映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』大ヒット上映中
4.26
GW特別企画!映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』を観て、新年度の疲れをふっ飛ばそう!みんなで絶叫 #ホラーウィーク キャンペーン!
世界興行収入累計 1500 億円を超える『死霊館』シリーズを生み出し、『アクアマン』では全人類未体験エンターテイメントで世界を驚愕させた天才ジェームズ・ワンが仕掛ける”水”の絶叫体験ホラー『ラ・ヨローナ ~泣く女~』の公開を記念して、#ホラーウィーク キャンペーンを実施! GW中、毎日豪華プレゼントに応募できるチャンス!参加〆切は5/12(日)まで。参加方法等は以下をご覧ください。

《参加方法》
1)Twitterで映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』公式アカウントをフォロー (@lloronamoviejp)
2)4/27(土)~5/6(月)の期間中に毎日、公式アカウントから投稿されるハッシュタグ #ホラーウィーク がついた各ツイートをRT!

【Wチャンス!】
公式アカウントから投稿されるキャンペーンツイートは、【本日のキーワード】付き!
4/27(土)~5/6(月)の期間中に、毎日投稿される【本日のキーワード】を順番につなげて、#をつけて投稿するとさらに豪華プレゼントが当たるチャンス!

※映画「ラ・ヨローナ ~泣く女~」公式アカウントをフォローの上、
 抽選時までに必ずアカウントを「公開」に設定した上で投稿してください。

《賞品》毎日当たるチャンス!豪華賞品を20名様にプレゼント!
•4/27(土) 映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』日本版ポスター 1名様
•4/28(日) 映画オリジナルブランケット 1名様
•4/29(月) ヨローナ退散!”泣く女”発祥の地、メキシコのお守り 1名様
•4/30(火) 映画オリジナルブックマーク 3名様
•5/1(水) ビニール傘と”ヨローナ”チェキ 1名様
•5/2(木) 映画オリジナルTシャツ(レディース) 3名様
•5/3(金) 映画オリジナルトートバッグ 2名様
•5/4(土) いつでもヨローナがあなたのそばに。簡易プール 1名様
•5/5(日) 映画オリジナルTシャツ(ユニセックス) 5名様
•5/6(月) 映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』US版サイン入りポスター 1名様

Wチャンス!プレゼント
プレゼント詰め合わせセット 1名様
(※上記のプレゼント各1ずつのセットになります。)
《応募期間》
〜2019年5月12日23:59 まで
《応募規約》
【注意事項】
※映画公式ツイッターアカウント(@lloronamoviejp)をフォローし、抽選時まで必ずアカウントを「公開」設定にした上でご参加ください。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
※本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、応募資格無効とさせていただきます。
※下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、キャンペーンへの参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
・プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
・頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
・Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
・開設直後で、上記に当てはまるアカウント
※本キャンペーンは、映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
※通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
※インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
※投稿いただいた内容は本Webサイト、その他映画のプロモーション等に利用させていただく場合がございます。この場合、投稿された方には、報酬や開発に伴う権利等は一切発生いたしません。
※プレゼントのご応募は、日本国内在住の方に限らせていただきます。国籍は問いません。

【応募期間】
2019年5月12日(日)23:59まで
※「キャンペーン期間」外のリツイートは、適格な参加とは認められないものとします。

【抽選・当選発表】】
・厳正な抽選の上、運営事務局からの連絡をもって当選のご連絡と代えさせていただきます。
・当選者は、当選のご連絡をもって発表とさせていただきます。
・ご応募状況や当選結果のお問い合わせには、お答えいたしかねますのでご了承ください。
・当選権利は当選者ご本人に限り、他人への譲渡や現金への引き換えは禁止とさせていただきます。
・当選者決定後、キャンペーン事務局から、当選者に当選をお知らせするダイレクトメッセージを送信させていただきます。※ダイレクトメッセージの返信を受け取れるように設定してください。
・住所・電話番号不明、不通により、当選者と連絡がとれない場合は、当選の権利が無効となります。
・本キャンペーンに関するお問い合わせはwarner@flag-pictures.co.jpまでメールでお送りくださいますようお願いいたします。

【個人情報の取り扱い】】
・当選者の個人情報に関しましては、キャンペーン運営会社の株式会社スキップ(以下、「当社」といいます。)にて管理いたします。
・法令により認められた場合や、賞品当選のご連絡および発送業務等に必要な範囲で委託先に提供する場合を除き、個人情報をお客様の承諾なく第三者に提供いたしません。
・お客様からいただいたすべての個人情報は、本キャンペーンに関わる目的のみに使用し、他の目的には使用いたしません。
・その他の個人情報の取り扱いにつきましてはワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループのプライバシーポリシーをご参照ください。

【免責事項】】
・本キャンペーンにおける、選考方法、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問、お問い合わせは受け付けていません。ご了解ください。
・本キャンペーンはTwitter社とは関係ございません。
・キャンペーン運営の中断、または中止により生じるいかなる損害についても、弊社が責任を負うものではありません。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。
4.26
全米大ヒットNo.1!同シーズン公開ホラー作品歴代1位を樹立!
LAプレミアに世界が絶叫!ジェームズ・ワンも大興奮!
全米では4/19よりついに公開!ジェームズ・ワンが手掛けるホラー作品への世界中からの期待が形となり、公開3日間で約2650万ドル(※box office mojo調べ)を稼ぎ出し大ヒットスタート!堂々の初登場第1位に輝き、それまで2週連続1位で絶好調だった『シャザム!』の3週連続首位のチャンスをヨローナの泣き声が吹き飛ばした!
さらにイースター休暇シーズン公開のホラー作品歴代第1位を樹立し、日本では長いGWの反動から来る五月病を吹き飛ばすことが期待される!海外からは絶賛の声も続々到着!



★世界中から泣き叫ぶ絶賛のコメントが到着!
サスペンスに満ちた、独特の雰囲気をもちつつ、内容の充実した作品。マイケル・チャベス監督にとっての長編デビュー作品でありながらも、シンプルかつ大胆な手法で観客を恐怖に陥れている!(The New Yorker)

恐怖がふんだんに盛り込まれた、怪談をもとにした王道のストーリー。巧みなカメラワークと演出によって観客を恐怖のどん底へと突き落す!(The New York Times)

何世紀にもわたって語り継がれるメキシコの怪談。闇夜にとどまらず、日中ですら恐怖に襲われる展開には衝撃の一言!(Variety)

2013年の『死霊館』以来の傑作ホラー!『ラ・ヨローナ ~泣く女~』はメキシコの怪談を基にした新たな名作ホラーの誕生。簡潔に申し上げると…キターーー!めっちゃ怖い!!(Vulture)

さらに、現地時間4月16日にLAプレミアが開催!ジェームズ・ワンも参加し、興奮気味に「ヨローナの物語は、今まで一度もこの規模の映画スタジオで映画化されていなかったし、今がその時だと感じたんだ。正直に言うと、僕は自分が作った映画にも恐怖を感じるんだ。こういう映画を作ることができている理由の一つは、たぶん誰しもが感じる恐怖を共有することができるからだと思うんだ。僕はその誰もが持つ恐怖を映画に落とし込もうとしているんだ」と語るなど、大いに会場は盛り上がった!
4.11
最悪の絶叫体験VR動画解禁!
不吉な泣き声が聞こえる病院内を進むと水が…
夜の病院。これだけで怖い。にも拘らず、そこにどこからともなく泣き声が聞こえてきて小さな子供に手招きされたとしたら…そんな圧倒的非日常を体感できる『ラ・ヨローナ ~泣く女~』の絶叫VR映像が解禁!

  あなたは本編に登場するカルロスという少年として、病院のベッドに寝ている状況から開始される。何の変哲もない病院の一室。周りを見渡すと、兄・トマスが寝ているはずの誰もいない空のベッドが隣に一つ。奥には廊下に通じる白いドア。急にバンッ!と開き、そこに立っているのは兄のトマス。トマスのもとに寄って行くと、ふらっと姿を消してしまう。
ドアの外にも既にいない。徘徊するトマスを呼び戻そうと追いかけるあなた。廊下に出た辺りから泣き声が聞こえてきた気が…。目を凝らすと廊下の奥にあなたを呼び寄せるかのように立ち止まっているトマスがいる。病院内を見渡しながら進むと、またいなくなっているトマス。左に曲がる。また同じようにトマスが奥にいるが、たどり着けないあなた。泣き声が大きくなった気が…。
廊下を右に曲がるとようやくトマスに追いつく。と同時に泣き声も近付いている…。おもむろにあなたの背後の上のほうを指さすトマス。振り向きたくはないが…後ろに配置されたコーナーミラーに目を凝らすと…!いる。何かが。あなたの背後に迫っている何かの正体は…絶叫必至のVR動画でご確認ください!

※本動画を最大限楽しむために、スマートフォンでご覧ください。
4.11
禁断の最恐映像解禁!
傘をかざすとヤツがいる。
風吹いて、悲鳴が空を裂き、傘が舞い上がる
雨。行動が限定され、次の日が雨だと知るだけで気分が滅入り、人々を憂鬱な気分にさせる。そして雨の日に人が手にするもの、傘。この度、そんな雨の日をより陰鬱な気分にし、傘を差すことが恐怖に変わる禁断の最恐映像が解禁!
自宅の庭で、ピンクのカッパに長靴、手には傘を持ち一人遊ぶアンナの娘サム。何しようかな~と歩き始めた矢先、あれ?女の人の泣き声が聞こえる…?気のせいかな?と庭への出入り口から外を見るも誰もいない。気のせいか!と気を持ち直し、何気なく手にしていた傘をバッと自分の正面に向けて開くと…いた。ビックリして傘を落とすサム。今、間違いなく、いた。何かが。でもやっぱり、気のせい、だよね?とは思いたい一心で傘を拾おうとすると、どこからともなく、傘だけを狙って飛ばすかのようにビュウッと強い風が。なんだろう?ともう一度飛ばされた傘を拾おうと手を伸ばすが、またもビュウッと強い風。どんどんサムから離れていってしまう傘。まるで意思をもっているかのように傘だけを飛ばす風。遂に、庭のプールの上にフワリと落ち、浮かんでしまう。どうしても傘を拾い上げたい…。
プールからなんとか傘を手にするサム。やっとの思いで手にした傘をかざしたその瞬間!目の前に立っていた泣く女が姿を現す!キャー!と悲鳴を上げるサムを掻き消すかのように雄叫びにも似た泣く女の咆哮が!そしてサムの左手首をグワッシと鷲掴みに!まさかこのまま連れ去られてしまうのか!?逃げてくれ!サム!傘を使って、自分のテリトリーに誘い込む泣く女。彼女はプールやバスタブ、トイレだろうが水のあるところに現れる。生き延びたければ、決して、水に近づいてはいけない―。
4.11
“泣く女”に狙われたら最後!絶望のポスタービジュアル!
泣く女”ヨローナ”がこちらを見据える!
その足元に浮かぶのは…!?
ポスターが公開!静かな水辺に佇む泣く女”ヨローナ”。かつて自らの子供を溺死させ、水辺で呪いとなって彷徨う彼女の泣き声が今にも聞こえてしまいそうな、恐怖のビジュアルが完成した!



こちらを不気味に見据える泣く女の横には「生き延びたければ、決して、水に近づいてはいけない」という警告。そして、その足元には2人の子供の死体が…水に近づいたが最後、ヨローナの逃げ場のない恐怖が襲いくる。



本作で本格的に日本上陸を果たす「泣く女(ヨローナ)」。日本時間3月16日に開催されたSXSW 2019でのファーストスクリーニングでは「『死霊館』ユニバースの作品と同様に、友達と一緒に絶叫アトラクションに乗るような恐怖体験を味わうことのできる、ジェットコースターホラーだ!」と評されるなど、ジェームズ・ワンが新鋭マイケル・チャベス監督とともに仕掛ける新たな恐怖体験に全世界が注目!プールやバスタブ、トイレであろうが、水のある所に現れる泣く女。劇場のトイレにもご用心を…。
3.22
「死霊館」監督ジェームズ・ワン最新作『ラ・ヨローナ ~泣く女~』5月10日(金)公開決定!
「生き延びたければ、決して、水に近づいてはいけない―」
世界興行収入累計1500億円を超える超ヒットホラー『死霊館』シリーズを世に贈り出したホラーの天才ジェームズ・ワンが新たな恐怖で世界を震撼させる『ラ・ヨローナ ~泣く女~』が5月10日、全国公開が決定!

1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と彼女の子供たちは、ほどなくしてある女の”泣き声”を聞いてしまう―。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会に助けを求めるが、そこで語られたのは、呪われたすすり泣く女”ヨローナ”の存在だった―。

ヨローナはプールやバスタブ、トイレであろうが、水のある所に現れる。果たして家族は逃げ場のない恐怖から逃れることはできるのか―。