HOME>イントロダクション

イントロダクション

語り継ぐべきは戦争の真実。日米開戦から70年の年月を経て「ザ・パシフィック」となった。

ザ・パシフィック

「バンド・オブ・ブラザース」から9年、エミー賞とゴールデン・グローブ賞に輝いた超一流スタッフが再び集まった。第2次世界大戦におけるヨーロッパ戦線を描いた前作を企画した時から、トム・ハンクス、スティーブン・スピルバーグ、ゲーリー・ゴーツマンの3人のプロデューサーたちは、わかっていた。続いて太平洋戦争も描かなければ、戦争の真実に迫ったことにはならないことを──。
しかし、今、あらためて世に問うべき作品でなければ、製作する意味がない。その時、プロデューサーたちは、太平洋戦争の最前線で戦った2人の兵士の戦記と出会う。 それを機に、徹底的に兵士たちの実体験をリサーチし、全編にわたってすべて"兵士の眼から見た事実"に基づいた作品を製作することを決意する。

ザ・パシフィック

そして誕生したのが、「ザ・パシフィック」である。1942年のガダルカナル島を皮切りに、グロスター岬、ペリリュー、硫黄島と続き、1945年の沖縄決戦を最後にアメリカの勝利のうちに幕を下ろした日本との戦いと、帰還後の兵士たちの苦悩の日々を、製作費200億円の空前のスケールで描いた超大作だ。
そこは、アメリカから遠く離れた名も知らない島々。過酷な気候と自然環境に体力を奪われ、降伏するくらいなら進んで死を選ぶ日本兵への底知れぬ恐怖に気力を蝕まれていく兵士たち。彼らは、一発の銃弾や一瞬の爆撃で、敵も味方もあっけなく死んでいく様を見ているうちに、次第に人間性を失っていく。
遂に終戦を迎え、極限状態を耐え抜いた兵士たちは、帰還する。しかし、戦いはまだ、続いていた。戦争が人間から奪うものは何なのか、そして人はそれを取り戻すことができるのか──? 「バンド・オブ・ブラザース」では描けなかった、その大いなる問いかけへの、ひとつの答えを差し出した本作は、惜しみない絶賛を浴びると共に、第62回エミー賞最多8部門受賞の栄誉に輝いた。
彼らがこの世の地獄で見たものは何だったのか? この混迷する現代を生き抜くために、私たち自身の目で確かめる時が来た──

絶賛の嵐のなか、賞レースを制す!第62回エミー賞 最多8部門受賞!

受賞

最多24部門ノミネートという圧倒的な支持を受け、ミニシリーズ部門最優秀作品賞の他、
視覚効果賞、美術監督賞、キャスティング賞、特殊メイク賞、メイクアップ賞、音響編集賞、音響賞の最多8部門受賞という快挙を成し遂げた。
「バンド・オブ・ブラザース」は、第54回エミー賞で19部門ノミネート、6部門受賞という輝かしい結果だったが、「ザ・パシフィック」はそれをも超える栄誉となった。

トム・ハンクス×スティーブン・スピルバーグ×ゲーリー・ゴーツマン「バンド・オブ・ブラザース」のヒットメーカーが、再び手を組んだ!

キャスト

「バンド・オブ・ブラザース」の製作が発表された時、プロデューサーたちの名前が全世界の注目を集めた。
アカデミー賞®監督賞を2度受賞し、ヒットメーカーとしても最も成功しているスティーブン・スピルバーグ、2年連続同賞主演男優賞に輝いた名優トム・ハンクス─戦争映画の傑作『プライベート・ライアン』の監督・主演が手を組んだのだ。 さらに、数々のヒット作 を生み出した名プロデューサーとして知られるゲーリー・ゴーツマンが、そこに名を連ねた。
その後も、ハリウッドの第一線で活躍し続け、一度だけのドリームチームかと思われた3人が、本作で再 び結集した!
  第2次世界大戦の真実の物語を完結させるという使命を果たすために──。

製作費200億円!空前のスケールで描く超大作!

戦場

6人の監督が指揮するスタッフの総数は800人以上、セリフのあるキャストだけでも138人、エキストラを含めた総出演者数は26,000人以上にの ぼった。
撮影は主にオーストラリアでおこなわれた。スタッフ・キャストの国籍は、オーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、日本の7カ国。
1940年代当時のファッションが忠実に再現され、すべての衣装を吊るして並べると、4キロメートルになった。軍服はやはり当時の織り方を再現 したものが、3,000着用意された。
出演者は、軍人アドバイザーであるデール・ダイ大尉の元で、当時の装備を使用した9日間のブートキャンプを受けた。
俳優たちは、演技のためではなく、生き残るための訓練だったと語っている。
最も予算と力が注がれたのが、戦場の再現だ。セットを90以上も作成し、6万2,000トンもの土を掘り、ヤシの木350本を植え、750個のサンゴを作成した。
硫黄島独特の黒い砂を作るために、4,000トンの溶岩滓を採掘し、80トンの白砂を黒く着色した。
そうして完成した戦場では、1シーンに60〜70発の爆弾が仕掛けられた。

すべてが真実、すべてがリアル─実体験から生まれた物語!

日本でも出版されているユージーン・B・スレッジのノンフィクション「ペリリュー・沖縄戦記」(講談社学術文庫)、
ロバート・レッキーの回想記「Helmet for My Pillow」、太平洋戦争の最前線で実際に戦ったこの二人の著書と、
ガダルカナル戦の英雄と称えられたジョン・バジロンのエピソードを基に、脚本が書き上げられた。
さらに、数多くの退役軍人へのインタビューも敢行、兵士1人1人が実際に体験した戦争の全貌が忠実に再現された。
その結果、教科書にも載っていない、今まで語られることのなかった戦争の裏側が明かされることになった。
そのほとんどは衝撃的な真実だが、家族との絆や戦時中の結婚、終戦後の新たな人生など、胸を揺さぶる感動の実話も加えられた。

ホワイトハウスで試写会実施!─オバマ大統領が迫真の映像を体験!

2010年3月11日、ホワイトハウスで「ザ・パシフィック」の試写会が開かれた。
製作総指揮を務めたトム・ハンクス、スティーブン・スピルバーグ、ゲーリー・ゴーツマンの3人がホストとして出席し、
オバマ大統領夫妻、米統合参謀本部議長、国家安全保障問題担当のジョーンズ大統領補佐官らが招かれた。

兵士