第1話無料公開中

レボリューション

全世界同時ブラックアウト(電力消失)—。
海外ドラマ界を象徴するヒットメーカーであるJ.J.エイブラムスと、
「SUPERNATURAL」のエリック・クリプキが初タッグ!

<ファイナル・シーズン>DVD好評レンタル中 ブルーレイ&DVD発売
<コンプリート・シリーズ>ブルーレイボックス発売
FOXチャンネルにて放送

チャーリー・マシスントレイシー・スピリダコス

5歳のときにブラックアウトが発生。12歳のときに母レイチェルが姿を消した後は、父ベン、弟ダニーと共に小さな村のコミュニティで平和に暮らしていた。2027年、村をミリシアが襲い、ベンを殺害しダニーを誘拐。叔父マイルズを探し出し、ダニー奪還の協力を請うことに。

マニトバ州ウィニペグ(カナダ)出身。4歳の時、両親と2人の兄弟とともにギリシャのスパルタの南にあるスカラという小さな村に移住した。後にウィニペグに戻り、両親が経営するレストランで働きながら、多くの余暇と夏休みを過ごした。家族や友人の前では常にエンターテイナーであり、女優になるという決断を下すのも時間の問題だった。彼女はバンクーバーに移り、憧れだった女優への道を踏み出すこととなる。
新人女優でありながら彼女は成功をつかみ、「スーパーナチュラル」、「Hellcats」、「サイク/名探偵はサイキック?」、「ビーイング・ヒューマン」などに出演し、「Majority Rules!」では主役として市長を演じた。また『RAGZ』を含む多くのテレビ映画にも出演した。劇場映画『猿の惑星: 創世記』にも出演し、劇場公開予定の『The New Girl』では主演を務める。

マイルズ・マシスンビリー・バーグ

ベンの弟、チャーリーの叔父。ブラックアウト前は幼馴染のモンローと共に海兵隊の軍曹としてノース・カロライナのパリス島に配属されていた。ブラックアウト後、モンロー共和国の将軍をしていたが決別。15年後、シカゴでバーテンをしていた彼を姪チャーリーが訪れる。

元海兵隊員で、孤立した生活をおくる戦士を演じるビリー・バークは、このジャンルのファンにとって『トワイライト』シリーズのチャーリー・スワン役で最も有名である。また、グレゴリー・ホブリット監督のスリラー『ブラックサイト』でダイアン・レインと共演。『Fracture』ではアンソニー・ホプキンスとライアン・ゴズリングと共演。ジェイ・ラッセルにより事実に基づいて製作されたドラマ『炎のメモリアル』ではジョン・トラヴォルタとホアキン・フェニックスと共演。
テレビでは、近年バークはTNTの「リゾーリ&アイルズ」とTBSの「My Boys」に準レギュラー出演していた。大ヒットアクションシリーズ「24 -TWENTY FOUR-」の第2シーズンでは7つのエピソードに出演。ピーター・バーグの「Wonderland」にも準レギュラーとして出演。また「LAW & ORDER ロー&オーダー」、「FRINGE/フリンジ」、「クローザー」にはゲスト出演をしている。

ベン・マシスンティム・ギニー

ブラックアウト直前、弟マイルズに「何もかもが消える」というメッセージを伝えており、ブラックアウトが起きることを事前に知っていた。ブラックアウト後の世界で電力を使うグレースはかつての同僚である。

ティム・ギニーはこれまでの舞台、テレビ、映画出演を合わせると、200以上の役を演じている。ガス・ヴァン・サント監督の『Promised Land』ではマット・デイモンと共演している。「HOMELAND/ホームランド」のシーズン3に出演が決定。
また、ギニーは消防士、養蜂家、綱渡り芸人としての顔も持つ。

レイチェル・マシスンエリザベス・ミッチェル

ベンの妻でチャーリーとダニーの母親。ブラックアウト後に家族の前から姿を消し、死んだものと思われていたが、実は8年間以上モンローに捕らえられていた。ブラックアウトの原因と謎に深くかかわっていることが次第に明らかになる。

「LOST」のジュリエット役でエミー賞にノミネートされている。ロサンゼルスに生まれダラスで育ったミッチェルは高校で演技を学び、演劇の美術学士を取得した。『お気に召すまま』、『シカゴ』などの舞台出演のほか、アンジェリーナ・ジョリー演じるスーパーモデルの恋人役を演じた『ジア 裸のスーパーモデル』、伝説のTVシリーズのリメイク「V」の主演などが有名だ。

ダニー・マシスングラハム・ロジャース

ベンとレイチェルの息子。7ヶ月の早産でうまれ、喘息を患っている。ネヴィルの隊に抵抗し、拉致される。

ペンシルバニア州ウエストチェスター出身。 彼は最近インディー映画『Long Time Gone』の撮影を終了したばかりで、同作ではアカデミー賞®にノミネートされたこともあるヴァージニア・マドセン、エヴァ・ロンゴリア(「デスパレートな妻たち」)と共演している。また、彼はテレビシリーズ「メンフィス・ビート〜南部警察・人情派」にもゲスト出演している。

ノーラ・クレイトンダニエラ・アロンソ

ブラックアウト前は妹、母と共にサンアントニオに暮らし、ミス・ティーン・アントニオに選ばれた。ブラックアウト後は賞金稼ぎとして知られ、爆弾のプロフェッショナルでもあった。

子どもの頃から彼女は女優になること夢見ていた。10代向けの雑誌『Seventeen』などで活動を始めると、やがて彼女は30以上にも及ぶアメリカ国内のコマーシャルに加え、20以上のスペイン語圏の広告に登場した。 2006年、彼女は雑誌『Maxi』の“最もホットな女性100人”にランクインした。

アーロン・ピットマンザック・オース

ブラックアウト前はGoogleで働いており、少なくとも8,000万ドルを稼ぎ、自家用機を所有するセレブ生活を送っていた。ブラックアウト後、ベンと出会い、村で子供たちに勉強を教えていた。ミリシアによる襲撃後、チャーリーと共に旅に出、マシスン家との出会いが偶然ではなかったことを知ることになる。

『ラブソングができるまで』、 『メリンダとメリンダ』、 バズ・ラーマンの『ロミオ&ジュリエット』などの出演で知られている。また、彼は「30 ROCK/サーティー・ロック」、「FRINGE/フリンジ」、「ナース・ジャッキー」などテレビシリーズにもゲスト出演している。その他の舞台出演作には『The Pain and the Itch』、『Suburbia』、『The Three Sisters』などがある。

セバスチャン(バス)・モンローデビット・ライオンズ

マイルズの親友で、彼と共に海兵隊に所属。ブラックアウトの2年前に家族を自動車事故で亡くした。
ブラックアウト後はモンロー共和国を組織するが、どんどん独裁的になっていくモンローを止めようとしたマイルズに殺されかけ、袂を分かつ。

オーストラリアで最も権威のある演劇学校として有名なオーストラリア国立演劇学院(NIDA)の卒業生で、オーストラリアの代表的な劇団である、シドニー劇団とメルボルン劇団において舞台に立った経験がある。
2005年、彼は大人気刑事ドラマシリーズ「Blue Heelers」にて準レギュラー役を得た。加えて彼はカルト的人気を誇る長寿ソープオペラ「Neighbours」にも出演した。また、海が舞台のアクションシリーズ「海鷹 -UMITAKA-」において、一等海兵隊員ジョシュ・ET・ホリデーを演じた。2008年、人気医療ドラマ「ER 緊急救命室」のキャストに加わり、サイモン・ブレナー医師を演じた。
映画では、ボブ・ワインスタインのディメンション・フィルムズから配給された、ジェイミー・ブランクス監督の『ストライク・バック』に主演した。また、彼はアウトバックスリラー『Cactus』で暗い秘密を抱えるギャンブラーを演じ、観客を魅了した。また、ライアン・マーフィーの『食べて、祈って、恋をして』では、ジュリア・ロバーツと共演した。

トム・ネヴィルジャンカルロ・エスポジート

ブラックアウト前は妻ジュリア、息子ジェイソンと共にペンシルヴェニアで保険調査員として働いていたが、ブラックアウト当日に解雇されていた。ブラックアウト後、ミリシアの兵士となり、すぐに大尉に昇進し、モンローにマイルズを探し出すよう命じられる。

テレビ、映画、舞台での活躍が有名で、数十年にも及ぶ俳優としてのキャリアを持つ。彼は評論家から絶賛され、数々の賞に輝いたAMC放送のテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」でブライアン・クランストンやアーロン・ポールと共演し、有能な経営者、グスタヴォ・ガス・フリンを演じた。
1995年、エスポジートは『フレッシュ』における素晴らしい演技が評価され、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。2007年、彼は自身の制作会社クワイエットハンド・プロダクションズを通じて、映画『Gospel Hill』で監督デビューを果たす。また彼は舞台作品においても受賞経験があり、観劇好きの間ではよく知られた存在である。彼はアトランティックシアター・カンパニーによる、ピューリッツァー賞およびトニー賞の受賞経験があるジョン・パトリック・シャンリー脚本・監督の『Storefront Church』のワールドプレミアに出演した。

ネイトJ.D.パルド

トムの息子。ミリシアのメンバーで父親に命じられてチャーリーに近づく。

2004年、NBC放送の「American Dream」および「Clubhouse」に出演して、俳優としてのキャリアをスタートさせる。彼は、メディアでラテン系アメリカ人の好意的なイメージを表現した人物に与えられる、イマジン賞にノミネートさた。 
その他の出演作に『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』など。

グレースマリア・ハウエル

元数学教師。喘息もちの息子がおり、ダニーを匿った際に吸入器を渡している。ペンダントを用いて電力を使い、仲間と連絡を取っている。

J.J.エイブラムス製作総指揮・脚本

1966年6月27日ニューヨーク生まれ。1990年『ファイロファックス/トラブル手帳で大逆転』(日本未公開作品)で脚本家としてデビュー。ブルース・ウィリス主演『アルマゲドン』(1998)などのヒット作の脚本を担当し注目を集める。『M:i:Ⅲ』で映画監督デビュー。世界的な大ヒットシリーズとなった「LOST」ではエミー賞の監督賞、作品賞を受賞。その後も、『スター・トレック』や『SUPER8/スーパーエイト』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などの大ヒット映画を次々と生み出し、人気クリエイターの座を不動のものにしている。

エリック・クリプキ製作総指揮・脚本

南カリフォルニア大学で映画芸術学部出身。弱冠23歳のときに、ドリームワークス社の2本のショート・フィルムの監督・脚本としてデビュー。サム・ライミ製作による全米ナンバー1映画『ブギーマン』(2005)の脚本を経て、クリエイター・製作総指揮として大ヒットシリーズ「SUPERNATURAL」を世に送り出した。2013年、監督作『Haunted』が全米公開予定。

ジョン・ファヴロー製作総指揮・脚本

『ルディ/涙のウイニング・ラン』(1993)『リプレイスメント』(2000)などの映画作品や「フレンズ」に俳優として出演したのち、『MADE』(日本未公開・2001)で監督デビュー。『アイアンマン』(2008)の監督に抜擢され、一躍スター監督の仲間入りを果たした。

おすすめ作品