第1話無料公開中

ARROW / アロー

都会の闇を射抜け。


<フォース・シーズン>DVD好評レンタル中 ブルーレイ&DVD発売/デジタル配信でもお楽しみいただけます。

オリバー・クイーン/アロースティーヴン・アメル

スターリング・シティの億万長者、故ロバート・クイーンの息子で、現在はクイーン社のCEO。
船の遭難で5年間行方不明になっていたが、絶海の孤島リアン・ユーで生き抜き、奇跡の生還を遂げる。真の姿は、緑のフードで顔を隠し、鋼の肉体と弓矢の技術で人知れず悪と闘う"アロー"。第2シーズンは、亡き友トミーへの誓いを胸に、誰も殺めない"真のヒーロー"になることを目指す!

カナダ出身。1981年生まれ。テレビシリーズ「CSI : マイアミ」、「NCIS : LA」、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などの人気シリーズでゲストとしてキャリアを積み、「プライベート・プラクティス」のシーズン5(2011年〜)では準レギュラーとして登場。本作で見事主演に抜擢され、その甘いルックスと、鍛え上げられた身体で魅せる本格的なアクションから、ハリウッドの新生スターとして大きく注目されている。

ジョン・ディグルデヴィッド・ラムゼイ

元軍人でアフガニスタンに3度派遣された経験を持つ。表の顔はオリバーのボディーガード兼運転手、真の姿は、アローの頼れるパートナー。弟を殺したデッドショットに復讐する機会を待っているが、弟の死に関わる新たな事実が明らかに…!? 通称ディグ。

テレビシリーズ「デクスター 〜警察官は殺人鬼」のアントン役で知られる他、「ブルーブラッド」や「ゴースト 〜天国からのささやき」、「Huff 〜ドクターは中年症候群」など、多くの作品に出演し、印象を残している。映画では「ペイ・フォワード 可能の王国」、「コン・エアー」、「愛する人」などに出演。テレビムービー「アリ/栄光への奇跡」でモハメド・アリを演じ、絶賛された。

フェリシティ・スモークエミリー・ベット・リッカーズ

表の顔はクイーン社に勤める優秀なITエンジニア、真の姿は、卓越したITの知識でアローとしての活動を支える仲間。CEOになったオリバーと一緒にいても怪しまれないようにとオリバーの秘書をやらされるが、本人としては不満を感じている。いつもはオリバーにほのかな恋心を抱いているフェリシティだが、新たな恋の予感も…!?

カナダ出身。高校時代演技に目覚め、卒業後すぐバンクーバー・フィルム・スクールで学び始める。端役などでキャリアを積み、本作フェリシティ役で名を注目される。2013年の"最もセクシーなテレビ女優TOP20(米テレビ番組情報サイトBuddyTV.comが発表)"にも選出。本作<ファースト・シーズン>ではゲスト出演から準レギュラー、そして<セカンド・シーズン>ではレギュラーに抜擢。今後の活躍にも目が離せない。

ダイナ・"ローレル"・ランスケイティ・キャシディ

オリバーの元恋人で、正義感溢れる弁護士。オリバーの母モイラの裁判では検察側の弁護士となり、難しい立場に立たされる。"フードの男"は正義だと信じて協力してきたが、グレイズ地区壊滅計画を機に、彼を敵としてみなすように。トミーを亡くした心の傷は大きく、また自身も凶悪事件の被害者になるなど、多くの困難が待ち受ける予感…。

テレビシリーズ「ゴシップガール」のジュリエット役や、「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」のルビー役で知られる。映画でも活躍しており、アメリカで2013年公開の新作が控えている他、「ストレンジャー・コール」や「エルム街の悪夢」、「96時間」、「恋するモンテカルロ」などに出演。父親は、70年代に人気を博した「人気家族パートリッジ」のデヴィッド・キャシディ。

ロイ・ハーパーコルトン・ヘインズ

テアの彼氏。アローに命を救われ、以来、アローのようになりたいとグレイズ地区の平和を守る活動を勝手に行なってきた。向こう見ずな行動で傷が絶えないロイのことをテアに心配されており、アローもロイの無謀な行動を見かねて、正式に仕事を依頼する。

15歳でモデルとしてデビュー。アバクロンビー&フィッチや、ラルフ・ローレンなど有名ブランドのモデルとして活躍。テレビシリーズ「The Gates(原題)」のブレット役や、マイケル・J・フォックス主演映画「ティーン・ウルフ」を原案に製作されたテレビシリーズ「Teen Wolf(原題)」で人気を集めるなど、今注目の若手俳優として知られる。

テア・クイーンウィラ・ホランド

オリバーの妹。一時期は問題行動ばかり起こしていたが、今では立ち直り、オリバーのナイトクラブ「ヴァーダント」を経営するように。"緑のフード"に憧れて人助けをする恋人ロイの無謀な行動を心配している。母モイラがグレイズ地区壊滅に関わったことがショックで、母との縁を切ろうとするが…。

7歳でモデルとしてデビュー。Burberry、GUESS、GAP、ラルフ・ローレンなど、有名ブランドのモデルとして活躍。2005年、テレビシリーズ「The OC」のケイトリン・クーパー役で一躍その名を知られ、以降、テレビシリーズ「ゴシップガール」や映画「レギオン」、「わらの犬」などに出演し、キャリアの幅を広げている。父親も母親も俳優。映画監督のブライアン・デ・パルマが継父だった時期があり、ウィラのデビューのきっかけとなった。

モイラ・クイーンスザンナ・トンプソン

オリバーとテアの母親。夫ロバートが遭難したあと、夫の親友で部下でもあったウォルターと再婚したが、離婚。マルコム・マーリンのグレイズ地区壊滅計画に加担した罪に問われ、裁判を控えている。そんなモイラには、まだまだ家族から隠している秘密がありそう…!?

舞台、映画、テレビで活躍する実力派女優。映画ではケヴィン・コスナーと共演した「コーリング」やハリソン・フォード主演の「ランダム・ハーツ」、テレビシリーズでは「スタートレック」シリーズのボーグ・クイーン役で知られている。その卓越した存在感で、「コールドケース」や「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」、「CSI : 科学捜査班」、「LAW & ORDER : 性犯罪特捜班」、「X-ファイル」など、大人気シリーズにゲストとして多数出演している。

クインティン・ランス刑事ポール・ブラックソーン

ローレルとサラの父親で、スターリング・シティ警察の巡査。かつては刑事だったが、巷をにぎわす謎のヒーロー、通称"フードの男"に執着するあまり、巡査に降格された。正義感に溢れる性格で、フードの男をヒーローとして認め、協力し合うように。

テレビシリーズ「THE RIVER 呪いの川」、「リップスティック・ジャングル」、「ドレスデン・ファイル produced by ニコラス・ケイジ」にレギュラー出演しているほか、「ホワイトカラー」、「24 ‐TWENTY FOUR ‐」、「ER 緊急救命室」にも複数エピソードに渡って登場。強烈な個性を放つ名バイプレイヤーとして活躍している。

スレイド・ウィルソンマヌー・ベネット

元オーストラリアの秘密情報部員だったが、リアン・ユー島から出られなくなり、そこでオリバーと出会う。最初は警戒し合っていた2人だが、島を出るには協力することが不可欠だと気付き、次第に友情を育んでいく。武道に優れ、島ではオリバーに闘い方を教えた。

ニュージーランド出身。全米で大ヒットしたテレビシリーズで、サム・ライミ製作総指揮の歴史アクション「スパルタカス」のクリクスス役で有名。映画「ホビット」では、ドワーフの王の宿敵アゾグ役で知られる。映画「30デイズ・ナイト」ではジョシュ・ハートネットと、映画「TOMOKO もっとも危険な女」では小柳ルミ子とも共演している。

シャドー

オリバーが島で出会った恩人の娘。恋仲に。

???

街に突然現れた謎の女性。その正体とは…!?

グレッグ・バーランティ

「ブラザーズ&シスターズ」「ドーソンズ・クリーク」「エバーウッド 遥かなるコロラド」など、独創性な作品を多く生み出し、そのひとつ「弁護士イーライのふしぎな日常」ではWGA賞にもノミネートされた。監督デビューは2000年の映画「The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy」で、2010年にはキャサリン・ハイグルとジョシュ・デュアメル共演の「かぞくはじめました」で成功を収めた。2011年には、共同脚本とプロデューサーとして「グリーン・ランタン」に携わる。

マーク・グッゲンハイム

脚本家になる前は、ボストンの権威ある法律事務所で弁護士をしていた。その経験を生かし、エミー賞受賞の「ザ・プラクティス」にスタッフとして参加。その後「LAW&ORDER」「CSI : マイアミ」などなどに関わるうちにバーランティと出会い、「弁護士イーライのふしぎな日常」を共同製作するに至る。続いて「ブラザーズ&シスターズ」や映画「グリーン・ランタン」にも参加。現在は脚本家として、ロバート・ダウニー・Jr.主演で映画化される往年の名作テレビドラマ「弁護士ペリー・メイスン」を執筆中。

アンドリュー・クライスバーグ

コメディ脚本家としてのキャリアを「ザ・シンプソンズ」でスタートさせ、その後デヴィッド・E・ケリー製作の「Halley’s Comet(原題)」でドラマ脚本にも参加、同じくケリー作品の「ボストン・リーガル」ではピーボディ賞を受賞する。「弁護士イーライのふしぎな日常」でバーランティとグッゲンハイムに出会い、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「FRINGE/フリンジ」などをともに製作する。DCコミックスの原作もいくつか手がけ、その中のひとつ「Green Arrow / Black Canary」がARROWとの初めての出会いである。

オリバー・クイーン/アロースティーヴン・アメル

スターリング・シティの億万長者、故ロバート・クイーンの息子。船の遭難で5年間行方不明になっていたが、“街を正してほしい”という亡き父の願いを叶えるため、絶海の孤島で生き抜き、奇跡の生還を遂げる。プレイボーイの“お騒がせセレブ”というのは仮の姿で、緑のフードで顔を隠し、超人的な弓矢の技術を持つ“アロー”として街の悪を正している。

カナダ出身。1981年生まれ。テレビシリーズ「CSI : マイアミ」、「NCIS : LA」、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などの人気シリーズでゲストとしてキャリアを積み、「プライベート・プラクティス」のシーズン5(2011年〜)では準レギュラーとして登場。本作で見事主演に抜擢され、その甘いルックスと、鍛え上げられた身体で魅せる本格的なアクションから、ハリウッドの新生スターとして大きく注目されている。

モイラ・クイーンスザンナ・トンプソン

スターリング・シティの億万長者、故ロバート・クイーンの妻で、オリバーとテアの母親。遭難事故の後、ロバートの親友だったウォルターと再婚した。世間的には、悲劇を乗り越えた強い女性で、2人の子供を育てる慈愛に満ちた母親だが、彼女には何か大きな秘密が…!?

舞台、映画、テレビで活躍する実力派女優。映画ではケヴィン・コスナーと共演した「コーリング」やハリソン・フォード主演の「ランダム・ハーツ」、テレビシリーズでは「スタートレック」シリーズのボーグ・クイーン役で知られている。その卓越した存在感で、「コールドケース」や「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」、「CSI : 科学捜査班」、「LAW & ORDER : 性犯罪特捜班」、「X-ファイル」など、大人気シリーズにゲストとして多数出演している。

ジョン・ディグルデヴィッド・ラムゼイ

オリバーのボディガード。元軍人でアフガニスタンに3度派遣された経験を持つ。当初、オリバーが勝手に姿を消すため、雇い主のモイラに攻められ、対応に困っていたが…。ある事件現場でオリバーに命を救われたディグルは、オリバーの秘密を唯一知る存在としてアローの活動を陰でサポートするように。通称“ディグ”。

テレビシリーズ「デクスター 〜警察官は殺人鬼」のアントン役で知られる他、「ブルーブラッド」や「ゴースト 〜天国からのささやき」、「Huff 〜ドクターは中年症候群」など、多くの作品に出演し、印象を残している。映画では「ペイ・フォワード 可能の王国」、「コン・エアー」、「愛する人」などに出演。テレビムービー「アリ/栄光への奇跡」でモハメド・アリを演じ、絶賛された。

トミー・マーリンコリン・ドネル

オリバーの親友にして、悪友。クイーン家と並ぶ大金持ちで、家族ぐるみの付き合い。かつてはオリバーと一緒にパーティ三昧の日々を送っていたが、ローレルに想いを寄せており、彼女と真剣な付き合いを望んでいる。何不自由ない暮らしを約束され、自分でお金を稼いだことがないトミーだが、父親と衝突して自立しようとする一面も。

舞台出身の俳優で、直近ではブロードウェイの人気ミュージカル「Jersey Boys」や「Anything Goes」に出演。ブロードウェイの舞台を対象にしたドラマ・デスク・アワードで数多くのノミネートを受けている。オフ・ブロードウェイの作品にも数多く出演し、「ウィキッド」や「マンマ・ミーア!」ではナショナル・ツアーに参加。テレビシリーズでは「PAN AM/パンナム」でのゲスト出演に続き、本作で早くもレギュラーを獲得した実力派。

ダイナ・"ローレル"・ランスケイティ・キャシディ

法律相談事務所で働く正義感溢れる弁護士。若いが非常に有能で、どんな大物が相手でも臆せず弁護を引き受け、弱者救済のために全力を尽くす。元恋人のオリバーからは許しがたい裏切りを受けたが、今でも彼への想いは残っており、心が揺れることも。また、ローレルが裁判所で戦う相手がアローのターゲットとなることも多く、アローの正体を知らずに協力し合う。

テレビシリーズ「ゴシップガール」のジュリエット役や、「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」のルビー役で知られる。映画でも活躍しており、アメリカで2013年公開の新作が控えている他、「ストレンジャー・コール」や「エルム街の悪夢」、「96時間」、「恋するモンテカルロ」などに出演。父親は、70年代に人気を博した「人気家族パートリッジ」のデヴィッド・キャシディ。

ウォルター・スティールコリン・サーモン

クイーン産業のCEO(最高経営責任者)。かつては故ロバート・クイーンの親友であり、同時に部下でもあったが、ロバート亡き後CEOを引き継ぐとともに、ロバートの妻であったモイラと結婚する。しかし妻が大きな秘密を抱えていることに気付きはじめ、知らぬ間に自らも巻き込まれてゆく。

007シリーズのチャールズ・ロビンソン役で知られ、ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた4作のうち3作に出演。「バイオハザード」シリーズではワン役を演じ、第1作と最新作に出演している。冷静で聡明なキャラクターを演じることが多く、他の出演作は、映画「エイリアンVSプレデター」など。ピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい50人」に選ばれたこともある。

テア・クイーンウィラ・ホランド

オリバーの妹で、小さい頃のあだ名は“スピーディ”。5年前に父と兄が行方不明になってから、人生が一変。仕事で忙しい母との間にも確執があり、悪い友達たちと付き合い、ドラッグにも手を出すように。兄のことが大好きだが、隠し事をされていると感じ、不信感を募らせる。

7歳でモデルとしてデビュー。Burberry、GUESS、GAP、ラルフ・ローレンなど、有名ブランドのモデルとして活躍。2005年、テレビシリーズ「The OC」のケイトリン・クーパー役で一躍その名を知られ、以降、テレビシリーズ「ゴシップガール」や映画「レギオン」、「わらの犬」などに出演し、キャリアの幅を広げている。父親も母親も俳優。映画監督のブライアン・デ・パルマが継父だった時期があり、ウィラのデビューのきっかけとなった。

クインティン・ランス刑事ポール・ブラックソーン

スターリング・シティ警察の刑事で、ローレルの父親。もう1人サラという娘がいたが、オリバーのせいで命を落としたことから、オリバーとクイーン家を怨んでいる。スターリング・シティを賑わす謎のヒーロー:アローは、正義の仮面を被った“危険な人殺し”だとして、全精力を挙げてアローの行方を追う。

テレビシリーズ「THE RIVER 呪いの川」、「リップスティック・ジャングル」、「ドレスデン・ファイル produced by ニコラス・ケイジ」にレギュラー出演しているほか、「ホワイトカラー」、「24 ‐TWENTY FOUR ‐」、「ER 緊急救命室」にも複数エピソードに渡って登場。強烈な個性を放つ名バイプレイヤーとして活躍している。

グレッグ・バーランティ

「ブラザーズ&シスターズ」「ドーソンズ・クリーク」「エバーウッド 遥かなるコロラド」など、独創性な作品を多く生み出し、そのひとつ「弁護士イーライのふしぎな日常」ではWGA賞にもノミネートされた。監督デビューは2000年の映画「The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy」で、2010年にはキャサリン・ハイグルとジョシュ・デュアメル共演の「かぞくはじめました」で成功を収めた。2011年には、共同脚本とプロデューサーとして「グリーン・ランタン」に携わる。

マーク・グッゲンハイム

脚本家になる前は、ボストンの権威ある法律事務所で弁護士をしていた。その経験を生かし、エミー賞受賞の「ザ・プラクティス」にスタッフとして参加。その後「LAW&ORDER」「CSI : マイアミ」などなどに関わるうちにバーランティと出会い、「弁護士イーライのふしぎな日常」を共同製作するに至る。続いて「ブラザーズ&シスターズ」や映画「グリーン・ランタン」にも参加。現在は脚本家として、ロバート・ダウニー・Jr.主演で映画化される往年の名作テレビドラマ「弁護士ペリー・メイスン」を執筆中。

アンドリュー・クライスバーグ

コメディ脚本家としてのキャリアを「ザ・シンプソンズ」でスタートさせ、その後デヴィッド・E・ケリー製作の「Halley’s Comet(原題)」でドラマ脚本にも参加、同じくケリー作品の「ボストン・リーガル」ではピーボディ賞を受賞する。「弁護士イーライのふしぎな日常」でバーランティとグッゲンハイムに出会い、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「FRINGE/フリンジ」などをともに製作する。DCコミックスの原作もいくつか手がけ、その中のひとつ「Green Arrow / Black Canary」がARROWとの初めての出会いである。

おすすめ作品