第1話無料公開中

パーソン・オブ・インタレスト

最終決戦。
邪悪なA.I.サマリタン vs 瀕死のマシン
最後の戦いに、人類の未来は託された!

<ファイナル・シーズン>DVD好評レンタル中 ブルーレイ&DVD発売/デジタル配信でもお楽しみいただけます。
<コンプリート・シリーズ>ブルーレイ・ボックス発売

ジョン・リースジム・カヴィーゼル

軍の特殊部隊にも所属していたことのある元CIAエージェント。死亡したと思われていたが、ホームレスに身を落とし、荒れた生活を続けていたところをフィンチに発見される。リースがなぜ、世間から隔絶した生活を自ら選んだのかは不明。だが、恋人ジェシカを殺されるという辛い過去が、彼の生活を変えた一因であることは確か。フィンチからの依頼を当初は金持ちの暇つぶし程度にしか考えていなかったが、愛する人を失う悲しみを知るリースは、フィンチの説得を受け、人々を守る決心をする。

1968年9月26日 ワシントン州生まれ。大学時代はNBAでのプレイを目指すほど優秀なバスケットボール選手だったが、足の怪我により断念、一転して俳優を志す。1991年、リヴァー・フェニックス主演の「マイ・プライベート・アイダホ」の端役で映画デビュー。長い下積み生活を余儀なくされたが、1998年、テレンス・マリック監督の20年ぶりの長編映画となる「シン・レッド・ライン」で主役に抜擢され、脚光を浴びた。以来、「オーロラの彼方へ」「モンテ・クリスト伯」などのヒット作に次々と出演。2004年には物議を醸したメル・ギブソン監督作「パッション」でイエス・キリストを演じ、映画の大ヒットと共にスターの座を確立した。

ハロルド・フィンチマイケル・エマーソン

ソフトウェアの開発で財をなした大富豪。政府の依頼を受け、テロの脅威から国を守るため、巨大な監視システムを構築する。そして、そのシステムを利用して大規模なテロだけではなく、一般の人々が犯罪に巻き込まれるのを防ぎ、罪のない人々の命を救おうと、リースに協力を依頼する。孤独で、私生活は謎に包まれている。

1954年9月7日 アイオワ州生まれ。ドレイク大学で演劇を専攻し、卒業後はニューヨークで雑誌のイラストレーターの仕事をしながら、舞台俳優を目指す。シェイクスピア劇やオフ・ブロードウェイに多数出演し、高い評価を受けた。2000年に出演した人気テレビシリーズ「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル」でテレビデビュー。連続殺人鬼ヒンクスを演じてエミー賞ゲスト男優賞を受賞し注目を集める。そして世界的ヒットシリーズとなった「LOST」のベンジャミン・ライナス役を圧倒的な存在感で演じ、3年連続エミー賞助演男優賞にノミネート。第61回エミー賞で、みごと同賞に輝いた。自らの原点である舞台関連の慈善団体を支援したり、AIDS撲滅のチャリティにも熱心に取り組んでいる。

ライオネル・ファスコケヴィン・チャップマン

ニューヨーク市警の悪徳警官だったが、ある事件でリースと出会い、不本意ながらもリースに協力することになる。だが、フィンチは彼を信頼できる人間と思わず、その心配が的中する事件が起きる…。

7月29日生まれ、ボストン出身。地元ボストンにある映画会社で働いていた時に、映画監督に声をかけられ、演技に興味を持つようになる。「24 TWENTY FOUR」「ザ・プラクティス」「ボストン・リーガル」などの人気シリーズにゲスト出演してキャリアを積み、アイルランド系マフィアの兄弟を描き高い評価を受けたテレビシリーズ「ブラザーフッド」に、フレディ・コーク役で出演し、注目を集めた。映画では「ミスティック・リバー」(2003)、「21グラム」(2003)、「アンストッパブル」(2010)などに出演している。

ルートエイミー・アッカー

ルートは、マシンを狙う天才ハッカーだったが、マシンから選ばれ、“アナログ・インターフェイス”として直接会話ができるようになった。
マシンの真意はルート自身もわかっていないが、マシンの指示に従い行動するようになる。マシンが導くその先にはなにが待ち構えているのだろうか?!
そして政府側のマシンを管理する最高責任者“コントロール” が遂にその姿をルートの前に現す!行方を消したマシンの全権を手にしたい “コントロール”によってルートは監禁され、壮絶な拷問を受ける。

エイミー・アッカーはドラマシリーズ『エンジェル』のウィニフレッド“フレッド”バークル役として世間に認知されるようになった。同役でサターン賞の最優秀助演女優賞を受賞、シネスケープやサテライト賞にもノミネートされた。他にも『エイリアス』、『ドールハウス』、『ハッピー・タウン/世界一幸せな狂気』などのドラマにレギュラー出演していた。また、『ママと恋に落ちるまで』、『グッド・ワイフ』、『CSI:科学捜査班』、『GRIMM/グリム』、『ワンス・アポン・ア・タイム』、『パワー・オブ・フォークティス』、『LAW & ORDER』ジョス・ウェドン監督のインディペンデント映画『Much Ado About Nothing(空騒ぎ 日本未公開)』ではベアトリス役を演じた。同作は2012年トロント国際映画祭でプレミア上映され、2013年サウス・バイ・サウスウエスト映画祭、シアトル国際映画祭、USA・フィルムフェスティバル、ボストン・インディペンデント映画祭、サンフランシスコ国際映画祭で上映された。
また、出演したホラー/スリラー映画『キャビン』は2012年サウス・バイ・サウスウエスト映画祭のオープニングナイト作品に選出され、出演したインディペンデント映画『Sironia』は2011年オースティン映画祭でAudience Award Winnerを受賞した。他にも『21 and a Wake-Up』、『The Novice』、『ザ・コンタクト』、『The Accident』、スティーヴン・スピルバーグ監督の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などの映画に出演している。
テキサス出身。南メソジスト大学で演技の美術学士を取得した彼女だが、演技を始める前は13年間ダンスを習っていた。また、『空騒ぎ』、『棟梁ソルネス』、『テレーズ・ラカン』、『月の獣』などの地方上演の舞台に出演していた。
現在アッカーは夫で俳優のジェームズ・カルピネロと二人の子供と共にニューヨークに在住。誕生日は12月5日。

サミーン・ショウサラ・シャヒ

抜群の戦闘力を誇る政府の極秘エージェントとして、セカンド・シーズンで鮮烈な登場を果たしたサミーン・ショウ。
テロリストが計画を実行に移す前に抹殺する任務を請け負っていたが、突然、組織に裏切られ命を狙われる事態に。
リースとフィンチの協力で暗殺を免れ、死を偽装し二人の活動に協力するようになる。
リースと匹敵するほどの高い戦闘力と医学の知識を持つが、強引で乱暴、無表情のため、フィンチは手を焼いている。

『パーソン・オブ・インタレスト』に出演する前、サラ・シャヒは『リーガルに恋して』シリーズの主演だった。他にも『シカゴ・ファイアー』、『Lifeエイリアス』、『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』に出演していた。
シャヒは映画にも多数出演しており、最近ではシルヴェスター・スタローンと共演したアクション映画『バレット』、マイロ・ヴィンティミリアと共演したスリラー映画『ビジター』、そしてルーシー・リューとマイケル・C・ホールと共演したインディペンデント映画『ダメ男がモテる本当の理由』に出ている。他にも『アダルト♂スクール』、『For Your Consideration』、『Shades of Ray』、ハリソン・フォードと共演した『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』、そして『ケイト・レディが完璧な理由』に出演した。シャヒはテキサス州フォートワース付近のユーリス出身。昔はダラス・カウボーイズ・チアリーダーとして活動していた。NFLの同チアリーダーだった頃、2000年度ダラス・カウボーイズ・チアリーダーのカレンダー表紙を飾り、ボスニア、マケドニア、セルビア共和国のコソボ、イタリアに駐在する軍人を慰問する米国慰問協会の世界ツアーに出た経験を持つ。
ダラスで映画『Dr.Tと女たち』の撮影が行われた時、シャヒはエキストラとして同作に出演した。その際に監督ロバート・アルトマンと直接会う機会があり、彼から演技を本格的に行うためにロサンゼルスに拠点を移すよう勧められた。
撮影がない時は夫と息子とロサンゼルスに住んでいる。誕生日は1月10日。

J.J.エイブラムス製作総指揮

1966年6月27日 ニューヨーク生まれ。テレビプロデューサーの父の影響もあり、子供の時から映画製作に興味を持つ。1990年「ファイロファックス/トラブル手帳で大逆転」(日本未公開作品)で脚本家としてデビュー。その後もハリソン・フォード主演「心の旅」(1991)、メル・ギブソン主演「フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白」(1992)、ブルース・ウィリス主演「アルマゲドン」(1998)などの脚本を担当し、作品のヒットと共に、彼自身にも注目が集まるようになった。 その後、「フェリシティの青春」でテレビ界に進出。続いて製作した「エイリアス」が大ヒットシリーズとなり、同作品を見たトム・クルーズにより「M : I : Ⅲ」の監督に大抜擢、映画監督デビューを飾った。 世界的な大ヒットシリーズとなった「LOST」ではエミー賞の監督賞、作品賞を受賞。その後も、「スター・トレック」や「SUPER8 /スーパーエイト」などの大ヒット映画を次々と生み出し、人気クリエイターの座を不動のものにしている。また「エイリアス」「FRINGE / フリンジ」に続き「PERSON of INTEREST」ではオープニングテーマを作曲するなど、多才なところも見せている。

ジョナサン・ノーランクリエイター/脚本/製作総指揮

1976年イギリス、ロンドン生まれ。映画監督クリストファー・ノーランの実弟。 ワシントンD.C.にあるジョージタウン大学卒業後まもなく、兄クリストファーが監督した映画「メメント」(2000)の製作に参加。同作品では兄と共に執筆した脚本で、アカデミー賞®にノミネートされた。 その後も兄クリストファーとの共同作業は続き、2006年の「プレステージ」、2008年「ダークナイト」でも脚本を担当。2012年夏に公開される超大作「ダークナイト ライジング」でも脚本を執筆している。 ジョナサンにとって、本作「PERSON of INTEREST」はテレビ界進出の記念すべき第一作となった。

おすすめ作品