレンブレイやエミリー・アリン・リンドも登壇し、フォトセッションに応じるなど華やかなイベントとなった。

“新たな恐怖”を描く日本版本予告&本ポスター2点解禁!

2019.10.16

シャイニング』から40年、スティーヴン・キングが仕掛ける“最大の謎”に迫る 『ドクター・スリープ』日本版本予告&本ポスター2点が解禁となりました。

今回解禁された『ドクター・スリープ』本ポスター2点は、『シャイニング』を彷彿とさせるインパクトの強いビジュアルが目を惹きます。 1枚目では赤く染まった“呪われたホテル”の廊下で、三輪車に乗る幼きダニーとホテルに戻る大人になったダニーが対峙する形で映し出され、 2枚目ではホテルに狂わされた、ジャック・ニコルソン演じる父親ジャックさながらに、 “破壊されたドア”越しに部屋の中を覗き込むダニーの姿が浮かびあがっています。 そしていずれのポスターにも「呪われたホテルが、目を覚ます」という“新たな恐怖”を予感させる一文が。 彼の視線の先に一体何が待ち受けているのか…。

同時解禁された日本版本予告では、雪山のホテルの惨劇を“特別な力”で生き残り、 いまはホスピスで働きながら人を避けるように暮らしているダニーのもとに、謎のメッセージが届く瞬間から始まります。 轟音に目覚めたダニーが鏡越しに見つめた先には“REDRUM”という文字列が浮かび上がります。 実際には“MURDER”、つまり“殺人”を意味するメッセージ。
「幼い頃にいた“ホテル”、その住人たちが戻ってきた」---雪に閉ざされた“呪われたホテル”の重い扉を開いたダニーの脳裏に、 幼き日に目にした“呪われたホテル”の記憶が鮮烈に蘇ります。
ある日、ダニーの前に、“特別な力(シャイニング)”で「事件」を目撃した少女アブラが現れます。 さらに二人の周りで、謎の狂信的な集団による児童の失踪事件が続き、やがてアブラにも危険が!
「後悔しないか」---アブラにこう問いかけたダニーは、事件の謎を追い「昔いた場所だ。呪われた場所」へと向かいます。 それは、40年前に惨劇が起こったあの“呪われたホテル”でした…。

『ドクター・スリープ』公開に備えよう!
映画史を変えた傑作『シャイニング』視聴はこちら

2019.10.02

スティーヴン・キング×スタンリー・キューブリックによるホラーの金字塔全世界を震撼させた、映画史に残る傑作『シャイニング』
ぜひこの機会にご覧ください。

■『ドクター・スリープ』11月29日(金)全国公開
『IT/イット』スティーブン・キングが仕掛ける最大の謎
40年前の惨劇を生き残ったダニーが児童ばかりを狙った不可解な連続失踪事件を追い、たどり着いたのは『シャイニング』の呪われたホテルだった。
全世界が新たな恐怖を体験する。

■『シャイニング』待望の北米公開版が4K UHD で初登場!
レストア作業はスティーヴン・スピルバーグが監修!!
今回の<4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター ブルーレイセット>に収録されるのは、143 分の北米公開版(※)。
4K のレストア作業はスティーヴン・スピルバーグと、長年スタンリー・キューブリックのアシスタントであったレオン・ヴィタリが監修!
(※)現在発売しているのは119 分のコンチネンタル・バージョン

商品情報はこちら

『ドクター・スリープ』の記憶に残る恐怖に期待!立川志らくが太鼓判!
『ドクター・スリープ』公開記念 『シャイニング 北米公開版』特別試写会イベント

2019.09.22

最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖を描いた『ドクター・スリープ』。本作の公開に先駆け、ホラー映画の金字塔『シャイニング 北米公開版』4K ULTRAHDが10月30日に発売決定!9月22日(日)に『シャイニング 北米公開版』特別試写会を開催いたしました。開映前には落語家として活躍し、切れ味するどい毒舌でコメンテーターとしても才能を発揮している立川志らくさんが登壇しました。

MCの呼び込みで立川志らくさんが登場。映画好きで知られる志らくさんはキネマ旬報でも人気映画コラムを20年以上執筆しており、大の『シャイニング』ファンだという。
「着物を着た「ひるおび!」のコメンテーターだと思われているかもしれませんが、映画は大好きで年間3~400本映画を観ていたころもありました。数百万円の予算で自主映画の監督もやって、5本くらい作ったりしてますよ。最近は忙しくてなかなか映画を観られていないのですが、限られた時間で大事に見るようにしています。」と映画への思いを語りました。

そこで、『シャイニング 北米公開版』4K ULTRA HDの予告編映像を上映。客席に座り鑑賞した志らくさんは「大きい画面で観ると全然違いますね。映画の作り手は、やはり大きなスクリーンで観てもらうために映画を作っています。」と興奮の様子。「初めて『シャイニング』を観たのは高校生の時。名画座の二本立てで観ました。ジャック・ニコルソンが観たくて。」と『シャイニング』の思い出を語り始めました。「こけおどしがないところがすごいと思います。ヒッチコックのように来るぞ来るぞ、と観客を脅かすので、とても記憶に残るんですよね。品のある恐怖感。」と語りました。

志らくさんはシネマ落語で『シャイニング』をモチーフにした作品を作っています。「シネマ落語は『タイタニック』『タクシードライバー』『E.T』など、もう70作くらい作ってます。もともと、シェークスピアなどの海外の小説を落語にするというやりかたは昔からあったんです。それを映画でやってみようと思ったのがシネマ落語のきっかけです。」と、古典落語の「鰍沢」をベースにしたストーリーを説明すると、その斬新な設定に会場からは驚きの声があがりました。

『シャイニング』の続編となる『ドクター・スリープ』については、「今度はキューブリックよりもキング色が濃くなるのでは?」と予想。奇しくもイベント前日の9月21日はキングの誕生日。アメリカでも様々な上映会イベントが開催され、今日の試写会にもキングと『ドクター・スリープ』監督のマイク・フラナガンからのメッセージ映像が寄せられました。「やはりキング本人からメッセージが来るということは、作品に自信があるということなのでしょうね。」と期待のコメント。志らくさん自身もキング原作の映画には詳しく、「思い入れがあるのは『キャリー』、『ミスト』など。『ミスト』は最初は嫌な話だと思ったけれど、とてもキングらしい救いのない終わり。キング原作映画の投票をしたらおそらく『ショーシャンクの空に』などが一番になるかもしれませんが、私は『ミザリー』みたいな作品が好きですね。ホラーだけではなく『スタンド・バイ・ミー』のような感動作もありますが、もしかしたら本当は感動ものを作りたい人なのではないか、といつかご本人に聞いてみたいですね。」と語りました。「退屈な芸術を作る人ではないんです。一流の三文小説というか、普段小説を読まないような人も思わず手にしてしまう作品ですよね。例えば少年4人が旅に出る物語であれば、そこまで皆に読まれなかったかもしれない。そこに死体を取り入れることでとても刺激的な作品になりました。」

最後に、これから『シャイニング 北米公開版』4K ULTRA HDを観る人たちに向けて「若い人はビデオなどでしか観ていないかもしれませんが、大きいスクリーンでこけおどしではない恐怖、上品であればあるほど記憶に残る恐怖になります。是非楽しんでください。」とメッセージを送りイベントを締めくくりました。

10/30『シャイニング』【4K ULTRA HD】発売記念!
#ジャックネコルソンTwitterキャンペーン

2019.09.20

ホラー映画の金字塔『シャイニング』が【4K ULTRA HD】で復活!
さらに‼その40年後を描く『ドクタースリープ』が11/29公開!

それを記念し【#ジャックネコルソン】+【シャイニング本編風な動物の写真】を投稿すると抽選でREEAST ROOMご招待など豪華賞品をプレゼントいたします!
「今回は特別にシゲキ度マックスのメガスペシャルコースに1組2名様ご招待!」
奮ってご応募ください。


REEAST ROOM

「REEAST ROOM(リーストルーム)」とは「Release Of Beast=野獣の解放」という語源から来ております。
「本能的自我を表現する空間」というコンセプトの元、“やってはいけないことができるテーマパークの創造”をビジョンに掲げ、現在は物が壊せる【BREAKROOM】と壁いっぱいに自由に落書きができる【FREE ARTWALL】の2つの新感覚エンターテイメントサービスを提供しています。
今後はビジョン実現を目指し、「やってはいけないことができる空間」を創造し続け、世の中の人たちにワクワクとシゲキを提供する触媒として存在し続けます
詳細情報はココをクリック!


■応募規約
この規約(以下「本規約」といいます)は、ワーナーブラザースジャパン合同会社(以下「主催者」といいます)が主催する「ホラー映画の金字塔『シャイニング』が【4K ULTRA HD】で復活記念#ジャックネコルソンキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)の参加規約です。
「本キャンペーン」に参加される方(以下「参加者」といいます)は、「本規約」を理解し、「本規約」に同意するものとし、かかる同意は、「本規約」に定める参加手続きを完了することによって行われたものとします。「本規約」にご同意いただけない場合、「本キャンペーン」への参加はできません。

【キャンペーン概要】
「参加者」が、「参加者」のツイッターアカウントにおいて、ワーナーブラザースの公式ツイッターアカウント(@warnerjp_)をフォローし、かつ、「本規約」所定のハッシュタグをつけて、「本規約」によって指定された内容をツイートすると、「本キャンペーン」への参加となります。「参加者」の中から選ばれた当選者には賞品の授与がなされます。

【参加方法】
「本キャンペーン」への参加方法は、以下の通りです。これら以外の方法による参加は無効です。
・公式ツイッターアカウント(@warnerjp)をフォローし、「参加者」のツイッターアカウントにおいて、【#ジャックネコルソン】+【シャイニング本編風な動物の写真】を投稿する。
・「本キャンペーン」への参加にあたって「参加者」が「主催者」の商品又はサービスを購入する必要はありません。
・参加方法に不備があった場合、参加登録が無効になる場合があります。「本キャンペーン」への参加は、本規約に適合している必要があります。
・「参加者」は、お1人様あたり何回でもご参加いただけます

【キャンペーン期間】
・本キャンペーンの参加期間(以下「キャンペーン期間」といいます)は、2019年9月20日(金)~ 2019年10月6日(日) 23時59分までとします。「キャンペーン期間」外の参加は、適格な参加とは認められないものとします。

【参加資格】
・「本キャンペーン」には、日本国内の適法な居住者であれば、どなたでも参加できます。但し、「参加者」が未成年者の場合、当該「参加者」の親権者が、当該「参加者」の「本キャンペーン」への参加及び本規約の内容に同意する必要があります。「参加者」が未成年者であったにも拘わらず親権者からの同意なしに参加がなされたことが「主催者」において後日判明した場合には、「主催者」は、当該「参加者」の参加登録を事前に通知なく失格とする権利を留保し、また賞品を既に受領しているときは、当該賞品の返還を求める権利を留保します。
・「主催者」の役員及び従業員並びにその同一世帯の構成員(法律上の親戚関係の有無を問いません)は、本キャンペーンへの参加の資格が認められないものとします。

【抽選・当選発表】
・「本キャンペーン」における賞品及び当選人数は以下のとおりとし、賞品の当選者は、「キャンペーン期間」中にご参加いただいた「参加者」の中から、厳正な審査の上、決定されます。ご当選通知は当選者のツイッターへのダイレクトメールによってなされるものとし、当該ダイレクトメールの送付をもって当選の発表にかえさせていただきます。
・賞品はお選びいただけません。
・賞品の発送は2019年10月下旬を予定しております。やむを得ない事情により賞品の発送が若干遅れる場合があります。予めご了承ください。
・賞品のお届け先は、日本国内のみとさせていただきます。
・当選者へのダイレクトメールが不達などお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。

【個人情報について】
・「参加者」が本キャンペーンに関連して「主催者」に提供する個人情報は、「主催者」のプライバシーポリシーに従って取り扱われ、「本キャンペーン」を実施する目的及び当該プライバシーポリシーに規定された目的で使用されます。
・「主催者」が取得した「参加者」の個人情報は、個人を特定しない統計情報として宣伝に利用させていただく場合がございます。
・「参加者」の個人情報を「参加者」の同意なしに「主催者」の業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法令等により開示を求められた場合を除きます)。

【注意事項】
・「本キャンペーン」に参加いただく際は、必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。
・「本キャンペーン」における抽選過程及びその結果に関する問い合わせには一切お答えいたしかねますので、ご了解ください。
・インターネット通信料・接続料及びその他の「参加者」が本キャンペーンの参加に際して被る費用は、「参加者」の負担とします。
・「参加者」の投稿は、(i) 第三者の権利を害するものであってはならず、(ii) 第三者を誹謗中傷し、もしくはその名誉を毀損するものであってはならず、(iii) ツイッターの利用規約を遵守したものであり、かつ、(iv) 適用される法律及び規則を遵守したものでなければなりません。禁止された、もしくは不適切な内容を含み、または本規約に違反する「本キャンペーン」への参加は、受賞対象外となるものとします。
・「本キャンペーン」への参加に関して第三者との間で紛争が発生した場合には、「参加者」は、自己の費用負担と責任において、当該紛争を解決するものとします。
・「参加者」は、本キャンペーンを妨害し、もしくは中断させ、又は他の「参加者」による「本キャンペーン」への参加を妨げないものとします。「主催者」は、そのような行為がなされた場合、当該「参加者」の参加を無効とする権利を有します。
・「主催者」が「本キャンペーン」に不適切な参加と判断した場合は、参加を無効とさせていただきます。
・ご当選の権利は当選者ご本人のみ有効です。第三者へ譲渡、換金等はできません。
・賞品の紛失等による再送付及び/又は変更、その他クレーム等には一切応じないものとします。
・「主催者」は、いつでも、「主催者」の単独の裁量により、責任を負うことなく「本キャンペーン」を変更、中止、終了、中断する場合がございます。
・「本キャンペーン」は、Twitter, Inc.(以下「Twitter社」といいます。)による協賛又は推薦を一切受けておらず、当該企業によって運営されるものではなく、また、当該企業と提携しているものではありません。
・「参加者」は、Twitter社及びそれらの子会社、関連会社、取締役及び従業員を、本キャンペーンに起因するか又は関連して「参加者」が被ったあらゆる損害又は損失から免責します。
・「参加者」は、Twitter社の定める適用のある規約を遵守するものとします。
・「主催者」は、「本キャンペーン」に関する「参加者」の投稿における記載内容について一切責任を負いません。「参加者」は、本キャンペーンの応募に起因して、「主催者」又はその関連会社、取締役、従業員若しくは取引先において生じたあらゆる損害又は損失について「主催者」を補償するものとします。
・本規約は、日本法の適用を受け、同法に従って解釈されるものとします。
・「本キャンペーン」に起因し又は関連して発生した紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


72歳の誕生日を迎える巨匠S.キング、圧巻の筆力に絶賛の声が続々!
『シャイニング』の新たな恐怖を描く『ドクター・スリープ』特別映像解禁

2019.09.20

40年以上作家としてトップを走り続け、数多くのベストセラー小説で世界から愛されるスティーヴン・キング。今回、9月21日に72歳の誕生日を迎えるキングの写真が公開されました。2013年の「ドクター・スリープ」出版時に撮られた貴重な写真です。圧巻の筆力で描かれる最新の映画化作品となる原作に、SNSには読者から絶賛のコメントが続々到着しています。

「後半、息をもつかせぬ展開であっという間に読めてしまった!」「ドクター・スリープおもしろすぎてやばいー。明日朝早いのに寝たくないわ。」「クライマックスはやはり一気読み!」「ちょっとだけ、と思って読み始めたらアッという間に80ページ。スティーヴン・キング小説巧過ぎ。」といった、あまりの面白さに一気読みしてしまったという声や、「キングらしい仔細な描写で『シャイニング』の登場人物たちのその後を知る至福を味わえる」「あのダニーが…というのは最初ショックだったが、シャイニング同様に最後は愛で包まれた物語。キング、続編を出してくれてありがとう!」「『シャイニング』のファンへのボーナストラック的側面もありつつ、久々の純キング」という、「シャイニング」のファンからの声も。
さらに「キング先生の傑作がまたひとつ誕生した。そしてキング先生の傑作がひとつ、完璧に幕を閉じた。」「読んでいて本当に気持ちいい。物語の快感ってこれだ。意識が吹っ飛ぶくらいの楽しさ。」「面白い! 面白いよ、キングさん!」などの、まさにキングにふさわしい絶賛コメントが続々。「『ドクター・スリープ』の監督はマイク・フラナガンなんだ!同監督作の『オキュラス怨霊鏡』が大好きなので期待してしまう。」と、映画化に期待するレビューもあります。

同時解禁された映像は、本作が描く新たな恐怖を凝縮した特別編。呪われたホテルの廊下に現れる双子の姉妹、ドアの亀裂から顔を出す成長したダニー、謎のメッセージREDRUM、特別な力で物語の鍵を握る少女アブラ、登場する謎の集団、突然宙に浮くアブラ、そして壁に押しつけられたダニーにはいくつもの手が…!すべてが謎に包まれながらも、世界を恐怖に陥れた『シャイニング』の痕跡が“新たな恐怖”の到来を予感させます。

呪われたホテルの惨劇から40年、ユアン・マクレガーが演じる成長したダニーの周りで、不可解な児童連続殺人事件が起きる。事件の鍵を握る少女アブラとともに、事件を追い辿り着いたのは、『シャイニング』の呪われたホテルだった・・・

スティーヴン・キングの最高傑作『シャイニング』から『ドクター・スリープ』へ!
キングの歴史に“新たな恐怖”を刻む『ドクター・スリープ』は、11月29日(金)全国ロードショー


『IT/イット』スティーヴン・キングが仕掛ける、最大の謎
40年の時を経て、『シャイニング』のホテルの呪いが解き放たれる!

2019.09.09

40年前の惨劇を生き残ったダニーの周りで、児童ばかりを狙った不可解な連続殺害事件が起きる。
事件の謎を追い、辿りついたのは・・・・・あの場所だった・・・・・
“新たな恐怖”を予感させる『ドクター・スリープ』US版メイン予告編が解禁となりました。