長年ひっそりと作っていましたが、ようやくお披露目できることを嬉しく思います。
自分のお馴染みの皆さんと、一番得意なことを存分にやりました。ワクワクする絵がたくさん上がっています。楽しんでいただけるかと思います!爽快なアクションや、美しい背景美術はもちろんのこと、今回はさらに、思いもよらないところに皆さんを連れていけると良いなと思っています。早くお見せしたい!よろしくお願いします!

荒木さんとご一緒に何か面白い作品を作りたい、という所から始まって、人魚姫モチーフの物語で「少女が恋した末に泡になる」のを「泡が恋して少女になる」に組み替えてはどうか?というアイディアになり、小畑さんをはじめたくさんの魅力的なスタッフが集結。まさに無数の泡が集まって一つの大きなうねりになっていくような、刺激的な体験でした。

キャラクターデザインの原案をやらせていただきました。お話を聞いた時の最初のイメージが残った部分と、その後、自分の中で足したり引いたりしたものが混ざりあって、今の形になりました。ブルーブレイズだけでなく、他のチームもそれぞれモチーフを持たせて一体感は意識しています。そのあたりも見ていただけたら嬉しいです。

荒木監督とは「ギルティクラウン」「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」とご一緒させて頂きましたが、今回オリジナル劇場作品で再び音楽として参加できる事を光栄に感じています。作品の世界観、映像美、スピード感、アクション、一つ一つのエネルギーに魅了されると同時に触発され、これまでご一緒してきた作品での音楽とはまた違ったアプローチの音楽制作ができたと感じています。作品の幻想的で壮大な物語と共に、音楽も楽しんで頂ければ幸いです。

日本から次に世界に送り出すべき才能は誰か、とずっと探していました。荒木哲郎監督は紛れもなく、その筆頭の才能だと思っています。ベルリン映画祭で一足早く、世界にお披露目できた本作ですが、満を持して日本そして世界中のみなさまにお届けできるのが楽しみで仕方ありません。凄まじいアクションの中で、心と心が通い合っていく。活劇とドラマが融合した、日本アニメーションの醍醐味を体験していただければ幸いです。

「荒木哲郎×虚淵玄×小畑健×澤野弘之」
自分の好きが集結したような空間に、歌でご一緒させて頂き感慨深い気持ちです。ピュアで優しくて、臨場感溢れるこの作品に今回書き下ろした「Bubble」という楽曲は今までみたことのないようなところにまで連れていってもらえたような気がします。 壮大で美しい世界観と、目が離せないアクション、個性豊かなキャラクター達。熱量のあるこの作品に自分も関わることができて幸せです。是非劇場で体感してみて下さい。パルクールかっこいい!

最初は主題歌のお話だと聞いていたのでやりたい!と即答しました。その後にヒロイン役のお話を聞いて私が声優?! 無理!出来るわけない!という気持ちと楽しそう!やってみたい!の気持ちが行ったり来たりで大騒ぎでした。このような壮大な企画だと知ったのは、ヒロイン役も決まった後のことでした。初めて台本を読んだ時、ウタの気持ちとリンクしすぎて泣きまくりました。今でも思い出して泣けるくらいウタに感情移入できたので初めてのアフレコでしたがあの時はちゃんとウタが心の中にいた気がします。

コメントはこちら
コメントはこちら
コメントはこちら
コメントはこちら
コメントはこちら
コメントはこちら
コメントはこちら

PAGETOP

チケット情報はこちら