OFFICIAL Twitter
主演:藤原竜也 監督:蜷川実花 原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)配給:ワーナー・ブラザース映画

そこは、店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)> 一瞬も目が離せない、衝撃のサスペンスエンターテイメント開宴!!

一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる羽目になってしまった。そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な色彩美を放つ店内。店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込まれたカナコ。物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していく…

元殺し屋で天才シェフのボンベロを演じるのは、唯一無二の演技派俳優:藤原竜也。 幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきた。サスペンス映画のヒット作も続く中、一癖も二癖もある刺激的なキャラクターで観るものを魅了する。

監督には、世界中の女性から絶大な支持を得る、写真家・映画監督の蜷川実花。
2007年公開作品の『さくらん』、22億円を超え社会現象にもなった2012年公開『ヘルタースケルター』に続き、3本目の監督作品になる。次々と現れる殺し屋たちとのアクションや色彩美豊かな美術品、そして作品に彩りを添える料理の数々と、蜷川実花にしか描けないファンタジック・ワールドが開宴する。また、蜷川幸雄氏演出によって芸能界デビューを果たし“まな弟子”として数多くの作品に出演し続けてきた藤原竜也と蜷川実花がどのような化学反応を起こすか、興味は尽きない。

原作は、映像化不可能と言われた平山夢明著「ダイナー」(ポプラ社「ポプラ文庫」)。
小説からコミック化もされている中、満を持しての映画化となる。

ここは、殺し屋専用のダイナーだ。 皿の置き方一つで消されることもある。

藤原竜也(ふじわらたつや)ボンベロ役

【コメント】
蜷川実花さんとは、今回初めてご一緒させて頂きますが、たくさんの可能性を試しながら、日々チャレンジさせてもらっております。実花さんは不思議な魅力をもっている監督さんです。全てをさらけ出し監督と対峙して1カット1カット作り上げております。僕の中でも異質な映画であり、キャラクターも独特なので、模索しながら、役に向き合っています。料理については、中々難しいですが、上手く監督が撮ってくれれば嬉しいです笑。代表作の一本になるよう、スタッフと一緒に乗り切りたいと思います。

【プロフィール】
1982年生まれ、埼玉県出身。蜷川幸雄に見出され、「身毒丸」のオーディションに合格し、ロンドンで初舞台を踏む。以降、舞台、映画、TVドラマ、CMなど幅広く活躍する俳優。主演作『DEATH NOTE デスノート』(06)、『カイジ』(09)(11)、『僕だけがいない街』(16)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の他、『藁の楯』(13)、『るろうに剣心 京都大火編』(14)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(14)など、大ヒット映画に多数出演している。

蜷川実花(にながわみか) 監督

【コメント】
三作目、初めての男性主演、藤原竜也くんと一緒に出来るなんて運命を感じます。いつか竜也と一緒に仕事をするなら、大きな作品で魂をかけた仕事をしたいと思っていました。この作品のお話をいただいた時これだと確信しました。竜也はさすがです。圧倒的な安心感と新しい驚きを同時に与えてくれます。まだ誰も見たことがない、新しいエンターテイメント作品が出来ると日々実感しています。気合い入れて頑張ります!

【プロフィール】
木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催し、好評を博した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。

平山夢明(ひらやまゆめあき)原作

【コメント】
まったく人生、何が起きるか油断がならない。まさか自分の小説を原作に蜷川実花さんが監督をし、藤原竜也さんが主演してくださるとは未だに信じられない。これは同時に蜷川幸雄先生の愛娘、愛弟子による真剣勝負の舞台に本作が選ばれたことも意味しているのだ。ヤングジャンプで連載中のコミック版もそうだが、私は「原作原理主義者」ではない。それぞれがそれぞれの舞台で最高のものを提供することが使命と考え、その為の改変は大いに望むところだ。蜷川版『ダイナー』が、どんな心の料理を出してくれるのか、今から待ちきれずにいる。

「DINER ダイナー」
2009年10月ポプラ社から刊行され第28回日本冒険小説協会大賞受賞。第13回大藪春彦賞受賞。吉川英治文学新人賞最終候補にノミネートもされる。2017年8月より「週刊ヤングジャンプ」にてコミック化連載が開始され、大人気連載中。2018年5月15日よりポプラ社ウェブマガジン「WEB asta(ウェブアスタ)」にて『ダイナー』の続編『ダイナーⅡ』の連載が9年の時を経てスタートした。

「DINER ダイナー」