COMMENTS

各界の著名人から絶賛コメント続々!!
  • 秋鹿えいと
    マンガ家
    バックスバニーを始め、ルーニー•テューンズのキャラ達がスクリーンで大暴れしてるのが楽しかったです〜!子供の頃カートゥンネットワークずっと観てたので吹替でも観てみたいと思いました〜!
  • あべこうじ
    お笑い芸人
    とにかく豪華すぎだぁーーーバスケ界のキング、レブロンが制作しているだけあって、出演者?っていうの?登場人物が豪華すぎるーすごいギャラを使ってもあんな集まらないよー探すのも絶対に楽しい‼️お話し的にもちゃんと学びがあって、気付いていたけど目を逸らしがちなところに、しっかりと届いてくるんだよー最後に、大人は子供に戻ってテンションあがるし、子供はシンプルに楽しめる‼️ソッコー元気になる映画‼️でした。
  • 飯島寛騎
    俳優
    本当のスポーツ(バスケ)とeスポーツが組み合わさった、まったく新しい映画!
    実写とアニメーションの世界にハイテクなゲームの要素もあって、僕と同じ世代はもちろん、いろんな世代の方が楽しめる娯楽作品だと思いました。
  • 池辺麻子
    映画ライター
    突然アニメになったり、様々な映画小ネタが散りばめられたり、映像も内容も遊びが多くてとにかく賑やか!お馴染みのキャラクターたちもワーナーならではのギャグセンス炸裂でファンにはたまらない。ターゲット層が広いので、祖父母〜孫までの世代で一緒に観られるのも嬉しいポイント。
  • IMALU
    タレント
    見どころがありすぎて、頭がパンクしそうなほど興奮しました。大好きなキャラクターが映画館のスクリーンで観られるなんて、長年のルーニー・テューンズファンとして最高の気分。
    アニメでいつも砂漠っぽい場所にいるワイリー・コヨーテとロード・ランナーが、まさか『マッドマックス』の世界に来るなんて!
    『バットマン』に『ワンダーウーマン』、『ゲーム・オブ・スローンズ』など、自分が観てきた映画やドラマがたくさん出てくるし、ルーニー・テューンズの魅力であるテンポの良さは、映画でも存分に発揮されているので、まさに遊園地にいるように楽しい気分が味わえる映画です。
  • 大西ライオン
    芸人
    バスケットボールのスーパースターのレブロンしか見たことがなかったので、あんなに息子を愛している姿を見せられると、そのギャップに感動して涙してしまいました。
    そのシーン以外は面白いしかなかったです。随所に散りばめられたオモシロがとんでもないです!あと、レブロンの顔芸は必見です!あのシーンで笑わない人はいないと思います!本当に楽しい、あったかい気持ちになる映画でした。
    ぜひ、バスケットボールを知らない人にも見てほしいです。そして、もちろん、NBAのレブロンも見てほしいです。
  • 尾崎秋彦
    映画.com編集部
    映画が好きで本当によかった。スクリーン上で、バスケを観戦しながら笑ってダンスを踊るエージェント・スミスとジョーカーの姿を見つけて、なぜだか幸福感が胸いっぱいに広がった。ああ、こういう世界線も、もしかしたらあり得たのかもしれない――。物語展開ももちろん面白いが、画面の隅々を凝視して「あ、マスクがいる」などと見つけるのがひたすら楽しい。今まで蓄積してきた映画的記憶がスパークし、全身の映画的細胞のひとつひとつが歓喜の声を上げる。桃源郷のような作品だった。
  • 小林真里
    映画評論家/映画監督
    バーチャル・ワールドという仮想「スペース」で実写とアニメーションが大胆に入り乱れ、人気キャラクターたちがスリリングに交錯する、2021年夏を締めくくるカラフルでハイテンションなお祭りスポーツコメディ!
  • ZEN次郎
    ライター
    超豪華!NBAのスター選手レブロンが息子を取り戻すためeスポーツで対決するのはワーナー・ブラザース社の映画スパコンの中!「ハリポタ」「マッドマックス」「DC」あらゆる映画世界が錯綜する夢のデジタル世界、新旧全映画ファンにおすすめ
  • DIEsuke
    レイアップが出来なくてバスケ部をクビになった同盟/ビーパワーハードボイルド
    常識を超えた奴が試合(ゲーム)を制す!次元もルールも突破したバスケ勝負が、今始まる!
    バスケファン、そして映画ファンのド肝を抜く超展開が連発しておりました。夢のハイテンション状態でハートにスラムダンクをキメてくれる作品ですよ。
    ここまでやるか!?ワーナーよ!!
  • 田中直樹(ココリコ)
    お笑い芸人
    なんて素敵な映画なんでしょう!!
    レブロンのお芝居、もう最高です!!
    時にシリアスにそして時にはユーモラスに、バスケ界の超スーパースターは映画の世界でもMVP級の演技を見せてくれます。
    そしてルーニー・テューンズのキャラクターたちがとにかく可愛い!
    家族、仲間たちへの愛がたくさん詰まっていて、人との関わり方や今後の生き方を考えさせてくれました。さらに、ワーナー作品のキャラクターたちがたくさん出てきます!どこにどんなキャラクターがいるのか探すのもめちゃくちゃ楽しいと思います!!
  • 田村大
    アーティスト
    圧倒的な映像の鮮やかさとアニメーションの凄み、そしてレブロンの魅力に引き込まれました。観るたびに新たな発見があると思うので、僕は最低でも3回は観に行きたいと思います。
  • テラシマユウカ
    PARADISES
    幼少期から色褪せず大好きなルーニー・テューンズ、大人になってから出会ったいつまでも子ども心をくすぐるワーナーのキャラたち!
    絶え間なく繰り広げられるてんやわんやと、あの映画のキャラが所狭しと無数に立ち並ぶ激アツな映像に、視界も脳みそもアドレナリンドバドバのお祭り騒ぎ!映画とバスケ好きで良かった〜!!!
  • 中澤佑二
    元サッカー日本代表
    レブロンの圧倒的な存在感、そして息子との絆…子供も楽しめる映画になってるので是非家族で観てもらいたいです。しかも、色々な映画やアニメのキャラクターがたくさん出るのでそれを見つけるだけでも楽しめます。NBA最高!レブロン最強!WB最好!
  • 野田クリスタル
    (マヂカルラブリー)
    お笑い芸人
    オープンワールドのゲーム世界に映画人気キャラを混ぜ合わせた発明。
    普通のゲームではなく、技術点で点が入りまくり、キャラクターが飛びまくりの何でもありのゲームに興奮!しかし、レブロン・ジェームズなんであんなに演技うまいんだ!!
  • ピエロ大好き人間︎︎︎︎
    高校生クリエイター
    沢山の映画が1本に詰まってる作品で、特にマッドマックスが登場したシーンは超興奮しました!映画に詳しければ詳しい人ほど楽しめる映画です!また、他のさまざまな映画のキャラクターが背景にこっそり登場していて、自分の知ってるキャラを探すのも楽しかったです!
  • 平岩康佑
    eスポーツアナウンサー
    この豪華共演は1回観ただけじゃ受け止めきれない!
    映像・音楽・ストーリーが終始アメリカ的なノリで描かれていて、それだけで最高なのにマッドマックスにマトリックスにバットマンも!!
    あと、バッグス・バニーがあんなにかわいいなんて…
  • 藤本エリ
    ガジェット通信編集部
    CGで立体的にモフモフになったルーニー・テューンズのキャラクターたち。この最新技術があるからこそ昔ながらのアニメーションの魅力も引き立ち、素晴らしい融合でした。映画鑑賞時、緊張や恐怖で力むことは多々あれど、『スペース・プレイヤーズ』は可愛すぎて奥歯が千切れそうになりました!いや、可愛いだけじゃない! カッコいい、アツい、何より面白い!
  • 松崎健夫
    映画評論家
    バッグス・バニーと仲間によるバスケ対決の相手はA.I.だ。これは、老舗の映画会社ワーナー・ブラザースが生み出してきた<名作映画>の価値を今いちど見直そうとする、“ライブラリー”の戦いでもある。その偉大な歴史は、いちど観ただけでは把握できないほど膨大な数の人気キャラクターたちの風姿が物語っている!
  • 丸山桂里奈
    元サッカー日本女子代表
    映画を見終わった後、友達と一緒に実際にスペースプレイヤーズの世界に参加出来たらいいなと思いました。「キングコング」「ペニーワイズ」大好きなキャラが勢ぞろいで ワクワクしっぱなしでした!一言でいうと、超面白いです!! 最後には、父と子の気持ちをぶつけ合う姿に涙が止まらかったです。
  • 村上
    (マヂカルラブリー)
    お笑い芸人
    キャラクターが次から次へと出てきて、それが可笑しく可愛く動き出す。
    夏のお祭りを味わえるとても楽しい映画です。
    知ってる映画キャラが出てくるたびにテンションが上がりますよ。『あ、マスク』だ!て。
  • 村上佳菜子
    プロフィギュアスケーター・元女子シングル日本代表
    クールでポップな世界とみんなが大好きなキャラクター達に大興奮。あっという間の映像体験で何度でも観たくなる映画です。
    3Dのルーニー・テューンズもとても愛らしいです!
  • 森直人
    映画評論家
    びっくりするほど楽しかった。1996年の『スペース・ジャム』がいつしか殿堂入りし、こんな素敵な「進化形」へと受け継がれた。全編に飛び交うNIKEのロゴマーク、スウッシュも華々しい。背番号23に憧れている息子とも一緒に観るつもり!
  • Yusuke
    ライター
    雑貨屋などで毎日見かけるバッグス・バニーたちの知らない一面がたまらなく愛くるしくて、なにより彼らの個性豊かな「自分らしさ」に元気と勇気をもらいました…!観終わる頃には"推しルーニー"がたくさん増えます!ああ今すぐグッズが!グッズがほしい!笑
MENU OPEN
チケット情報はこちら