すばらしき世界
CAST

DIRECTOR

1974年生まれ、広島県出身。オリジナル脚本・監督デビュー作『蛇イチゴ』(02)で第58回毎日映画コンクール脚本賞受賞。長編第二作『ゆれる」(06)は第59回カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品され国内で9ヶ月のロングラン上映に。続く『ディア・ドクター』(09)で第83回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位を獲得。その後『夢売るふたり』(12)、『永い言い訳』(16)とつづけてトロント国際映画祭に参加するなど海外へも進出。一方で小説やエッセイも多数執筆しており、『ディア・ドクター』のための僻地医療取材をもとにした小説「きのうの神さま」、映画製作に先行して書いた同名小説「永い言い訳」がそれぞれ直木賞候補となるなど高い評価を受けている。本作の制作過程を綴った『スクリーンが待っている(STORY BOX/小学館)』のエッセイを連載中。

原案:佐木隆三「身分帳」(講談社文庫刊)

佐木隆三が1990年に講談社より刊行した小説。
人生の大半を獄中で暮らした男には、戸籍がなかった。出所して改めて日常社会と向かい合い、純粋な魂の持ち主であるこの人物はどう生きたか。彼に代ってその数奇な“身分帳’'(刑務所内の個人記録)を精緻に構成して、鮮烈な文学作品に結実させた労作。伊藤整文学賞受賞。

STAFF

STAFF

1973年生まれ。01年(株)テレビマンユニオン入社。『蛇イチゴ』(03/西川美和監督)、『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)で映画製作に従事。 06年現・(株)バンダイナムコアーツ入社。主なプロデュース作品は『グッド・ストライプス』(15/岨手由貴子監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『チア男子!!』(19/風間太樹監督)など。アニメ作品に『百日紅~Miss HOKUSAI~』(15/原恵ー監督)、『アイの歌声を聴かせて』 (21/吉浦康裕監督)など。

STAFF

1976生まれ。映像制作会社を経て、2005年株式会社AOI Pro.エンタテイメントコンテンツ部入社。以降、映画ドラマ制作に従事。代表作に映画『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『夜明け』(19/広瀬奈々子監督)、『架空OL日記』(20/住田崇監督)ほか、テレビドラマ「架空OL日記」(17/YTV)、「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」(17/TX)、「コタキ兄弟と四苦八苦」(20/TX)など。

STAFF

1976年生まれ。制作会社のディレクターを経て、2006年に是枝裕和監督作品『歩いても 歩いても』の脚本制作に参加。2014年、映像制作集団「分福」の立ち上げから分福で制作するすべての作品の企画・プロデュースに関わる。西川作品では『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)、『永い言い訳』(16)。他に広瀬奈々子監督作品『夜明け』、『つつんで、ひらいて』(ともに19)、企画・演出をしたドラマ「潤ー」(19/ KTV)など。

STAFF

1957年生まれ、愛知県出身。日本大学芸術学部映画学科在籍中に『狂い咲きサンダーロード』(80/石井聰亙監督)でキャメラマンデピュー。代表作が多数ある中で、日本アカデミー賞優秀撮影賞受賞作に『亡国のイージス』(05/阪本順治監督)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07/松岡錠司監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『怒り』(16/李相日監督)があるほか、『許されざる者』(13/李相日監督)では、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。

STAFF

1977年生まれ、福岡県出身。近年の主な参加作品に『お父さんと伊藤さん』(16/タナダユキ監督)、『愚行録』(17/石川慶監督)、『幼な子われらに生まれ』(17/三島有紀子監督)、『エルネスト』(17)、『半世界』(19)、『一度も撃ってません』(20/以上阪本順治監督)。『散り椿』(18/木村大作監督)、『蜜蜂と遠雷』(19/石川慶監督)で日本アカデミー賞優秀照明賞2年連続受賞。

STAFF

1962年生まれ。代表作に『パッチギ!』(04/井筒和幸監督)、『ゆれる』(06/西川美和監督)、『フラガール』(06/李相日監督)、『百万円と苦虫女』(08/タナダユキ監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『夢売るふたり』(12/西川美和監督)、『寄生獣』、『寄生獣完結編』(14-15/山崎貴監督)、『怒り』(16/李相日監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『ある船頭の話』 (19/オダギリジョー監督)など。

STAFF

1972年生まれ。代表作に『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)、『そして父になる』(13/是枝裕和監督)、『海街diary』(15/是枝裕和監督)、『溺れるナイフ』(16/山戸結希監督)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17/瀬々敬久監督)、『終わった人』(18/中田秀夫監督)、『万引き家族』(19/是枝裕和監督)、『十二単衣を着た悪魔』(20/黒木瞳監督)など。西川美和監督作品には、『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』に参加している。

STAFF

1978年東京生まれ。ピアニスト、作曲家。
自作曲を中心とするソロでの演奏や、繊細な生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のブロジェクトの他、小野リサ、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を中心に行なっている。「渡辺貞夫クインテット」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「クアトロシエントス」「Salle Gaveau」などのグルーブにも在籍。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。2016年舞台「書く女」(主演:黒木華/作,演出:永井愛)、2017年舞台「オーランドー」(主演:多部未華子/演出:白井晃)の音楽を担当。2020年3月にチェリスト徳澤青弦とのDUO作品「Drift」を発表している。

STAFF

1967年生まれ。代表作に『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)、『ALWAYS三丁目の夕日』(05/山崎貴監督)、『ゆれる』(06/西川美和監督)、『天然コケッコー』(07/山下敦弘監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『夢売るふたり』(12/西川美和監督)、『永遠の0』(13/山崎貴監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『ダンスウィズミー』(19/矢口史靖監督)、『君が世界のはじまり』(20/ふくだももこ監督)など。

STAFF

学生時代からCMのスタイリストを始め、卒業後、雑誌「アンアン」等で活動を本格化。1981年、相米慎二監督の『セーラー服と機関銃』にて映画衣装に初挑戦。クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』を担当したことで世界的にも注目をあびる。近年の主な作品に『ぐるりのこと。』(08/橋口亮輔監督)、『悪人』(10)、『許されざる者』(13/共に李相日監督)、『紙の月』(14/吉田大八監督)、『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)、『怒り』(16/李相日監督)、『マンハント』(18/ジョン・ウー監督)、『火口のふたり』(19/荒井晴彦監督)などがある。

STAFF

1973年生まれ。代表作に『ゆれる』(06/西川美和監督)、『アヒルと鴨のコインロッカー』(07/中村義洋監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『夢売るふたり』(12/西川美和監督)、『海よりもまだ深く』(16/是枝裕和監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『羊の木』(18/吉田大八監督)、『万引き家族』(18/是枝裕和監督)、『蜜蜂と遠雷』(19/石川慶監督)、『浅田家!』(20/中野量太監督)など。

STAFF

1968年生まれ。身体や様々な道具を使って効果音を付けるフォーリーアーティストとして知られ、宮崎駿監督『ハウルの動く城』(04)では、2006年の米国映画音響編集者組合員賞(ゴールデンリール賞)長編アニメーション映画部門で音轡編集賞を受賞。代表作に『パッチギ!」(04/井筒和幸監督)、『ゆれる』(06/西川美和監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『斬、』(18/塚本晋也監督)、『ある船頭の話』(19/オダギリジョー監督)など。

theaters

すばらしき世界

CAST&STAFF