第1話無料公開中

オリジナルズ

予言に示された、不吉な運命。裏切りと破滅の闇が迫る。
「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の伝説、すべてはここから始まった。
運命を賭けた戦いを描くスーパーナチュラル・アクション!

<サード・シーズン>DVD好評レンタル中 ブルーレイ&DVD発売

ニクラウス・マイケルソン(通称クラウス)ジョセフ・モーガン

1000年前に誕生したオリジナル・ヴァンパイアの1人であり、最初のハイブリッドである。ニューオーリンズのフレンチ・クオーターで自分に対する陰謀が企まれていると聞き、かつての縄張りに戻る。魔女である母親エスターが人狼との間に生んだ息子。魔法でヴァンパイア化し、その後人を殺した時に人狼の血が目覚める。ヘイリーとの間に子供が出来たことを知らされる。もう一度ニューオリンズのこの街を手に入れ王として権力を握る決意をする。

ロンドンで生まれ、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで演技を学ぶ。卒業と同時にピーター・ウィアー監督に見出され『マスター・アンド・コマンダー』でラッセル・クロウと共演、次にオリヴァー・ストーン監督作『アレキサンダー』にも出演。09年にはミニシリーズ「ベン・ハー」で主人公に抜擢されブレイクを果たすと、『インモータルズ -神々の戦い-』ではミッキー・ロークやフリーダ・ピントらと共演。ヒットシリーズである「ヴァンパイア・ダイアリーズ」には、クラウス役として3シーズン出演しており、同役の演技で2013年TVガイド・アワードの「お気に入りの悪役」賞に選ばれている。

イライジャ・マイケルソンダニエル・ギリーズ

クラウスの兄でオリジナル・ヴァンパイアの1人。マイケルとエスターの次男。弟クラウスを追ってフレンチ・クオーターに来る。街をマルセルから取り戻すため、仕方なく魔女たちと同盟を結ぶ。

カナダで生まれ、ニュージーランドで育つ。「ヴァンパイア・ダイアリーズ」での演技で最も知られているが、その他のテレビドラマには「トゥルーブラッド」「ザ・グレイズ 〜フロリダ殺人事件簿」「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」などがあり、渡米する前はニュージーランドのヒットドラマ「Street Legal」での演技で1999年に最優秀男優賞を受賞している。映画作品では『スパイダーマン2』や『キャプティビティ』など。また脚本や監督業にもチャレンジしており、10年に手掛けたインディペンデント映画『Broken Kingdom』は2011年ロードアイランド国際映画祭で最優秀監督賞と青年審査員作品賞、翌年のカタリナ映画祭アバロン映画でも作品賞を受賞している。

レベッカ・マイケルソンクレア・ホルト

クラウスの妹でオリジナル・ヴァンパイアの1人。マイケルとエスターの娘。7人兄弟の6番目。ヘンリックが死んだため、兄弟の中では最年少。

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で2シーズン通してレベッカ役を演じてきたオーストラリア人女優。初出演作品は国際的にも成功を収めたオーストラリアのテレビシリーズ「H2O:Just Add Water」で、その後は「プリティ・リトル・ライアーズ」にも複数回出演。映画ではインディペンデント映画『Blue Like Jazz』やメラニー・メイロン監督の『Mean Girl 2』に出演、さらに『ゴースト・ハウス2』では主要登場人物のリンジー役を演じて、ノーマン・リーダスと共演している。

マルセル・ジェラードチャールズ・マイケル・デイヴィス

かつてクラウスの弟子だったカリスマ的なヴァンパイア。現在はフレンチ・クオーターの闇の世界に君臨している。

オハイオ州出身のデイヴィスはコマーシャル・モデルとして成功を収めた後、2011年はABCファミリーの「スイッチ 〜運命のいたずら〜」、BETの「The Game」に複数回出演。2013年には、ライフタイムの「The Client List」に複数回出演してジェニファー・ラヴ・ヒューイットと共演し、「グレイズ・アナトミー」でも7話連続での出演を果たしている。演技以外では健康管理とフィットネスに没頭するデイヴィスは、社交ダンスから、ムエタイ、ヨガまであらゆるものに取り組む。在学していたマイアミ大学では、メダルを獲得するほどのトラック競技選手だった。他にも芸術をたしなみ、画家や写真家としても才能を発揮しており、現在ではピアノも習っているとか。

ヘイリー・マーシャルフィービー・トンキン

人狼。クラウスの子を懐妊していることが判明する。自分の家系に関する手がかりを求めてフレンチ・クオーターを訪れていたが、ソフィーに囚われる。

オーストラリアのシドニーで生まれ育ったトンキンは、国際的に大成功を収めたオーストラリアのテレビシリーズ「H2O:Just Add Water」で最も知られる。同シリーズの演技ではAFIアワードのテレビドラマ部門最優秀主演女優にノミネート。その後は「シークレット・サークル」に出演しトーマス・デッカーやブリット・ロバートソンらと共演。2011年にはバラエティ誌の“テレビ界のトップ10:秋のニューフェイス”の1人に名を連ねる。「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のシーズン4では、ヘイリー役として複数回出演している。映画では『トゥモロー 僕たちの国が侵略されたら』など。

ソフィー・デブローダニエラ・ピネダ

強力な魔女のリーダー的存在。マルセルと対立し勢力を覆そうとしている。

カリフォルニア州に生まれたピネダは、従軍記者になることを夢見て大学でジャーナリズム学を社会学を学ぶ。卒業後は公共ラジオ局のリポーターとして短期間勤務。2010年にニューヨークに移り、コメディ・セントラルが企画するパイロット版の脚本家兼パフォーマーのオーディションに初挑戦した際、製作者の目に留まり演技の道を歩き始める。映画にも出演し、『Newlyweds』、『Doggy Bags』、最近では『The Fizgerald Family Christmas』の3作品でエドワード・バーンズの作品に出演。2012年には「HOMELAND」にゲスト出演、バックステージ誌の“人気上昇中の俳優30人”の1人として掲載された。

ダヴィーナ・クレアダニエル・キャンベル

16歳の魔女。マルセルの保護の元、他の魔女からは距離を置き、存在を隠している。

イリノイ州出身のキャンベルは、シカゴの美容院でスカウトされて芸能界へ。2006年のヒット作「プリズン・ブレイク」で初めて役をもらい、続けて「ジーク アンド ルーサー」と「私はラブ・リーガル」にゲスト出演。次に、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの『スターにアイ・ラブ・ユー』でスターリング・ナイトと共演した。映画作品では2011年に『Prom』でデビュー。タイラー・ペリーの「Madea's Withess Protection」にも出演している。

カミーユリー・パイプス

バーテンダーとして働く傍ら、心理学を勉強する。

テレビドラマでよく知られるリー・パイプスは、人気テレビシリーズ「エンジェル」と「The Brothers Garcia」のゲスト出演者として子供の頃から演技の経験を積み始める。その後、ヒットドラマ「BONES ボーンズ -骨は語る」「LAW & ORDER:LA」「女検死医ジョーダン」にゲスト出演。映画では『ミーシャ・バートン 処刑病等』『Musical Chairs』『Conception』、『スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮』『彼女はホログラム・スター』『踏み切り』などに出演。『踏み切り』はニューヨーク・シティ・ホラー映画祭で最優秀作品賞を受賞している。

ジュリー・プレック原案・脚本・製作総指揮

映画・テレビドラマで活躍する製作者であり脚本家。「オリジナルズ」では製作総指揮を務める。本作以外にも「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の共同企画と製作総指揮を務め、製作総指揮者のグレッグ・バーランディとフィル・クレマーと組んでCWの新シリーズ「The Tomorrow People」の製作総指揮も担当する。初めてテレビドラマの脚本家と共同製作総指揮者として携わった作品は、ドラマシリーズ「KYLE<カイル>XY」で、同シリーズの製作を3年間務めた。映画作品では『スクリーム2』、『スクリーム3』、グレッグ・バーランティの『Broken Heart Club』、ウェス・クレイヴンの『ウェス・クレイヴン's カースド』と『ファイナル・デッド』などの製作に携わっている。

レスリー・モーゲンスタイン製作総指揮

製作総指揮を務める本作以外にも「ヴァンパイア・ダイアリーズ」と「プリティ・リトル・ライアーズ」を製作中。2012年には、人気ドラマ「ゴシップガール」のファイナル・シーズンを製作した。他にも「666 パーク・アベニュー NYの悪夢」、ウェブシリーズ「プライベート 〜女子寮連続殺人事件」「シークレット・サークル」、長編映画「旅するジーンズと16歳の夏」などを製作している。また映画とテレビドラマ以外でも、フィクション小説の独立製作会社として、世界的に最も高い業績を持っている。

ジーナ・ジローラモ製作総指揮

エンターテイメント産業で10年以上のキャリアを持つ。ABCファミリーの「The Lying Game」、「The Nine Lives of Chios King」、CWの「シークレット・サイクル」、ニコロデオンの「How to Rock」、ABCの「666 パーク・アベニュー NYの悪夢」といった5作品のパイロット版とドラマシリーズの製作総指揮を担当している。

おすすめ作品