MENU

MENU

×
メインビジュアル

『モータルコンバット』『モータルコンバット』

6月18日(金)公開

billing

INTRODUCTION

[禁断の死闘]を目撃せよ。

社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つ「モータルコンバット」。激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズが、唯一無二のデスバトルアクション映画として、ついに日本上陸!ゲームの枠をぶっ壊し、マーシャルアーツ映画の歴史に名を刻む、一瞬足りとも目が離せない、2021年最注目の“超攻撃型衝撃作”、それが 映画「モータルコンバット」だ。

全米興行収入1位!

MK(モータルコンバット)現象
=世界制覇開始。
全編がデスバトル!
参戦し、目撃せよ。

本作の予告が海外で解禁されるやいなや世界が熱狂。過激な暴力表現や言葉使いが含まれたレッドバンド版予告の視聴回数は、初週で1億1600万回再生と、『LOGAN/ローガン』や『デッドプール2』の記録をわずか4日間で上回り、“レッドバンド版予告”としては脅威の再生数を記録! 全世界のファンたちの期待は高まり、公開を待ち続ける中、4月23日から全米で公開されると、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『ゴジラVSコング』など大作・話題作ひしめく中、2250万ドルというオープニング成績を記録、興行収入ランキング第1位を獲得するロケットスタートを切った。なお、「VARIETY」誌によれば、本作のオープニング興行収入は、新型コロナウイルスのパンデミック後に公開された作品としては3月に公開された『ゴジラVSコング』の3100万ドルに次ぐ第2位、R指定映画としては第1位を獲得している。また、IMAXやプレミアム・ラージ・フォーマット(PLE)、そしてドルビー・シネマを筆頭に、ラージフォーマットが興行収入の非常に大きな部分を占めていることも特徴として挙げられ、若年層を中心とした観客の評価も高く、ロッテントマトのオーディエンススコアは87%(4月26日現在)を獲得しており、全世界の観客の心をつかむ「モータルコンバット」がついに日本での劇場公開に向けて本格始動する。

STORY

情け容赦ない無慈悲な物語。

胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手<コール>は自らの生い立ちを知らぬまま金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝が<コール>を倒すために放った最強の刺客<サブ・ゼロ>に命を狙われる。<コール>は家族の危険を察知し、特殊部隊少佐<ジャックス>と女性戦士<ソニア>と合流。地球の守護者<ライデン>の寺院を訪れる。そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことが出来るのか?

CHARACTERS

()

()

PROFILE

STAFF

    • blood
    • blood
    • blood

    NEWS