ALCATRAZ/アルカトラズ
episode

第11話「バイオリン弾き ポーター」
Webb Porter
1963年の知られざる連続殺人鬼、ウェブ・ポーターが現代に現れ次々と女性を殺害する。ポーターが起こす事件の特徴は、殺害現場に必ず音楽が流れていることだ。その音楽は時にはポーター自身が奏でるバイオリンだった。そして、レベッカ、ドク、ハウザーの3人が調査を進めるうち、ポーターが幼少期に悲惨な経験をしたことが明らかになる。そこで音楽が流れていたことも…。
脚本:スティーヴン・リリアン/ブライアン・ウィンブラント
監督:ジャック・ベンダー
オリジナル放映日(U.S.): 2012/3/19
ウェブ・ポーター
幼い頃母親に溺死させられそうになったトラウマから、母を含む4人の女性を溺死させた。殺されかけた時の後遺症で耳鳴りに悩まされ、監房で毎晩絶叫していたポーターを診察したセングプタ医師は音楽療法を試み、ポーターは名バイオリニストに。現代に現れたポーターは音楽専攻の女生徒らを溺死させ、彼女達の髪の毛でバイオリンの弓を作っていた。

«一覧へ戻る

HOME
INTRODUCTION
EPISODES
CAST & STAFF
DVD
MOVIE
DOWNLOADS
このページの先頭へ
©2012 Warner Bros. Entertainment Inc.
All rights reserved.
携帯アクセス解析