SELECT VISUAL

映画『ブルーピリオド』

8月9日(金)公開!

それは自分だけの色を探す〈挑戦の物語〉
情熱は、武器だ。
生きてる実感が持てなかった。あの青い絵を描くまではーー これはからっぽだった俺が、初めて挑む物語。

「マンガ大賞2020」受賞!国内外で絶賛された傑作漫画が、今最も輝く若手俳優陣で実写映画化!【眞栄田郷敦×高橋文哉×板垣李光人×桜田ひより】
眞栄田郷敦
高橋文哉
板垣李光人
桜田ひより
全国イオンシネマ一斉試写会開催決定!『ブルーピリオド』<#好きに挑む>キャンペーン!!
全国イオンシネマ一斉試写会開催決定!
『ブルーピリオド』<#好きに挑む>キャンペーン!!
ムビチケカード
MOVIE WALKER STORE
この夏、いちばん熱い映画
「マンガ大賞2020」受賞!国内外で絶賛された傑作漫画が、ついに実写映画化!

INTRODUCTION

周りの空気を読んで流れに任せて生きてきた高校生が、1枚の絵をきっかけに美術の世界に全てを賭けて挑んでいく―好きなことに真剣に向き合う主人公の挑戦に、胸が熱くなる感動のドラマとして待望の実写映画化。
主演には話題作への出演が絶えない眞栄田郷敦を迎えて、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひよりと実力と人気を兼ね備えたキャスト陣が個性豊かなキャラクターを熱演。『東京喰種 トーキョーグール』『サヨナラまでの30分』の萩原健太郎が監督を務め、新進気鋭のスタッフと共に情熱の物語を創り上げた。

STORY

生きている実感が持てなかった。あの青い絵を描くまでは−− これはからっぽだった俺が、初めて挑む物語。
ソツなく器用に生きてきた高校生・矢口八虎は、美術の授業の課題「私の好きな風景」に困っていた。
悩んだ末に、一番好きな「明け方の青い渋谷」を描いてみた。その時に絵を通じて初めて本当の自分をさらけ出せたと感じ、
美術に興味を持ちはじめ、のめりこんでいく。そして、ついに国内最難関の美術大学への受験を決意するのだが…。
立ちはだかる才能あふれるライバル達。正解のない「アート」という大きな壁。
経験も才能も持ってない自分はどう戦う!? 八虎は【自分だけの色】で描くことができるのか。

COMMENT

眞栄田郷敦(矢口八虎 役)
●矢口八虎(やぐち やとら)
成績優秀で人望も厚いが、空気を読んで生きることに自身も物足りなさを感じている男子高校生。
尋常ではない努力家で、美術との衝撃的な出合いを果たしたのちは、東京藝術大学を目指して、邁進していく。


COMMENT
楽しいけどなんか浅い毎日。地に足がついてないような、自分を俯瞰で見てるような。苦しい時間は遅く感じて、楽しい時間は早く感じる。八虎と共に歩んでるような感覚になれる映画だと思います。
「好きなことに人生の一番大きなウェイトを置く、これって普通のことじゃないでしょうか」という台詞の美しさ。その裏にある怖さやしんどさ、変わっていく自分や環境、それに伴う人間関係。そんなことを感じてもらいながら、今、自分の将来のことを考えてる人も、もう考えるのを辞めてしまった人も、自分の好きなことは何なのか、自分にとっての幸せは何なのか、改めて少し考えてみるきっかけになれば嬉しいです。そして、今もう既に戦ってる人は、この映画を見て少しでも希望を持ってもらって、これからも戦い続けてもらえればと思います。
高橋文哉(ユカちゃん<鮎川龍二>役
●鮎川龍二(あゆかわ りゅうじ)
自分らしさを胸に、自作の個性的な服装を着こなす八虎の同級生。
日本画で藝大入学を目指している。八虎とは腐れ縁だが、彼が美術部に入るきっかけを作る。


COMMENT
ブルーピリオドという作品は存じ上げていましたが、作品を見た事はなく、お話を頂いて原作を読ませていただきました。作品全体にももちろんですが、鮎川龍二という人物に惹き込まれましたし、この人物を僕が演じる事が出来るのか不安を感じました。でも、同時にドキドキとワクワクが止まりませんでした。
こんなにも素敵なキャラクターでこの作品の圧倒的な魅力にもなる、ユカちゃんを任せていただける事を本当に光栄に思いました。やるからには鮎川龍二の魅力を忠実にできる限り膨らませられる様に全身全霊でこの役に挑みました。役作りでいうと、日本画の練習などもしましたが、身体的にも自分とユカちゃんに僕自身が境界線を感じない位まで追い込みました。大変なこともありましたが、本当に楽しかったです。
そんな鮎川龍二を皆さんにも是非見て頂けたら嬉しく思います。僕がやれる事やるべき事やりたい事をユカちゃんや八虎のようにこの作品に詰め込んでおります。皆様、是非劇場へ。
板垣李光人(高橋世田介 役)
●高橋世田介(たかはし よたすけ)
美術予備校に入った八虎の前に突如現れる天才高校生。勉強も絵の才能も頭抜けている。
孤高の存在で、八虎の最大のライバルとなる。コミュニケーションを取ることが苦手で口が悪い。


COMMENT
今回このお話をいただき、趣味程度ではありますがインプットとしてもアウトプットの手段としてもアートを嗜む身としてはいっそう身に入るものがありました。
また原作においても、元々アートをテーマとしたストイックな作品として存じ上げておりましたし、高橋世田介というキャラクターにも共感する部分が多かったため、とても運命を感じております。
"好き"を追い求めることは決して逃げや楽なことではないのだと、その道中には何度も傷付き幾重にも重なる壁が待っているということ。そしてその先には広い海が全ての人を待っていることを教えてくれる作品になっていると思います。夢を追う人も、その傍で支えている人も、いろいろな方に観ていただきたいです。
桜田ひより(森まる 役)
●森まる(もり まる)
八虎の一つ年上の先輩で、美術部に所属。八虎が苦難にぶち当たるたびに乗り越えるきっかけを与えてくれる存在。
“祈り”をテーマに絵を描き続けている。


COMMENT
まずは、萩原監督とまた一緒に作品を作れる喜びと期待感を感じ、同時に八虎の人生を変えるきっかけを作った森まる先輩という、物語のキーとなる役を演じられるワクワクも感じました。
自分は今まで絵の世界に触れる機会があまりなかったので、練習期間は毎回学ぶことだらけでした。中々体験できることではなかったので、本当に貴重な経験をさせていただきました。学校の穏やかさから、張り詰めた緊張感が漂う予備校まで、見どころ満載の映画になっているので、皆さん楽しみにしていてください。
薬師丸ひろ子(佐伯昌子 役)
●佐伯昌子
八虎たちが通う高校の美術教師で、美術部顧問。穏やかな笑顔を絶やさず、飄々としているため本心は見えづらいが、人を見抜く力があり、八虎たちに的確なアドバイスを与える。


COMMENT
撮影の日々は、佐伯先生として、私自身として、これから大きく羽ばたいていく皆さんと触れ合えたことは本当に楽しく大切な時間でした。
「自分に正直なほど、強い。」
美術だったり、絵を描いたりすること。自分の内面を覗いてみるということは、時に怖く、尊い時間なのだと知ることができました。
それに全力でぶつかっていく八虎たちの背中を押さずにはいられません。
素晴らしい原作と若い力が、想像を超えたものを感じさせてくれる、そう確信しています。
江口のりこ(大葉真由 役)
●大葉真由
八虎たちが通う美術予備校の講師で、彼らの成長を支えていく。美大・藝大受験の過酷さを知っているからこそ、常にブレることなく、明るく生徒たちを励まそうとしている。


COMMENT
原作の漫画を読み出したら面白くて一気に読んでしまいました。藝大をめざす生徒を一番近くで見守る大葉先生の役をやらせてもらえて光栄でした。
撮影は、夏の暑い時期で、当時を思い出すと生徒を演じていたみなさんの直向きな顔が浮かびます。
是非、劇場で彼らの青春をご覧になって下さい。よろしくお願いします。
石田ひかり(矢口真理恵 役)
矢口真理恵
八虎の母。倹約しながら一家を支えている。経済的な事情や、息子に苦労してほしくない、堅実な道を歩んでほしいという願いから、八虎が藝大を目指すことに反対する。


COMMENT
ちょうど、娘が大学に入学した頃の撮影でしたので、親子共に受験の日々を乗り越えたあの実感を持って、この役を演じることが出来ました。
郷敦くんの驚くほどに力強く澄んだ瞳で、真っ直ぐに訴えてくるお芝居には圧倒されました。あの時の彼の表情は、忘れられません。
進路を探す同世代の若者たち、大人になった元若者たち、たくさんの方に見ていただきたい作品です!
中島セナ(桑名マキ 役)
COMMENT
この度ご縁があり、桑名マキとしてこの作品に投じることが出来てとても嬉しいです。
目を逸らしたくなるほどの確かな熱を持って存在している八虎たちは、我々が「好き」の原点に回帰するのを手伝ってくれるのではないかと思います。
正解はないけれども何かがある世界を、光を持って見据えようとする姿に私自身、感化されるものと至らなさを自覚させられる鋭利さを感じました。
今、自分はここで何をしているのか。改めて問う機会をくれる作品だと思います。様々な人に見てもらえたら幸いです。
秋谷郁甫(橋田悠 役)
COMMENT
本作の中でも、一際異色を放つ橋田悠という人物には、原作を読ませていただいた時から惹かれていました。またそんな魅力的な橋田を演じられたことは未だに信じられない気持ちですが、原作にリスペクトを込めて全身全霊でやらせていただきました。

“自分は○○が好き“
こんなにも真っ直ぐで、でも自分の人生を豊かにしてくれる1番の原動力であること。
それを橋田や本作から、教わった気がしています。
ぜひ劇場に足を運んでいただき、皆様にも体感していただきたいと思います。
兵頭功海(恋ヶ窪晋 役)
COMMENT
ブルーピリオドは、原作から大好きな作品だったので、
恋ちゃんとして参加することができ、本当に嬉しかったです。

八虎が絵に心を動かされ、やりたいことを見つけ、
突っ走っていく姿に影響される恋ちゃんですが、
同時に、八虎の背中を押す恋ちゃんでもあります。
この映画は、そんな皆の夢を追う姿を見て、観てくれた方の背中も押せるような作品になっていると思います。
沢山の方に見て頂きたいです!!
三浦誠己(後藤先生 役)
COMMENT
萩原組に参加出来た事を光栄に思っています。俳優に優しく寄り添ってくださる監督のもと懸命に演じさせて頂きました。
大きな夢を抱き、挫折や失敗や少しの成功を積み重ねて生きてきた私(オジサン)ですが、脚本を読んで魂が揺さぶられました。
アートという儚き雲を掴むような世界で「夢」を抱き挑戦する矢口八虎!めちゃくちゃ素敵です!是非、劇場でご覧下さい!
やす(ずん)(矢口行信 役)
COMMENT
映画をご覧になる間は八虎のかっこよさ、力強さ、そして繊細さに心動かされっぱなしだと思います。
息子と向き合って喋っているとき、何回か吸い込まれそうになる感覚になりました。
八虎との空間は魅力的でした。
そしてママの柔らかい愛に包まれていました。
とてもお母さん思いで、自然と応援したくなる男子です。
是非八虎と一緒にドキドキワクワクしてください。
鑑賞のあと映画館を出て感じる風は、きっと違って感じると思います。
WurtS(主題歌アーティスト)
COMMENT
元々”NOISE”は僕が音楽活動を始めた頃に抱いていた殻を破りたいという感情から生まれました。
今回ブルーピリオドのお話を頂いた際にこの感情と作中の八虎の心境がリンクしているように感じ、楽曲を作り始めました。

僕も「好き」から始まったものがいつの間にか自分自身を表現するものに変わって、その重さに耐えきれなくなる時がありました。自分の「好き」は時間とともに周りの人たちを巻き込んでいく性質があるだなと思いました。だからこそ厄介で尊いのだなと。

本作では八虎たちが互いに自分自身を試行錯誤しながら表現し、「好き」を追い求める姿に感動しました。
そしてそんな彼らの応援歌として”NOISE”を聴いていただけたら幸いです。
原作:山口つばさ
COMMENT
(完成した映画を観て)自分が漫画として描いていた時には見えてなかった景色や役者さんが演じるキャラクターの表情、言葉を発するまでの”間”の感覚など漫画ではできなかったことがたくさん表現され、各シーンで作り物ではないリアリティを感じられた、映画『ブルーピリオド』に率直に感銘を受けました。そしてキャストの皆さんは多くの時間をかけ絵画練習をされ、私が初めて現場でその様子を見た時には皆さんの所作が絵描きのそれになっていて、ただただ驚きました。中でも眞栄田さんにお会いした際には「同級生の矢口くん」に会ったような、気まずさすらも感じてしまうほどでした。企画の段階からこの作品をどう映画にするのか?ご自身のビジョンを明確に持ち、常に観客に向かって映画を届けようと考えていた萩原監督にお任せすることができて、本当に良かったです。人が何かを始めようとするときの熱量を皆さんにも感じてもらえたら嬉しいです。
監督:萩原健太郎
COMMENT
山口つばさ先生が作り上げた『ブルーピリオド』という完成された作品を実写映画化する上で最も大切にしたこと、それは原作の中心にもある問い『芸術は才能なのか?』に映画として挑むことでした。才能がないのに好きな事に挑戦するのは無駄なことなのか?情熱が才能を凌駕する武器になり得るのか?これは八虎のように自分が進む道を模索している世代だけでなく、何かに情熱を注ぐことに夢中で挑戦する全ての世代が楽しめる映画です。ご期待ください。
眞栄田郷敦 高橋文哉 板垣李光人 桜田ひより 中島セナ 秋谷郁甫 兵頭功海 三浦誠己 やす(ずん) 石田ひかり 江口のりこ 薬師丸ひろ子 原作:山口つばさ『ブルーピリオド』(講談社「月刊アフタヌーン」連載) 監督:萩原健太郎 脚本:吉田玲子 音楽:小島裕規“Yaffle” 主題歌:WurtS「NOISE」(EMI Records / W's Project) 製作:山田邦雄 岡田美穂 高見洋平 弓矢政法 竹澤 浩 長野隆明 久保田 修 梅景匡之 渡辺章仁 エグゼクティブプロデューサー:関口大輔 プロデューサー:豊福陽子 近藤多聞 共同プロデューサー:沖 貴子 スーパーバイジングプロデューサー:久保田 修 撮影:光岡兵庫 照明:平山達弥 録音:渡辺寛志 美術:宮守由衣 装飾:中村三五 編集:平井健一 スクリプター:古保美友紀 スタイリスト:Remi Takenouchi 衣裳:東海林桃花 ヘアメイク:古久保英人 音響効果:岡瀬晶彦(J.S.A) 音楽プロデューサー:戸波和義 三神山千陽 VFX Supervisor:太田貴寛 VFX Producer:巻田勇輔 助監督:山下久義 制作担当:多賀典彬 ラインプロデューサー:片平大輔 アソシエイトプロデューサー:山口龍大朗 絵画統括:海老澤 功 川田 龍 製作:映画「ブルーピリオド」製作委員会 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:ワーナー・ブラザース映画 ©山口つばさ/講談社 ©2024 映画「ブルーピリオド」製作委員会
Warner Bros. Japan
XFacebookInstagramYoutubeLINETikTok