twitter
映画『ダンスウィズミー』

#ダンスウィズミー

twitter

TRAILER

超特報映像

超特報映像

ABOUT THE MOVIE

about movie
矢口史靖監督が贈るハッピーミュージカルコメディ

数々の大ヒット作品で日本中にハッピーと笑いを贈り届けてきた奇才・矢口史靖監督。
『スウィングガールズ』(04)では瑞々しい青春を、『ハッピーフライト』(08)では航空会社で働く人々をコミカルに描いた矢口史靖監督の最新作は、10本目にして自身初のハッピーミュージカルコメディ♪『ダンスウィズミー』。

「急に歌ったり踊ったりするミュージカルへの違和感を作品のテーマにできないかとずっと考えていました。そして、ミュージカルなんか全然したくないのにすることになってしまった女の子の話を思いついた時に、これはいける!と思ったんです」という矢口監督。

本作で監督に「宝物を発見した」と言わしめたのは、歌とダンスが出来る約500人の応募者の中から選ばれたシンデレラガール、三吉彩花。2017年までSeventeen誌のトップモデルとして絶大な人気を誇り、“女子高生のカリスマ”とも呼ばれる彼女がミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦している。

また、舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵をお笑い芸人のやしろ優。謎のストリートミュージシャン・山本洋子を、本作で女優デビューを飾るシンガーソングライターでモデルのchay。静香の先輩エリート社員を若手実力派・三浦貴大、興信所の調査員を映画・ドラマ・舞台とジャンルを問わず欠かせない存在となったムロツヨシが演じる。
そして静香に「音楽を聞くと、歌わずに、踊らずにはいられない」催眠術をかける催眠術師・マーチン上田役を、1作目『ゴジラ』や数多くの舞台の主演を飾り、日本を代表するミュージカル俳優としても活躍する映画界のレジェンド・宝田明が、54年ぶりにスクリーンで歌い踊る。
若手からベテランまで日本映画界で活躍する豪華で個性豊かな出演者陣が矢口監督の元に集結した。

STORY

自分にちょっと無理をしながら一流企業で働く鈴木静香は、催眠術である日突然、音楽を聞くと、いつでもどこでも歌わずに踊らずにいられないカラダに! 携帯の着信音、駅のホーム音、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意志に反して勝手に歌って踊りだしてしまう・・・。仕事もお金も失った静香は、催眠術師を探して日本中を駆け回るが、果たして静香は元のカラダに戻れるのかー?歌い、踊り続ける中で彼女が最後に見つけた大事なものとは―。

2019年最高にハッピーな日本初のミュージカルコメディが誕生!あなたも魔法にかかる!
2019年最高にハッピーな日本初のミュージカルコメディが誕生!あなたも魔法にかかる!