にんぎょ姫
にんぎょ姫
にんぎょ姫
にんぎょ姫

深い深い海の底に、人魚の城があった。
城には人魚の王とにんぎょ姫たちが住んでいた。
にんぎょ姫たちは六人姉妹で、宝石のように輝く鱗でおおわれた魚の尾を揺らし、鳥のように歌い、しあわせに暮らしていた。
いちばん末のにんぎょ姫は、鈴の音のような美しい声を持っていて、人間の世界に身を焦がすほど憧れていた。
人魚の世界では、十五の歳になるまで海の上にあがることを禁じられていたため、末の姫は、毎日のように、ねえさまたちから人間の世界の話を聞きたがった。

ついに十五の誕生日を迎えた日、末の姫は、はやる胸を押さえ、わき立つ泡のように水面へと浮かびあがった。
にんぎょ姫が波間から顔を出すと、潮風をふくむ空気に楽団の音楽が響きわたっていた。
その日、海の上に浮かぶ大きな船では、宴が開かれていたのだ。
にんぎょ姫は、船に乗っていた人間の王子を見て、すっかり心を奪われてしまった。
明るい陽の光を浴び、空を仰ぐ王子の姿は、目もくらむほど輝いていた。
にんぎょ姫はまるで熱に浮かされたかのように、王子からいつまでも目を離すことができなかった。

にんぎょ姫

にんぎょ姫が王子に見とれていると、ふいに空が暗くなり、ひとすじの稲妻が光った。
静かだった海は荒れ、楽しい音楽は暴風にかき消された。
大きな波が王子の乗る船にぶつかると、船が傾き、あっという間に王子は海へと投げ出された。
苦し気にもがき、渦まく波に呑み込まれる王子を見て、にんぎょ姫は悟った。
人間は、水の中では生きられないのだと。
深く暗い海の底で、王子は力を失い、水草のように、たゆたっていた。
王子の口からは、最後の泡が吐き出され、いまにもその命は消え失せようとしていた。
にんぎょ姫は、いそいで王子に息を注ぎこみ、水面へと浮かびあがらせた。

海の上では、嵐は去り、空には月が浮かんでいた。
浜辺へと王子をはこぶと、にんぎょ姫は王子の顔を見つめつづけた。
月にかわって太陽がのぼっても、王子のまぶたは閉じたままだった。
王子に身じろぎが見えたとき、にんぎょ姫の心は喜びにうちふるえた。
そのとき、人影がこちらに向かってくるのが見え、にんぎょ姫は海に飛びこみ身をかくした。
現れたのは、美しい人間の少女だった。
目を覚ました王子は、少女が自分を助けてくれたのだと思いこみ、ほほ笑みとともに深い感謝をつたえた。
その様子を見ていたにんぎょ姫は、鱗におおわれた人魚の尾を、生まれてはじめて恥ずかしく感じ、そっと海の城に帰っていった。

にんぎょ姫

それからにんぎょ姫は、毎日のように海の上へ浮かびあがり、王子の姿をさがしつづけた。
ひと目でも見ることができたら、それだけで満ち足りるはずだった。
しかし、一度たりとも、その望みは叶わなかった。
ついににんぎょ姫は、深い深い海底のさらに深みにあるという魔女の家をめざした。
にんぎょ姫は、鈴のような声をふるわせて、魔女に秘めた願いをうったえた。
その願いとは、王子と同じ人間になることだった。
「美しい小さな姫よ、望みどおりにしてあげよう。しかし代償が必要だ。お前のその美しい声をもらうよ。
それだけじゃない、もし王子がほかの娘を愛したら、お前は三百年ある人魚の命を失い、海の泡となって消えるのだ」
その魔女の言葉を聞いても、にんぎょ姫は決心を揺らがせることはなかった。

魔女にもらった薬をもって、にんぎょ姫は海の上をめざした。
王子が住む城が見える浜辺で、にんぎょ姫は薬を飲み、しずかに眠りについた。
ふたたびにんぎょ姫がまぶたを開けると、目の前には、あの愛しい王子の顔があった。
王子は不思議そうににんぎょ姫を見つめていた。
恥ずかしさに顔を伏せたにんぎょ姫は、そのとき自分にすらりとのびた二本の足があることに気づくのだった。

城に迎え入れられたにんぎょ姫は、王子から実の妹のように愛された。
王子とともに馬にのり、森の中をかけめぐり、花や小鳥たちをめでる日々は、なんと素晴らしかったことか。
声を持たぬにんぎょ姫は、王子に何をたずねられても答えることはできなかったが、いつでも花咲くような笑みを浮かべ、軽やかに踊り、王子を喜ばせた。
ひと足踏むごとに、偽ものの足には、するどい痛みが走ったが、それでもにんぎょ姫は踊るのをやめなかった。

にんぎょ姫

ある日のこと、王子に隣の国の姫との縁談がもちあがった。
姫をひと目見た王子は、かつて自分を助けてくれた少女だと気づき、恋に落ちてしまった。
にんぎょ姫の心は、今にも叫びだしそうだった。
「私です。海の底に沈んだあなたを助け、浜に運んだのは私なのです」
しかし、その声は決して王子に届くことはなかった。

王子の結婚式を明日に迎えた夜、船の上では盛大な宴がひらかれた。
王子と花嫁を楽しませるために、にんぎょ姫は踊った。
足の痛みなど気にもならなかった。
もっと鋭い痛みが、心を突き刺していたのだから。

夜更けになり、みなが寝しずまったころ、にんぎょ姫の耳になつかしい声が聞こえてきた。
波間に目をこらすと、そこに人魚のねえさまたちの姿があった。
ねえさまたちはにんぎょ姫が海にかえってくることをのぞんでいた。
「あなたは、海にもどらないといけない。さあはやく。そうしなければ、あなたは海の泡となって消えてしまうのですよ」
ねえさまたちはにんぎょ姫に短剣をさし出した。
これで王子の命を絶てば、にんぎょ姫はもとの暮らしに戻ることができるのだ。
短剣を握りしめ、王子と花嫁の眠る天幕にはいっていったにんぎょ姫は、しずかに涙をこぼした。
にんぎょ姫の胸は今にも張り裂けそうだった。
王子を見るのも今日が最後なのだから。
にんぎょ姫は、王子を見つめて、まっしぐらに海底に身を投げ出した。

にんぎょ姫

海に、朝陽がのぼりはじめていた。
あたたかい光に包まれ、にんぎょ姫は、王子とともに過ごした日々を思い出していた。
にんぎょ姫は、そこにいるだけで、しあわせで、その日々を、何よりも、自分の命よりも、大切に思っていた。
だから、自分のからだが海の泡になってゆくのがわかっても、すこしもこわくはなかった。

さわやかな風とともに、どこからか清らかで優しい声が聞こえた。
「にんぎょ姫、あなたの美しい心は、さまざまな苦しむ人々をいやし、幸せをもたらすでしょう。
そして、あなたは天の門をくぐり、三百年の命のかわりに、永遠の命を手に入れるのです」
にんぎょ姫の魂は、終わりのない大きな愛となり、空高くのぼっていったのだった。

おわり。

PAGETOP

チケット情報はこちら