エピソード

ふたりの出会い

女性パイロットで、副機長のハン・ダジン(ク・へソン)はボーイング747機の最年少機長キム・ユンソン(チ・ジニ)をキャプテンにし、一緒に飛行することになる。しかし、ダジンがミスを犯し、飛行機は緊急事態に陥ってしまうが…。

偶然の再会

ダジンは偶然、空港で7年前に母を死に至らせた当時のC.A.チェ・ジウォン(ユソン)に出会う。そして、彼女は2か月ごとに行われるSIM TESTで不合格の危機に立たされる。一方、ユンソンは運航途中に乱気流に遭遇し…。

背負い続けた傷

ジウォンは海外研修を終え、完璧主義者のキャビンマネージャーとして復帰するが、偶然ダジンと再会することで、混乱する。そのジウォンの冷徹な態度に対し、ダジンは激しく反発する。そんな2人が一緒に飛行することが発表される。

恋の回転計

ダジンはジウォンに対する感情が抑えることが出来ず、ジウォンチームとの飛行を拒否する。しかし、ジウォンチームのC.Aたちがダジン機への搭乗をボイコットし、機長のユンソンもダジンに代わる副機長を要請する。一方、ホン・ミジュ(クララ)はユンソンを見て、話がしたいという。

機長の決断

ダジンがハン・ギュピル教官の娘であることを知り、ショックを受けたユンソンは辞職届を出す。しかし、スケジュール変更が困難なことから、ダジンとの飛行が判明すると、ダジンの交替を命じる。その頃、マルジャ(イ・アヒョン)がダジンのもとを訪れるが…。

ふたりの男

ユンソンは休暇を終え、ミジュの提案通りに特別訓練教官を務めることにするが、これを不審に感じたミジュの父ホン・インテ副社長(チェ・イルファ)はユンソンの過去を調べ始める。そして、ダジン、チャン・ミナ(イム・ソンオン)、ホ・ジェス(チュ・ソンミン)の訓練教官としてユンソンが任命される。一方、カン・ドンス(イ・チョニ)はユンソンと一緒に飲みながら、ダジンへの気持ちを明かす。

母と息子

ホン・インテ副社長は、引き続きキム・ユンソンの裏過去を調べる。一方、ダジンとユンソンは養子になった息子を訪ねてオーストラリアに来た母が、息子が空港にも来ないで、引っ越したと聞いて、息子を説得しに行くが…。

突然の出来事

ダジンはユンソンが離縁までされた孤児であることを知り、同情するようになる。ポソン(カル・ソウォン)と一緒に慰めようとユンソンの家を訪れるが、ちょうどミジュもユンソンの家を訪れる。ミジュはダジンを見て、2人の仲を疑うようになる。一方、飛行中の機内でジウォンが痴漢に襲われそうになるとユンソンは犯人を力で抑える。これについてホン・インテ副社長は犯人をかばい、すべての責任をユンソンに負わせようとするが…。

閉じ込めた気持ち

ユンソンは資格審議会の審議対象者となり、懲戒を受ける危機にさらされる。スカイトラックスの監査官トニー・ブライアンはウィングスエアの監査結果を発表する。ジウォンは悩むが、心を決め、ユンソンによりを戻そうと提案する。一方、ドンスは自分の気持ちを抑えきれず、ダジンに突然キスをしてしまう…。

誤った判断

10

結局、痴漢の容疑者は会社を告訴し、ダジンとユンソンは飛行停止となる。チャ・ミョンジン社長は国際航空運送協会の理事に抜擢され、ウィングスエアから離れる。そのため、副社長だったホン・インテが社長の座に就くことになる。そしてホン・インテは、これからは自分が主導権を握っているとユンソンに宣言する。ドンスは髪型や服装を変えて変身し、新たな一面を見せる。その新たな姿にC.Aたちは熱狂し、ダジンは不思議に思う。一方でダジンはユンソンとジウォンのことが気になるが…。

断ち切れない思い

11

ダジンはユンソンに借りたジャケットを返そうと家を訪れるが、遅くまでユンソンの家にいるジウォンを見て、落ち込む。翌日、空港周辺は霧のため、到着時間が過ぎても着陸できない事態が発生する。そこで、危篤状態の夫に会いに行くために搭乗していた女性が騒動を起こし、ジウォンが落ち着かせようとするが、その女性は気を失ってしまう。そんな女性のためにダジンはなんとか着陸しようとユンソンを説得する。

覗かれた秘密

12

ユンソンはダジンにキスをする。ドンスは偶然、キスする2人を見て衝撃を受け、ダジンの管制交信も他の人に頼むなど、避けてしまう。そんなドンスの気持ちを知っているのか、知らないのか、ダジンはいい友達でいようと話す。しかし、ドンスはダジンのそんな姿に心を痛める。一方、ミジュはチェ・ジウォンマネージャーの過去を調べはじめ…。

幸せな時間

13

ユンソンの気持ちが分からないとダジンは怒ってしまうが、ユンソンはそんなダジンをギュッと抱きしめ、自分の気持ちを確認させる。ジウォンの過去を知った乗務員たちは、ジウォンに対して厳しい態度を取り始める。ミジュはそんなジウォンをかばうユンソンを見て、傷つく。ユンソンとダジンは一緒に大学の授業に出るが、ある学生(ジョンイル)がダジンに関心を示すと、ユンソンは気になるのか、嫉妬する。一方、運航チーム長は結局、ユンソンの過去を暴いてしまう。

隠された過去

14

ダジンとユンソンはこれから、お互いを守ろうと約束する。ダルホとの会話でドンスは7年前の事故のことを詳しく知り、ショックを受ける。ミジュは調べ上げたユンソンの過去を武器に、ジウォンを脅迫し始め、ジウォンはダジンにユンソンとの恋は絶対叶えられないとし、自分に返してほしいとこらえていた涙を流す。一方、社長になったホン・インテは7年前の事故をより詳しく調べるために事故現場にあったブラックボックスの記録を調べ始めるが…。

尽きせぬ想い

15

ユンソンの過去を知ったドンスは憤怒し、ユンソンの家を訪れ、いつまで隠す気だったのかと問いただす。しかし、ドンスはダジンが受ける傷を考え、死ぬまで絶対言うなと話す。複雑な心境のドンスは翌日の出勤と同時に、仕事にのめり込むが、お酒に酔うとダジンを探すなど、苦しむ。そんなドンスの気持ちを知らないダジンはユンソンと一緒に高級レストランで初めてのデートを楽しむが…。

招かれざる乗客

16

ダジンはミジュに呼び出され、話をすることになる。ユンソンは自分のことを話されたのか、不安がる。ポソンがドンスに会いたいと駄々をこね、ダジンはポソンと一緒にドンスの家に行く。ユンソンの過去を知っているドンスはダジンに、「君はあの人のことを良く知らない」と話す。一方、ダジンとユンソンは飛行で弱い乱気流に会う。無視してもいいほど、弱いものだと感じるダジンとは違い、ユンソンはいつ、どう変わるか分からないとひどく緊張する。

愛したくても愛せない

17

ユンソンはすべての事実を話し、ちゃんと愛したいとするが、ジウォンは許されないと最後までユンソンを阻止する。ミジュはユンソンとの過去の縁をダジンに明かし、これからユンソンを自分が守ると宣言する。しかし、むしろ堂々としているダジンの姿に怒りを感じる。一方、ジェスとチェ・ミンスク機長が飛行途中バードストライク(航空機と鳥類の衝突事故)に会い、飛行機に問題が生じたため、仁川空港に回航することになる。乗客を移し、ユンソンとダジンが飛行することになる。ダジンは高齢者の乗客を見ながら、ユンソンに一緒に「自分と一緒に年を取っていくことを約束してほしい」と話すが…。

告白の代償

18

ユンソンの過去の告白に、信じ難いダジンだったが、ユンソンのあまりに真剣な姿に困惑し、その場から逃げ出してしまう。その後ダジンはスケジュール調整が必要なほど、体調を崩してしまう。ユンソンは、ここまでダジンを苦しめてしまう自らの過去を激しく悔む。一方、ミジュは父のホン・インテ社長からユンソンを嫌い、離縁した秘密を聞かされる。その理由を聞いたミジュは怒りながら父に7年前に事故現場にあったブラックボックスの録音ファイルを渡すことを要求する。

遅れてきた真実

19

ミジュは7年前、ミレ空港で起こした事故を理由にしたユンソンの解雇に関する件で、資格審議委員会を開き、会議室の雰囲気はミジュの思惑通り、解雇へ向かう。ジウォンは会議室に飛び込み、自分のミスを認め、ユンソンをかばおうとする。ミジュはダジンも会議室に呼び出し、7年前の事故の被害者であることを皆に知らせ、ユンソンとジウォンを一緒に解雇しようとする。一方、ポソンの状態が悪いことをユンソンが発見し、医療チームを呼び、ポソンは集中治療室に運ばれる。

未来への飛行

20

脳出血で昏睡状態に陥ったポソンのことを聞いて驚いたダジンは病院へと急ぐ。一方、ホン・インテ社長は娘のミジュがマスコミにユンソンの過去を暴露するなど、自らを見失っていく姿を目の当たりにし、愛されずに孤独に生きてきた自分の姿を思い出し、もう止めてほしいと哀願する。一方、心臓移植を待つ救急患者の担当医が搭乗した飛行機が積乱雲に会い、エンジンに異常が起こり、仁川空港ではなく、他の空港に緊急着陸することになるが…。

お願い、キャプテン公式

  • facebook
  • twitter
  • スマートフォンの方はこちら
  • ケータイの方はこちら

チ・ジニ×ク・ヘソン主演で贈る、航空業界をリアルに描いたフライト・ラブストーリー。お願い、キャプテン【公式サイト】