この世に潜む人間の魂を喰らう悪霊、虚 ホロウ それを倒せるのは死神だけ。黒崎一護、高校生 兼 死神代行。

INTRODUCTION

この夏、死神が見参!世界が熱狂する「BLEACH」が実写映画化!

「ONE PIECE」や「NARUTO-ナルト-」と並び、「週刊少年ジャンプ」を代表する金字塔漫画「BLEACH」が、満を持して待望の実写映画化!幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護は、死神を名乗る謎の女・朽木ルキアから力を譲り受け、死神を代行するハメになる。家族と仲間を守るため、人間の魂を喰らう悪霊・虚〈ホロウ〉と死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていた―。
久保帯人による原作コミック(全74巻)は、01年の連載開始から瞬く間に大反響を呼び、16年の連載終了まで若い世代を中心に圧倒的人気を獲得。04年からはTVアニメが放映され、劇場版アニメも4度公開(06、07、08、10)されるなど、ゲーム、ラジオ、ミュージカルとあらゆるメディ アを超えて日本中を席巻!その熱狂は国内にとどまらず、全世界で累計1億2千万部を突破する超ベストセラーとなっている。

未体験の超スケール!前代未聞のアクション・バトルが炸裂!

「BLEACH」の魅力は何といっても、唯一無二のオリジナリティあふれる世界観。人間が住む“現世”と、死神たちの“尸魂界(ソウル・ソサエティ)”を舞台に、それぞれに宿命を背負ったキャラクターが縦横無尽に躍動し、ド派手にしてスタイリッシュな死闘が繰り広げられる。この次元を超越した物語を完璧に再現したのは、『アイアムアヒーロー』(15)で世界三大ファンタスティック映画祭を制覇した佐藤信介監督。他の追随を許さない革新的な映像表現で『GANTZ』シリーズ(10、11)や『デスノート Light up the NEW world』(16)などコミック原作の映画化で大ヒットを連発している“映像の魔術師”が、約1年半もの歳月を費やし最先端CGを実写と融合させ、前代未聞のアクション映画を創造した!圧巻は、“斬魄刀”(ざんぱくとう/持ち主の霊力によって姿形を変える!)を必殺の武器として、死神同士が激突する剣戟バトルや、強烈無比なインパクトを放つ異形の悪霊・虚〈ホロウ〉との大迫力の戦闘シーン!超スケールで放つ、究極のアクション・スペクタクルは大興奮必至だ。さらに、死神という運命を背負うことになった一護の成長と、家族や仲間への想い、ルキアとの種族を超えた絆など、奥深い人間ドラマが胸を熱くさせる。

日本映画界を代表する、多彩な豪華キャストが集結!

主人公・黒崎一護を演じたのは、俳優として快進撃を続ける福士蒼汰。髪をオレンジに染め上げ、死神の衣装を身に纏い、斬魄刀を手にした威風堂々たる佇まいは、熱さとクールさを兼ね備えた原作の一護の生き写し!気迫を漲らせ、リアル・アクションにも体当たりで挑戦している。ヒロイン・朽木ルキアには、今をときめく若手女優・杉崎花。『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で数々の映画賞を受賞した本格的な演技派が、人間との関係に心ゆれる死神という難役を、凛とした清々しい魅力で大胆かつ繊細に演じきった。一護のクラスメートで滅却師<クインシー>の石田雨竜には、『銀魂』(17)でのハマり役も記憶に新しい吉沢亮。一護に想いを寄せる井上織姫には、最近女優としての活躍がめざましい真野恵里菜。一護の友人、茶度泰虎には今年すでに3本の映画に出演している小柳友、謎多き商店主・浦原喜助には、独特の存在感で魅了する田辺誠一。一護と激闘を繰り広げる刺客、阿散井恋次には、舞台俳優としてキャリアを極めた早乙女太一。朽木白哉には、世界的なギタリストとして活躍するMIYAVI。さらに、一護の運命を変えた母親に長澤まさみ、父親に江口洋介が扮している。

CLOSE