close

NEWS

「時を戻そう!」満を持して、ぺこぱが今話題の“逆行体験”に挑戦!

2020.10.01


「時を戻そう」というフレーズでお馴染みの人気お笑いコンビ・ぺこぱの二人が、今大ヒット中の『TENET』で話題の“逆行”を体験する動画が到着しました!!

映像は、ぺこぱの二人が自分たちにぴったりのテーマにも関わらず、一向にCMのオファーが来ない“ある映画”について不満を漏らすところから始まります。「オファーが来ないのなら自分から向かっていけばいい!」と待ちきれなくなった二人は、本作の最大の魅力”逆行”に挑戦することに。「時を戻そう」という言葉を合図に、二人の動きが逆行するのですが、なんと映像は逆再生ではなく映画の撮影方法同様、実際に”逆行の動き”をしているという! 最後には、ぺこぱの二人が鑑賞した映画が『TENET テネット』であることが明かされ、SNSで流行中の「テネる」を用いた「みんなもテネろうぜ!」という言葉で映像は締めくくられます。

今回の”逆行”への挑戦に対し、インタビューでしゅーぺいさんは「自分たちも(『TENET テネット』の)映像を観て、本当に逆を歩きながらの動きにチャレンジしたので、(映画の)撮影中の大変さがすごく伝わった」と改めて『TENET テネット』の映像の凄さを感じたことを語り、松陰寺さんは「今までの人生、前しか見て生きてこなかったんで(難しかった)」と冗談交じりに答えました。さらに、「俺の首振りと早い手刀の逆再生の動きのクオリティも高めていきたい」と意気込む松陰寺さんに対し、しゅーぺいさんは「一発目のカットで思いっきりつまずきました(笑)」と逆行の動きに苦戦していたことを明かしました。また、松陰寺さんは「僕らが言った(時を戻そうという)言葉が遂に現実になった!」と喜びを語った一方、その言葉を受けたしゅーぺいさんの「僕たちは”時を戻そう芸人”です!」という発言には、「正確に言うとしゅーぺいは時を戻す人の隣にいる人ですけどね(笑)」とツッコミを入れ、笑いを誘いました。

メイキングでは、松陰寺さんとしゅーぺいさんがそれぞれお馴染みの首振りや自己紹介ポーズを”逆行の動き”で挑戦する場面や、インタビューでも語られた、しゅーぺいさんが逆行に苦戦する様子も明かされており、“逆行体験”の奥深さが詰まった映像は話題になること間違いなしです!


リピーターが続出し、「テネる」という言葉が生まれるなど、社会現象化している映画『TENET テネット』。今回ぺこぱの二人も挑戦した時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす! 世界7か国を舞台にIMAXRカメラで撮影、リアルにこだわり驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作が、どこまで記録を伸ばすのか、まだまだ目が離せません!!

 

2週連続週末興行ランキングNo.1!止まらないテネる現象!累計興行収入12億円突破!

2020.09.28

コロナ禍以降、初の洋画超大作として、9月18日(金)から全国488スクリーンの劇場で封切られた本作は、2週目の週末興行ランキング(9/26-9/27)でも興行収入2億4630万2200円(観客動員数144,707名)にて、2週連続週末興行ランキング1位を達成。9月27日までの累計では興行収入12億0382万2590円(観客動員数742,190名)と止まらないテネる現象が続いています!

洋画作品が、2週連続1位を記録するのは、3月20日公開『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(4/4~4/5、4/11~4/12)以来、新型コロナウィルスでの劇場封鎖前まで遡ることになります。すでに全世界興行収入は290億円を突破し300億目前の勢いで、全米でも4週連続No.1を記録(※9/27時点。全てBOX OFFICE MOJO調べ)。未だ、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコの主要地域ではオープンしてないものの、一部オープンしたカリフォルニア州の影響は大きく、今週末のアメリカの劇場ではトップ10劇場のうち8劇場がカリフォルニア州になっています。今後、劇場再開と共に更なる動員アップが見込まれています。

「超絶面白い!(The Guardian)」「これを超える作品は誕生するのか?(Cinema Blend)」「めまいがする。サスペンスの頂点だ(Rolling Stone)」と、各海外メディアは絶賛し、ノーラン監督も『映画の力で非日常の旅に連れていく』と宣言している本作。SNS上では「訳が分からないけど、超面白」「2テネット目で友情に泣けた」といった声が多数見かけ、ハマる人が続出していますが、主人公と相棒の本当の関係性、逆行と順行のパズル、TENETの本来の意味、回文書など、あらゆる所に秘密が隠されていることから50を超える考察記事が上がっており、その謎を体験すべくゲーム感覚の若年層が急増しています。

日本の客層は男女比7:3(ワーナー調べ)、20代の男性グループやカップルでの来場者が中心で、高校生から50代までの幅広い観客層が劇場に足を運んでおり、恋人・夫婦が話題作として選ぶデートムービーにもなっています。

 

3か月振りに、洋画作品が週末興行ランキングNo.1獲得!公開5日間で、興行収入7.5億円突破の大ヒットを記録!

2020.09.23

コロナ禍以降、初の洋画超大作として、9月18日(金)から全国488スクリーンの劇場で封切られた『TENET テネット』は、公開2日間(9/18-9/19)で過去のクリストファー・ノーラン監督作品の『ダンケルク』(最終興収16億4000万円)、『インターステラー』(最終興収12億8000万円)のオープニング成績を凌ぐ、興行収入3億2678万5290円(観客動員数199,559名)を記録し、週末興行ランキング1位を獲得! 洋画作品が、週末興行ランキング1位を記録するのは、6月19日公開『ドクター・ドリトル』以来、3か月ぶり。そして9月18日~9月22日の5日間の累計興行収入は、7億5299万6550円を記録する、大ヒットスタートとなりました。すでに全世界興行収入は260億円を突破し、全米でも3週連続No.1を記録(※9/20時点。全てBOX OFFICE MOJO調べ)。世界中で、TENET現象が吹き荒れています。

「超絶面白い!(The Guardian)」「これを超える作品は誕生するのか?(Cinema Blend)」「めまいがする。サスペンスの頂点だ(Rolling Stone)」と、各海外メディアは絶賛し、ノーラン監督も『映画の力で非日常の旅に連れていく』と宣言している本作。日本でも9月18日0時の最速上映回がチケット販売開始約10分で完売。最速上映回は拍手喝采が巻き起こり、公開初日には「TENET」がTwitterでもトレンド入りを果たしたが、驚くべきはその感想です。

SNS上では「1ミリも理解できないけど、切なすぎて号泣」「今すぐ、誰か話そうよ!」「後、10回はテネってくる」「普通の映画には戻れない」といった、内容に関わるコメント以上に、困惑し、興奮し、発狂するコメントで異様なほどの大きな賑わいを見せています。上映後には、立ち話で答え合わせをしている人達が数多く目撃され、この問題作は日ごとに現象化しているのです。


この現象に起因する要素の一つは、IMAX®上映です。常に最高の映画体験を提供することを目指すクリストファー・ノーラン監督は、本作『TENET テネット』で世界7カ国を舞台に70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影し、最高レベルの映像を作り上げています。IMAX®の臨場感、没入感を最大限に発揮するために、本作では本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行しています。

解禁された特別映像でノーラン監督は「IMAX®はとてつもない力で、観客をストーリーに引き込みます。ストーリーを追体験し、『TENET テネット』の世界に極限まで没入できます。」と太鼓判。使用されたIMAX®カメラの数も撮影時間も過去最多。現在、38スクリーンで上映されたIMAX®では興行全体の24%を占め、チケットも入手困難な状況が続いています。

『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督は「ヒーローも、宇宙船も出てこない。我々が暮らしている世界にあるものを組み合わせただけなのに、その刺激的な体験に、後からじわじわと興奮がこみ上げてくる。」と映画の感想を述べていますが、ノーラン監督の大ファンである俳優の岩田剛典さん、ミュージシャンのGACKTさん、お笑い芸人のカズレーザーさん(メイプル超合金)、大友啓史監督(『るろうに剣心』シリーズ)、伊藤智彦監督(『HELLO WORLD』)、漫画家・三部けいさん(「僕だけがいない町」)、ゲームディレクター・ヨコオタロウさん、更に俳優・錦戸亮さんや賀来賢人さん、ミュージシャン・川上洋平さん(Alexandros)も劇場で鑑賞し、あらゆる方面の著名人達から絶賛の声があがっています。この驚異的な口コミが後押しし、映画『TENET テネット』の更なる大ヒットに期待がかかります。

 

全米No.1ラッパー“トラヴィス・スコット”ノーラン組へ参加!中毒性高いトラック&リリックで紡ぐオリジナル楽曲「The Plan」フルVer.予告解禁

2020.09.19

いよいよ昨日より日本でも公開を迎え、全国で2館のみ導入されている「IMAX®レーザー/GTテクノロジー」のスクリーンを有するグランドシネマサンシャインでは、全国に先駆けて9月18日(金)0:00の「IMAX®レーザー/GTテクノロジーの最速上映回」が先行販売され開始10分でほぼ完売。初日の回は、ファンの間で争奪戦が繰り広げられ、数時間ですべて完売し、最速上映終了後には、新たな伝説の幕開けを祝福するファンからの拍手が鳴り止まない事態となりました。

SNSでは早くも「『TENET テネット』すごかった...。手の震え止まらないんだけど...」「最っっっっっっっっっっっっっ高な映画体験だった」「映画好きだから沢山観すぎてマンネリ化しちゃって新しい気持ちで楽しめない事も多いけど、彼の映画はいつも新感覚をくれる。1秒見逃せないって本当にこの事!」「『TENET』かなり難解でわからないことの連続なのに、ワクワクして引き込まれてそれに身を委ねてしまう。最高の没入感。観終わった直後に次いつ観よう、と考えた映画は初めてです」と鑑賞を終え興奮冷めやらないファンからの熱狂的なコメントがあふれ、公開初日に「TENET」がTwitterでもトレンド入りを果たし早くも日本で『TENET テネット』旋風が巻き起こっています!


世界中で旋風を巻き起こしている『TENET テネット』にオリジナル楽曲を提供したのは、カニエ・ウェストやジャスティン・ビーバー、ザ・ウィークエンドなど一流アーティストとのコラボでもお馴染みのトラヴィス・スコット。人気アパレルブランドとのコラボ商品は争奪戦となりプレミア価格で取引されるなど音楽シーンのみならずカルチャーシーンにも大きな影響力を持ち、今年4月には登録ユーザーが3億5000万人を超える世界的人気ゲーム「フォートナイト」上でのバーチャルコンサートがコロナ禍において歴史的転換の瞬間だったと大きな話題となったことも記憶に新しい。

そんな多方面で絶大な影響力を持っている名実共に人気No.1アーティスト“トラヴィス・スコット”が書き下ろしたオリジナル楽曲「The Plan」を本作に提供。この度楽曲が堪能出来るフルVer.予告が解禁となりました! 映画音楽へは自身として初めて作詞に挑戦し作品鑑賞後に書き下ろしたというリリックと中毒性の高いトラックが本編映像のスリリングな展開に乗り謎多き作品『TENET テネット』へ対する期待感を高めます。

本作で音楽を担当したルドウィグ・ゴランソンは米誌のインタビューで彼に対して「たくさんのレベルや領域でアートに触れている人だ。トラヴィスがアートと繋がるのは、一つだけの形ではない。たくさんの触覚があって、すべてが刺激的だ」と彼の持つカリスマ性を称え、クリストファー・ノーラン監督も「トラヴィスの声が、長年のパズルを完成させる最後のピースとなった」と作品にとっても重要な役割であったと話し、本作で「The Plan」が持つ重要性と必然性を表現しました。楽曲の持つ高い中毒性は本作の持つ中毒性とも相まって世界各国で多くのリピーターを生んでいます。

クリストファー・ノーラン監督をはじめアカデミー賞受賞経験を持ち本作の音楽を担当したルドウィグ・ゴランソン、現代のカルチャーに多大な影響力を持つトラヴィス・スコットと超一流が集結して作り上げられた本作はその想いが届くかたちで、海外でも想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中で称賛の声が降り注いでいます。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす! 驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』は大ヒット上映中です!

         

【発売開始】『TENET テネット』の制作舞台裏を網羅したメイキングブック完全版、発売中!

2020.08.18

『TENET テネット』日本公開9月18日(金)、制作の舞台裏を完全網羅した、メイキングブック完全版「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」(著者:ジェイムズ・モトラム)の発売が決定!

並々ならぬリアリティの追及から、どんな状況でも実写での撮影に挑戦するノーラン監督。本作では未来へ進む者と時間を逆行する者が交錯するアクションをはじめ、空前の映像が観るものすべての常識を吹き飛ばす。本書にはそんな未知なる映像がいかにして生み出されたのか、膨大なメイキング写真と共に、クリストファー・ノーラン監督、撮影監督のホイテ·ヴァン·ホイテマ、美術監督のネイサン·クローリーによる詳細な解説によって解き明かされます。

さらに、人物設定に基づいた緻密な衣裳デザインや世界中のロケ地についての解説、動きを図解した設計図などは、鑑賞後の謎を解決する手がかりとして活躍すること間違いなし! ノーラン監督がどんな独創的なヴィジョンを抱き、『TENET テネット』に取り組んでいたのか、鬼才の頭の中をのぞき見できるファン必携の1冊となります。

■メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場
著者:ジェイムズ・モトラム
翻訳:富原まさ江
監修:神武団四郎

2020/9/18発売
仕様:B4横変型判/156ページ(フルカラー)
定価:本体6,000円+税
発売・発行:玄光社

詳細はこちらから>>

 

“最速上映回”チケットは、開始10分で即完売!今年最大の話題作『TENET テネット』がいよいよ公開!!

2020.09.15

劇場封鎖となった3月以降、世界各国で断トツの初登場No.1の大ヒットを記録。全米と同日に公開された中国では、過去のクリストファー・ノーラン監督作品史上最高額のオープニングを樹立、IMAX®フォーマットでは今年最高の数字をたたき出し、公開2週目を迎えた全米では週末興行収入2週連続No.1! 全世界興行収入は2億ドルを達成! 今まさに世界中で『TENET テネット』現象が加速するなか、日本でもそのムーブメントの兆しが見えています。

先週末時点での劇場前売券の販売枚数は、『ダンケルク』(最終興収:16.4億円)の160%、『キングコング: 髑髏島の巨神』(最終興収:20億円)の148%、『レディ・プレイヤー1』(最終興収:25.5億円)の130%を記録。また全国で2館のみ導入されている「IMAX®レーザー/GTテクノロジー」のスクリーンを有するグランドシネマサンシャイン(東京都豊島区東池袋)では、全国に先駆けて9月14日(月)21時からチケットを先行販売。9月18日(金)0:00の「IMAX®レーザー/GTテクノロジーの最速上映回」は開始10分でほぼ完売。9月18日の初日の回は、ファンの間で争奪戦が繰り広げられ、数時間ですべて完売しました。今週末9月19日(土)からは、遂に全国の映画館の座席販売が100%可能になります。コロナ禍以降初の公開と言っても過言ではない、この洋画超大作が、日本でどんな記録を打ち立てるのか注目が集まります。

クリストファー・ノーラン監督は、本作で“最高の映像体験”をつくりだすために、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影。本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行しました。その想いが届くかたちで、海外でも想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中で称賛の声が降り注いでいます。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす! 驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』の公開はいよいよ9月18日(金)です。

 

【公開直前“逆行体験”イベントレポート】カズレーザー&磯村勇斗、ノーラン愛が止まらない!“逆行体験”に大興奮!

2020.09.15


世界各国初登場No.1大ヒットを記録する『TENET テネット』が、いよいよ9月18日(金)日本公開!そして本日、「公開直前“逆行体験”イベント」を開催し、スペシャルゲストとしてクリストファー・ノーラン監督の大ファンである、お笑い芸人のカズレーザーさん(メイプル超合金)と俳優の磯村勇斗さんが登壇。2 人が愛してやまないノーラン監督の待望の最新作『TENET テネット』の魅力や、未だ分からないことだらけである本作の謎について語り合いました。

『ダークナイト』シリーズで衝撃を受けて以来、ノーラン監督の作品が大好きだと語る磯村さんは、「未だ観たことのない世界へ連れて行ってくれるところが一番の魅力ですね。未開拓の地に足を踏み入れるかのような感覚になるし、その先に期待と緊張が入り混じるように仕掛けてくるところが好きです」とその魅力を熱弁。公開をすごく楽しみにしていたという『TENET テネット』については「『メメント』や『インターステラー』に続いて“時間”をテーマに扱っていますが、まさか逆行させて、しっかり映像で見せてくるとは…」と本作で描かれた時間の逆行について驚愕の様子。本作で張り巡らされる伏線の数々に「考えながら観なければと思いつつも、直感が大切」と本作鑑賞時のポイントを伝授しました。

一方、カズレーザーさんは「ノーラン監督は毎回自分のハードルをめちゃくちゃ上げますよね」と作品を作る度に自らの限界に挑むノーランのすごさを指摘。『TENET テネット』は「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ターミネーター』を混ぜて、そこに『カメラを止めるな』をかけたようなすべての作品のいいとこどり」と表現し、「難しいけど、置いてかれたとておもしろいのが憎い。がっつり追いついていこうと思って観ても、パズルが組みあがっていくような気持ちよさがあるのがおもしろい」本作の魅力について語りました。

2人が友達に勧めるとしたら? という質問に、磯村さんは「とにかくノーラン中毒になれる映画だと伝えたい!」とコメント。「初めて観る人には、なんでノーランの作品を繰り返し見たくなるのかを知るきっかけにもなると思うし、なにより大きいフォーマットにこだわっている監督なので大迫力の画面と音を楽しめる、絶対に映画館で観るべき映画ってことは言えますね」とアピールし、カズレーザーさんは「前日しっかり寝てから観ること」を勧めました。さらに「『あそこどうだったんだろう?』とすぐ2回目が観たくなるので、1日空いている日に観てほしいです。本当に体力使いますから…観終わったときに2キロ痩せましたからね!」と笑いを誘い、体調を整えて臨むようにアドバイスしました。

また、イベントでは時間が“順行”する世界と“逆行”する世界が入り混じる本作にちなんで、“逆行体験”クイズが用意されました。磯村さんが発言している様子を逆再生した映像から、何を言っているかをカズレーザーさんが回答。逆再生された言語の不可解さに、「前半はテネットって言っているのはわかりました! 後半が…テネットのネギ添え…そんな料理があるんですか?」と大苦戦。正解は「テネット観テネット」で、超難問だったようです。続いての問題はある写真をカズレーザーさんが破いていく様子を逆再生し、それが何の写真か当てるというもの。すぐさま「『TENET テネット』劇中でジャンボジェット飛行機が保管庫に突っ込むシーン」だと正解を当てた磯村さんの『TENET テネット』への本気度が垣間見えるクイズとなりました。

最後にカズレーザーさんが「本当に楽しい映画。実は万人に勧められる映画なのでぜひ劇場で体験してほしいと思います」、磯村さんが「劇場に足を運ぶ機会が少しずつ増えてきていると思いますが、映画館もしっかり感染予防をしていると思いますので、『TENET テネット』を機に劇場へ足を運んでもらって、また映画館で映画を観るのが楽しいと思うきっかけとなる作品になればいいなと思います!」と締めくくり、イベントは幕を閉じました。

 

あの“ジョーカー”も祝福!全米2週連続No.1獲得で、世界興行収入は2億ドルを突破!

2020.09.15

全米に先立って公開された41の国と地域では、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回るオープニングを記録。満を持して9月3日より公開された全米でも、いまだニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなどの大都市の劇場が再開されず、座席数の制限も継続される中、劇場封鎖となった3月以降で断トツの初登場No.1の大ヒットを記録。全米と同日に公開された中国でも過去のクリストファー・ノーラン監督作品史上最高額の大ヒットスタートをきり、IMAX®フォーマットでは、今年最高の数字をたたき出しました。

そしてその勢いはとどまるところを知らず、今まさに世界中で『TENET テネット』現象が加速するなか、公開2週目を迎えた全米では週末興行収入2週連続No.1! 全世界興行収入は2億ドルを達成しました!


「世界中の観客がこの映画を観るために劇場へ帰ってきた」——。この度、「The New York Times」「Variety」「Deadline」など各誌が、“『TENET テネット』 により、映画界の復活と言える素晴らしいスタートを切り、観客を映画館に連れ戻した”と一斉に報道した本作の、社会現象級の大ヒットを宣言する最新映像が解禁!

「この10年で最高の映画体験」「劇場封鎖以降、興行成績No.1」「ノーラン監督作品史上興行成績No.1」「IMAX®2020年興行成績No.1」「これを超える作品は誕生するのか?」と華々しい記録の数々を語るのは、報道番組のナレーションや数々の人気アニメや洋画の吹き替え声優として活躍し、2012年に『日曜洋画劇場』で放送されたクリストファー・ノーラン監督作品『ダークナイト』にてバットマンの宿敵でもある、悪のカリスマ“ジョーカー”の吹き替え声優を務めた大塚芳忠さん。ジョーカー役を熱望していた大塚さんは、「本当に生きていて良かったです!(笑)」と放映にあたって話した経緯があり、今回のナレーション起用に至りました。

大塚さんは本作について「この度、『TENET テネット』のPRナレーションを担当させて頂きました。ワクワク胸踊るPRでした。数行読むだけでこんな気持ちにさせるだけの力が映画にはあるのだと改めて強く感じました。子どもの頃から映画でたくさんの事を学びました。長じて『吹き替え』という仕事に携わるようになって数十年、いつも心の支えには映画がありました。“人間はどんなに苦戦しても必ず元気で戻ってくる”。これが今まで観てきた映画で教えられたことです。今だからこそ映画の持つ力が必要だと強く思っています。世界の人々が困難を乗り越えて、また劇場に熱狂が戻る光が見えてきたことをとても嬉しく思います。」とコメント。まさに、ジョーカーも祝福する圧倒的な“映画体験”の感動が世界を巻き込み、新たな伝説の幕開けを予感させます。

“最高の映像体験”をつくりだすために本作で、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影したノーラン監督。そのこだわりは、本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行することによって実現しました。その想いが届くかたちで、海外でも想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中で称賛の声が降り注いでいます。『TENET テネット』は本作で“世界を救うキーワード”として描かれるが、タイトル通り世界中を席捲。

時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす! 驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』の公開はいよいよ9月18日(金)です。

 

世界熱狂の『TENET(テネット)』の謎に迫る!キャスト&監督が語る、4人のキャラクター特別映像解禁!

2020.09.11

全米初登場No.1、世界各国No.1大ヒット! 「観客を映画館に連れ戻した」映画として世界中が熱狂している『TENET テネット』。いよいよ公開迫る、本作の特別映像が解禁! 貴重なメイキング映像とともに、主人公・名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)と、彼の相棒であるニール(ロバート・パティンソン)、過去と未来を繋ぐブローカーである悪人のセイター(ケネス・ブラナー)、そしてセイターの妻であり、彼の秘密を知るキャット(エリザベス・デビッキ)について、キャストたちが語るもの。

「TENET(テネット)」という謎のキーワードをはじめ、様々な秘密のベールに包まれた物語と観客を繋ぐ重要な役割を担う名もなき男は、米海軍特殊部隊出身で武器に関して熟達しており、至近距離での戦いが得意な人物。強靭な肉体を持ち、驚異の身体能力を持つ名もなき男だが、激しいアクションはジョン・デイビッド・ワシントン自ら演じ、その過酷な練習風景が切り取られています。突如として国家を揺るがす任務に巻き込まれた彼に待ち構える運命とは…?


そして、名もなき男の相棒として世界各国を旅する優秀なエージェント、ニールの映像では、飛行機を爆発させる大胆なプランを話すシーンが登場。時間が逆行する異様な世界でも、冷静な彼のキャラクターが垣間見えます。ニールが発案した驚くべき作戦とは!?


ロシアの富豪であり、裏の顔は武器商人のセイターは、「人々をダークサイドに追いやるような強烈な人物」と彼を演じたケネス・ブラナーが語る悪人。過去と未来を繋ぐブローカーである彼を発端に人類滅亡が企てられますが、彼の本当の目的とその動機は一体何なのか!?


そして、セイターの妻であり、一児の母であるキャットはエリザベス・デビッキ。「とても知的な人物」だ語るキャットは、セイターの秘密を知っており、彼から離れたいと願いつつも離れられないその理由とは…?「TENET(テネット)」の謎をめぐる人物たちにも要注目です!

 

全米初登場No.1大ヒット!『TENET テネット』世界興収1億5,000万ドルに迫る!

2020.09.07

8月26日から41の国と地域で公開され、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回る興行収入5,300万ドルのオープニングを記録した映画『TENET テネット』が、遂に9月3日(木)から全米、中国が公開されました。


いまだ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなどのある大都市の劇場が制限されている中、本作『TENET テネット』が米国2,810館で上映がスタート。本作を皮切りに、アメリカ最大チェーンのシネコンAMCは、客席数を25〜50%に制限させ、65〜70%の劇場をオープン。このような状況下にも関わらず、9月4日(金)~9月6日(日)の3日間の週末興行収入は、2,020万ドルのオープニング記録を達成、劇場封鎖となった3月以降で、断トツのNo.1の大ヒットとなりました。

「The New York Times」「Variety」「Deadline」などの各誌は、“『TENET テネット』 により、映画界の復活と言える素晴らしいスタートを切り、観客を映画館に連れ戻した”と一斉に報道しており、本作で “世界を救うキーワード”として描かれる『TENET テネット』が、タイトル通りいま世界中を席捲しています。

また中国では、興行収入3,000万ドルを超え、過去のクリストファー・ノーラン作品でも歴代No.1の大ヒット。IMAX®フォーマットでは、今年最高の数字を記録しています。公開2週目となる世界各国の興行累計は、イギリスでは1,310万ドル、フランスでは1,070万ドル、ドイツでは870万ドル、韓国では820万ドルと、前週から落ちることなく興行をキープ。特にイギリスでは国内市場の70%近く、ドイツでは50%以上を占めるほど、『TENET テネット』現象が吹き荒れています。そして全世界では、累計1億5,000万ドルに迫る、1億4,620万ドルという興行収入を達成しました。

COVID-19以降、初の全世界公開の大作映画としてスタートを切った本作。他、競合作品がないことから長期に渡るロングランが見込め、Rotten Tomatoesのオーディエンススコアでも80%の高評価(※9/6時点)を記録していることから、さらなる大ヒットに期待がかかります。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす!驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作の公開までもうすぐです。

 

岩田剛典、3年ぶりに監督と再会!映画館のリアル脱出ゲーム!ノーラン愛全開のコメント予告も解禁

2020.09.04


全米公開に先駆けて8月26日(水)から41の国と地域で公開され、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回る5,300万ドルのオープニングを記録し、世界各国で堂々の初登場No.1を獲得! 満を持して現地時間9月3日(木)に公開となった全米での動向も大きな注目が集まっています。そしてこの度、『ダンケルク』公開時にクリストファー・ノーラン監督のファン代表として初対面を果たした岩田剛典さんが、ノーラン監督とWebサービス「ZOOM」上で3年ぶりに再会! ノーラン自身も当時のことを振り返り、ふたりは再会の喜びと、最新作の魅力についてたっぷりと語りあいました。

当時直接プレゼントされた“サイン入り脚本”を家宝にしている岩田剛典さん。限られた時間の中での対談について「『TENET テネット』は緻密に作られた作品なんだなと改めてインタビューして思いました。ノーラン監督は鬼才、天才だと思いますけど、その裏側では自分のビジョンを周りのスペシャリスト達に具現化して伝えている。その苦労もあることを感じることができました」と観客に驚きを与え続けるノーラン監督ならではの想像力を形にする難しさを感じたと話し、3年ぶりの再会について「雲の上の存在過ぎて、実感はないです。でも、自分の事を覚えていてくれたこと、『ダンケルク』の時のお話もできたので嬉しかったです」と久しぶりに過ごす時間を噛み締めました。本作のテーマについては「『TENET テネット』は『メメント』から続いてる時間を可視化することがテーマだったとお話をされてましたけど、次回作の構想は是非聞いてみたいですね」と次は何を仕掛けてくれるのかと早くも次回作への期待感が高まり、最後に「今回、ノーラン監督と再会できたことは、映画に関わっている人間として本当に幸せな時間でした。『ダンケルク』から続いてるご縁なので、またこのような機会があれば、今日伺えなかったことを聞いてみたいです。是非、またお会いしたいですね」と久々の再会を喜びました。

そして本作『TENET テネット』でも岩田剛典さんが、ノーラン監督への愛が溢れるほど最新作を熱く語るコメント予告も解禁! 「逆行する世界を観てみたくないですか?」と想像を遥に超える映像体験を興奮気味に話し、「タイムトラベルの過程が観れる」「時空の歪みに自分が入っていく感覚」「映画館のリアル脱出ゲーム」と身振り手振り交えながら話す姿が印象的でその熱さが画面越しに伝わってくる内容になっています。

<岩田剛典さん コメント>
■ノーラン監督にお会いしてみていかがですか?
『TENET テネット』は緻密に作られた作品なんだなと改めてインタビューして思いました。ノーラン監督は鬼才、天才だと思いますけど、その裏側では自分のビジョンを周りのスペシャリスト達に具現化して伝えている。その苦労もあることを感じることができました。

■今回で2回目になりましたが、どのようなお気持ですか?
雲の上の存在過ぎて、実感はないです。でも、自分の事を覚えていてくれたこと、ダンケルクの時のお話もできたので嬉しかったです。本当は、次回作のテーマとかファンが喜ぶことを聞きたかったですけど笑

■次回作のテーマは改めて聞いてみたいことでしょうか?
『TENET テネット』は『メメント』から続いてる時間を可視化することがテーマだったとお話をされてましたけど、次回作の構想は是非聞いてみたいですね。

■改めて、今日お会いできた率直なお気持ちはいかがでしたか?
今回、ノーラン監督と再会できたことは、映画に関わっている人間として本当に幸せな時間でした。ダンケルクから続いてるご縁なので、またこのような機会があれば、今日伺えなかったことを聞いてみたいです。是非、またお会いしたいですね。

 

【公開記念イベントレポート】GACKT&LiLiCoもハマった!世界中で中毒者続出のノーランマジック!

2020.09.01


9月18日(金)の『TENET テネット』日本公開を記念して開催された「ノーランを語ろう!公開記念LIVE配信イベント」。スペシャルゲストとして自身もクリストファー・ノーラン監督の大ファンだというGACKTさんと映画コメンテーターのLiLiCoさんが登壇、さらに大勢の中から抽選で選ばれたファン達もオンラインで参加し、熱いノーラン愛を語り合いました。

自身もノーラン監督作品の大ファンだというGACKTさん。ノーラン監督について「狂気の世界を突き詰める監督はたくさんいるけど、それをエンタメに落とし込むバランス感覚が素敵で一番の魅力」だと紹介。そして『TENET テネット』をすでに2回も観たことを明かし、その魅力を「あまりにも概念が新しすぎて、頭の固い人には受け入れがたいところもたくさんある映画。僕も頭が固いのかなと思ったのですが、後半にいくにつれていろんなことがつながってわかるようになる。2回目を観ると、さらに気づきが増えて感動して、こういう楽しみもあるんだと思った。映画の途中で『考えないで、感じるの』というようなセリフがありますが、自分に言われているようでした」と本作の楽しみ方を語りました。

LiLiCoさんは「やることがたくさんあるのに、一度観たら、翌日に2回目を観に行ってしまったんです。これはすでにノーランマジックにハマってしまったということですよね!」とGACKTさんと同じくすでに本作を2回鑑賞したエピソードを披露。「鑑賞後には自分の中で感じる『TENET』があると思うので、それを話し合って観に行くという面白さがあると思う。すでに公開された各国で大ヒットしているということは、みんなその魅力にハマっているということなので、日本でとんでもなくヒットすると思う」と太鼓判。GACKTと共に「まだ何回でも観たいよね」とその中毒性をアピールしました。

逆行する世界を実際に撮影したアクションしたシーンについては、「今まで時間の“順行”と“逆行”を映像にした人はいないんじゃないですか?現在から未来へ向かっていく順行のアクションと、現在から過去へ向かっていく逆行のアクションがどちらから観ても成立するように作られている。これってすごく難しくてどういう手順で撮影して、どういう画が出来上がるのか、未知な部分が多いから役者もスタッフも大変だったのでは。自分がオーダーされたら吐きますよ」とあくまでも「本物」で撮影することにこだわるノーラン監督の前代未聞の演出に驚きを隠せない様子のGACKTさん。その熱弁ぶりにはLiLiCoさんも「GACKTさん、ハマってますね…!」と驚きの様子。

最後に、LiLiCoさんは「みんなが待っていた大作だと思います。『TENET テネット』を感じ取っていただいて、話して、そしてみんなでもう一回観に行くという楽しみ方もできると思うので、ぜひ映画を映画館で楽しんで下さい」とコメント。GACKTさんは「非常に謎がたくさんある映画なので、ひとつひとつ解き明かしながら楽しんでもらえればいいのではと思います。『これはこういう意味だ!』となにか実際の映画を観てメッセージを感じた方がいれば僕のインスタのDMでメッセージを送ってください!」と締めくくりました。

 

映画『TENET テネット』41の国と地域で遂に公開!オープニング記録5,300万ドルで世界各国初登場No.1!

2020.08.31

現地時間9月3日(木)の全米公開に先駆け、8月26日(水)から41の国と地域で公開された映画『TENET テネット』。名実共に世界待望の超大作の公開とあってインターナショナルでの興行収入は、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回る5,300万ドルのオープニングを記録、世界各国で初登場No.1を獲得する大ヒットスタートを切りました! イギリスでは710万ドル、フランスでは670万ドル、韓国では510万ドル、ドイツでは420万ドルの興行収入を記録。またカナダ、ウクライナ、ハンガリーを含めて9の国と地域では、クリストファー・ノーラン監督作品史上最高のオープニングを樹立し、サウジアラビアでは147万ドルを記録し、国内で公開されたハリウッド映画史上最高額となりました。

特筆すべきは、興行収入全体の4分の1以上をIMAX®上映を含めたラージフォーマットが占めていること。IMAX®上映のオープニングは、『ダンケルク』(17)『インターステラー』(14)を上回る500万ドルを突破しています。本作では、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影したノーラン監督。本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行、最高の映画体験をつくりあげた。想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中でいま称賛の声が降り注いでおり、先日、ロンドンで行われたプレミアム上映に参加したトム・クルーズも自身のSNSで「大作映画。大スクリーン。すばらしかった」とコメント。1人の映画ファンとして映画体験の帰還に最大級の賛辞を贈りました。

現地時間の今週末9月3日にアメリカとロシアで、翌4日に中国で公開予定。さらなる大ヒットに期待がかかる。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす! 驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作の公開までもうすぐです。

■樋口真嗣、糸井重里ら各界の著名人からも絶賛の声続々!
映画『TENET テネット』体験者のコメントはこちら>

 

究極の映画体験が待っている!『TENET テネット』×IMAX®

2020.08.26

私たちに常に最高の映画体験を提供することを目指すクリストファー・ノーラン監督が、今もなお探求し続ける上映フォーマットがIMAX®です。最新作『TENET テネット』では、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影し、最高レベルの映像を作り上げています。そして、IMAX®カメラで撮影されたシークエンスは、IMAX®でのみ通常スクリーンでは映しきれない映像まで見える範囲がスクリーン全体にぐっと広がり、ノーラン監督が意図した作品の世界に没入することができます。IMAX®の魅力をご一読の上、ぜひ皆さまのご来場をお待ちしております。


IMAX®とは、世界最高レベルの解像度と鮮明な明るさ、そして、繊細な小さい音から爆発などの大音響まで臨場感あふれるサウンドで再現する映画館の上映システムのこと。ノーラン監督は、作品の構想段階からIMAX®シアターで公開することを念頭に製作に着手。IMAX®カメラで撮影に挑み、ポストプロダクションをIMAX®シアターで行うことで、作品全体を更に洗練し、観客が本作品をIMAX®シアターで鑑賞した時に、最高の映画体験となるように仕上げました。

またノーラン監督は極力CGを使わず「本物」を使用することで有名。IMAX®の臨場感、没入感を最大限に発揮するために、本作では本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行しています。

「まるで渦中にいるかのような、スリルを味わってほしい」—クリストファー・ノーラン監督
IMAX®は最も解像度が高く、映像フォーマットとして、今まで開発された中で最も没入感のある映像体験をつくることができます。鮮明で細部まで捉えることができるため、本作品では、数多くのシークエンスがIMAX®フィルムカメラによって撮影されており、より多くの情報がネガに焼き付けられるいるため、その鮮明さ、ディテールと没入感で、観客はより映画の世界に入り込むことができるのです。IMAX®スクリーンで見ることができれば、素晴らしい映画体験が待っています。アクション・シーンにしても、カメラを人物にぐっと寄せるシーンにしても、観客とスクリーンとの間の境界線をなくすというのが狙いです。まるで自分が渦中にいるかのような、ひしひしとしたスリルを味わってほしい。そのためには、目で見た本物への忠実性と鮮明さが欠かせないのです。

What is IMAX®?-IMAX®とは?
IMAX®は、革新的な工ンタテインメン卜・テクノロジーを提供する企業です。独自のソフ卜ウェアと設計・装置を融合させたIMAXの上映システムは未知なる体験を生みだし、想像を超える世界へと導きます。現在、世界有数のフィルムメーカーやスタジオが IMAX シアターを活用し、そのネットワークは、世界的に最も重要かつ優れた映画配給のプラットホームになっています。

IMAX®はデジタルリマスタリング、映写、音響システム、そしてシアター設計の全てに関して一つの目標だけを目指して作り上げてきました。その唯一の目標とは、「現実と映画との境目を超える映画体験をオーディエンスに届ける」ことです。

見える範囲がぐっと広がるのは、IMAX®だけ
映像の幅と高さの比率はアスペクト比と呼ばれます。従来のフィルムで撮影された作品は、ほとんどの通常スクリーンのアスペクト比(2.40:1)に合わせてトリミングされ、映画撮影用カメラが捉えた映像の一部のみが投影されます。これが、ほとんどの通常スクリーンで鑑賞する映画が、横に非常に広いが、それほど高さがない理由です。

一方、超高解像度のIMAX®カメラを撮影に起用すると、映画製作者は、IMAX®シアターで投影されるアスペクト比のまま撮影することができるのです。そして、IMAX®カメラで撮影されたシークエンスを多く含む 『TENET テネット』 は、IMAX®シアターだけでのみで、スクリーン一杯に見える範囲が広がるIMAX®スクリーンのアスペクト比で投影され、オーディンエスに真の没入体験を提供することが可能となります。

観客を映画の中へ導く独自設計の劇場構造
IMAX®シアター最大の特長は、その劇場構造にあります。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはただ大きいだけでなく、どの席からでも観やすいように緩やかにラウンドさせています。さらに客席の傾斜角度を大きくすると同時にスクリーンに近づけるなど、シアター空間全体を独自に設計することで視野全面を覆うフルパノラマビューを実現。まるで映画の中にいるような臨場感で観客を包みます。

IMAX®は、世界最高峰の没入型映画体験を提供するシアターです。映画だけではなく、シアターの設計、プロジェクション、音響までもが独自にカスタマイズされたシアターです。この独自の劇場構造により、照明が消えた瞬間、魔法にかかったような映画の世界が繰り広げられ、単に映画を観る以上の体験をお届けします。

高精度な技術でリマスタリングIMAX DMR® プロセス
本作はIMAX®が特許を有するIMAX DMR®(デジタルリマスタリング)加工にて映像とサウンドの高品質化を行っていますので、どのフォーマットのIMAX®スクリーンで鑑賞しても、他の特殊スクリーンや通常のスクリーンフォーマットよりも優れています。

撮影段階からIMAX®クオリティ。IMAX®カメラ
70mm/15パーフォレーションのフィルムを使用するIMAXフィルムカメラは、世界で最も高解像度のカメラの一つです。IMAX®カメラで撮影した場合、スクリーンに映し出される映像は、従来の35mmフィルムの約10倍の解像度を備え、比類のない映像範囲と映像クオリティーを提供します。

IMAX®シアターでのみ、IMAX®カメラで撮影されたシークエンスがスクリーン全体に広がり、オーディエンスはこれまでにない鮮明さと明瞭さでより多くの画像を体験でき、且つ、クリストファー・ノーラン監督が意図した作品の世界に没入することができます。

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

         

スペシャルゲスト参加!みんなでノーランを語ろう!映画『TENET テネット』公開記念LIVE配信イベントへ、49名様限定でオンライン参加者を大募集!

2020.08.21

全世界待望の映像体験がやってくる! 誰も観たことのない世界を生み出す才能と、ヒットメイカーとしての才覚をあわせ持つ、世界で最も次回作が期待されるクリストファー・ノーラン監督。その最新作『TENET テネット』が9/18(金)ついに劇場公開!

長編デビュー作『メメント』から20周年となる今年、記念すべき10作品目となる『TENET テネット』の公開を記念して、スペシャルゲストを招いた生配信イベントの開催が決定いたしました! 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本イベントは完全無観客での開催となりますが、生配信を通じて、どなたでもイベントをご覧いただくことができます。(※視聴方法は追って発表いたします)そしてビデオ通話サービス「Zoom」を活用して、このイベントにオンラインで参加できる方を、49名様限定で大募集! 下記応募規約等を必ずご確認の上、ご応募ください。

■ノーランを語ろう!『TENET テネット』公開記念LIVE配信イベント
日程:8月31日(月)
時間:18時00分開演(予定)
登壇:スペシャルゲスト(予定)
※応募締切:8月24日(月)12:00まで

<応募する前に必ずご一読ください>
・本イベントは、当選されたご本人のみ(お一人)の参加にてお願いいたします。
・本イベントの特性上、皆様ご自身の映像(肖像)が生配信時にも映ります。
・イベントの模様はマスコミ取材による撮影・記録が行われ、各メディアにて放映・掲載される場合がございます。予めご了承ください。
・本イベントの録画はお控えください。
・本イベントでは、一部ゲストと会話ができる場面がございますが、必ずしも全員が会話できるというわけではございません。
・応募規約内禁止事項に該当する行為が確認された場合は、強制退出をさせていただきます。
※番組配信は18:00頃の開演を予定しておりますが、Zoomにご参加頂く方には事前集合・事前ご説明のお時間を設けさせて頂く予定です

<応募条件>
・ビデオ通話サービス「Zoom」にアクセスできる環境をご用意いただける方
Zoomのアプリダウンロードはこちらから
・マイク、カメラの環境が整っている方のみご応募ください。
・本イベントに確実に参加できる方
※途中参加・退出はご予定している場合には、応募はご遠慮ください
・本応募要項に同意いただける方

<応募方法>
ご応募は下記応募フォームより、ご応募ください。
応募フォーム
URL:https://ssl.eiga.ne.jp/campaign/form/?t=tenet-event0831

<抽選・当選発表>
厳正な抽選の上、8月25日(火)〜8月26日(水)にご応募時に入力いただきましたTwitterアカウント宛にダイレクトメッセージ(DM)にて当選された方へのみご連絡いたします。
映画『TENET テネット』公式Twitterよりご連絡しますので必ずフォローをお願いいたします。
※事前にTwitterのダイレクトメッセージ(DM)とメールアドレス「campaign@gaie.jp」が受信できるようご設定をお願いいたします。
※都合によりご連絡が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※当選メールをお受け取りいただけなかった場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選のご連絡の際、最終の出欠確認をさせていただきます。期日までにご返信がない場合、当選を無効とさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。
※当落に関する質問にはお答えできません。

<禁止事項>
本イベントへの参加にあたり、下記の行為が判明した場合、強制退出させていただきます。

・本イベントの運営を妨げるような行為
・他の参加者様の著作権、肖像権、その他知的財産権を侵害する行為
・他の参加者様を差別、誹謗中傷、脅迫、あるいはプライバシー、人権等を侵害する行為
・公序良俗に反する行為、犯罪行為、参加者様の心身に悪影響を及ぼす行為、またはそのおそれのある行為
・参加者様ご本人以外の方と参加する行為
・その他法律、法令に反する行為、またはそのおそれのある行為
・その他弊社が不適当・不適切と判断した行為
・Zoomの利用規約に違反する行為

<その他の注意事項>
・ご応募は、お一人様につき1回とさせていただきます。また、複数メールアドレスでの応募もお控えください。
・本イベントはインターネット(PC・スマートフォン)からのご応募となります。
・本イベントに参加いただくには、別途最新のZoomアプリが必須となります。
・Zoomをご利用いただくにあたっては、別途利用規約が適用されます。本イベント参加中は、Zoom上で顔・登録名が公開された状態となります。ご自身で責任をもって確認のうえ、ご利用ください。Zoomのご利用にあたり、発生した損害につきまして弊社は一切の責任を負いかねます。
・本イベントに参加いただくにあたり、通信費用はお客様負担となります。また、参加場所につきましても、ご自身で用意いただく必要がございます。
※ご参加場所に関しまして、弊社が不適当・不適切と判断した場合には強制退出させていただく場合がございます。
・本イベント当日の写真及び動画は、ワーナー ブラザース ジャパン公式YouTubeチャンネル、ワーナー ブラザース ジャパン公式LINEアカウント、映画『TENET テネット』公式Twitterなどその他広告宣伝物として利用させていただく場合がございます。
・禁止事項に該当する行動が確認された場合は、強制退出をさせていただきます。
・やむを得ないと判断した場合、本イベントは内容の一部変更または中止とさせていただく場合がございます。
・当選権利を、他の人に譲渡することはできません。
・当選者に送付された本イベント参加用URLを他者に共有した場合、当選が無効となります。
・本イベントへの参加に伴ういかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしても本作配給ならびに宣伝を担うワーナー ブラザース ジャパン合同会社およびワーナー ブラザース ジャパン合同会社より委託を受けた運営会社は一切の責任を負いかねます。
・当日は、マスコミの取材による撮影が入る可能性がございます。撮影した映像・写真などは、放送・掲載される場合がございます。
・ご入力いただきましたお客様の個人情報は、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社より委託を受けた株式会社ガイエが管理させていただきます。詳しくは応募フォームの「個人情報の取り扱い」をご確認ください。
・本イベントに関するお問い合せは映画『TENET テネット』公式TwitterのDMにてご連絡ください。

<免責事項>
本イベントへの応募・参加に関連して利用者または第三者に損害が発生した場合、本作配給ならびに宣伝を担うワーナー ブラザース ジャパン合同会社およびワーナー ブラザース ジャパン合同会社より委託を受けた運営会社は一切の責任を負いかねます。

 

【2週間限定】9.4(金)『インターステラー』IMAX®で緊急公開!『TENET テネット』プロローグ映像同時上映!

2020.08.21

第1弾『ダークナイト』、第2弾『ダンケルク』に続き、第3弾『インセプション』が公開され、この夏はまさにクリストファー・ノーラン監督一色の盛り上がりを見せています。そして遂に、ノーラン祭りのラインナップ発表の度に公開を熱望する声が続々とあがっていた『インターステラー』が、なんと『TENET テネット』公開直前の9月4日(金)より2週間限定でIMAX®での緊急公開が決定!

今回のために最新のIMAX®レーザー版を制作、あの興奮と感動の宇宙体験が劇場にやってきます。さらに今回も本編前には、衝撃的な〈時間の逆行シーン〉をはじめ、緊張感あふれるスリリングな映像体験を一足先に楽しめることで大きな話題となっている約6分間の『TENET テネット』プロローグ映像が上映されます。

壮大な宇宙を舞台にしながらも、ノーラン監督は極力CGを使用せず、リアルな表現にこだわりを持って完成させた本作。広大なトウモロコシ畑や宇宙船だけでなく、まだ誰も見たことのない“五次元宇宙空間”すら創りあげ、圧倒的な宇宙空間をリアルに体感させるため、世界的に知られるノーベル物理学賞受賞のキップ・ソーンもスタッフとして参加。本作で描かれる宇宙航行も彼の理論に基づき製作され、地球と宇宙で流れる“時間”のスピードは異なるという科学的考証に基づくギミックを用いながら究極の親子の絆が描かれました。

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』では、物理学者キップ・ソーンが再び参加。最新作で描かれるのは、人類が疑いなく信じ続けてきた〈時間のルール〉からの脱出。突如巻き込まれてしまった主人公・名もなき男が、時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦から人類滅亡を防ぐという無謀なミッションに挑んでいきます。果たして、時間が“逆行”する世界で、どのような壮大なドラマが描かれるのか? ぜひ『TENET テネット』にもご期待ください!

■『インターステラー』9月4日(金)IMAX®にて2週間限定・緊急公開決定!
※上映劇場は、以下の通り


IMAX®上映
109シネマズ大阪エキスポシティ 109シネマズ二子玉川
109シネマズ川崎 109シネマズ名古屋
109シネマズ グランベリーパーク 109シネマズ木場
109シネマズ湘南 109シネマズ菖蒲
109シネマズ箕面
TOHOシネマズ 新宿 TOHOシネマズ 流山おおたかの森
TOHOシネマズ 日比谷 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
TOHOシネマズ なんば TOHOシネマズ 二条
TOHOシネマズ 仙台 TOHOシネマズ 立川立飛(9/10〜上映)
ユナイテッド・シネマとしまえん ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
ユナイテッド・シネマ札幌 ユナイテッド・シネマ浦和
ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸 ユナイテッド・シネマ豊橋18
ユナイテッド・シネマ岸和田 ユナイテッド・シネマPARCO CITY浦添
グランドシネマサンシャイン シネマサンシャイン大和郡山
シネマサンシャイン衣山 シネマサンシャイン土浦
シネマサンシャインららぽーと沼津
T・ジョイPRINCE品川 横浜ブルク13
広島バルト11 鹿児島ミッテ10
イオンシネマ大高 成田HUMAXシネマズ
USシネマちはら台 エーガル8シネマズ

© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

         

世界各国で解禁!『TENET テネット』アクションビジュアル全12種一挙公開!

2020.08.14

全世界待望の映画体験がやってくる! クリストファー・ノーラン監督最新作、大ヒット上映中『TENET テネット』の最新ビジュアルを一挙公開! 公開されたのは、ロケ地となった国を含めた13ヵ国。主人公・名もなき男の迫真のアクションシーン、激しい爆発の中鋭い表情を見せるニール、酸素マスクをしたセイターや銃を構えるキャットの姿など、主要人物の緊迫の瞬間を切り取ったスケール感溢れるビジュアルです。

ノーラン監督自身が「これまでで最も野心的な映画」だと公言する本作は、世界7か国を舞台にIMAX®カメラで撮影、ノーラン作品史上最高額となる約2億ドル以上と言われる巨額(※IMDb調べ)を投じ、時間が逆行するというゲーム性を描き、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作。あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす、未知なる映画体験までもうすぐです!

         

ハミルトンとコラボレーション!世界限定888本の『TENET テネット』特別モデル8月19日(水)発売!撮影で実際に使用されたカスタムメイドウォッチも期間限定展示!

2020.08.14

ハミルトンは、クリストファー・ノーラン監督の最新映画『TENET テネット』のストーリー上重要な役割を果たすカスタムメイドウォッチを制作しました。このコラボレーションを記念して、劇中に登場する時計にインスパイアされた888本限定の「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」を8月19日(水)に発売します。また、ハミルトンブティック 東京 キャットストリートと、ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷では、劇中で実際に使用された時計の展示や、劇場鑑賞券プレゼントキャンペーンを実施致します。

映画 『TENET テネット』のためだけに制作されたカスタムメイドウォッチ
ハミルトンは本作のためにカスタムメイドウォッチを制作。“時間の逆行”がテーマの本作において、ハミルトンの時計はストーリーの重要な鍵を握ります。『TENET テネット』制作チームからの依頼を受け、ハミルトンのロングセラーモデル「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」をベースに、一般販売されているハミルトンの時計にはないデジタル表示機能を搭載した特別なモデルを制作。その制作期間は1年半に及びました。本作の撮影で実際に使用されたこの時計は、映画の公開にあわせて“来日”予定。ハミルトンブティック 東京 キャットストリートと、ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷にて展示されます。

「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」発売
『TENET テネット』とのパートナーシップを記念し、カスタムメイドウォッチにインスピレーションを得た「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」を8月19日(水)よりハミルトン正規販売店にて発売します。 映画のテーマカラーである赤と青から着想を得て、秒針の先端がブルーまたはレッドに彩られた2つのモデルをラインナップ。それぞれのカラーは世界888本限定で、888という数字には映画タイトルへのオマージュが込められています。また、『TENET テネット』のプロダクションデザイナーを務めるネイサン・クローリーがスペシャルエディションのための特別なケースを制作、映画の世界観を表現しています。秒針がブルーのモデルにはブルーのケースが、秒針がレッドのモデルにはレッドのケースがそれぞれ付属します。

スペシャルエディションに加え、レギュラーコレクションの「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」もアップデート。46mmのビックサイズのケースはチタニウムケースへと進化し、軽量化に加え耐久性が向上。ケースの四隅に配された存在感抜群のリベットは、強靭なスタイルを象徴しています。“0”から始まる特徴的なアラビア数字のインデックスには、ブラックダイヤルに映えるグレーのスーパールミノバ塗装が施され、デザインと視認性を両立。旧モデル同様、ヘリウムエスケープバルブを備えた1000m防水のスペックを継承し、標準持続時間80時間を誇るH-10を搭載。スポーティーなラバーベルトがとアクティブなスタイルを引き立てます。

『TENET テネット』スペシャル エディション発売記念キャンペーン
「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」の発売を記念し、ハミルトンのグローバル旗艦店であるハミルトンブティック 東京 キャットストリートと、TOHOシネマズ日比谷に程近いISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷にてキャンペーンを実施します。

<キャンペーン概要>
第一弾:『TENET テネット』 劇場鑑賞券プレゼント

期間:8月19日(水)~9月6日(日)
店舗:ハミルトンブティック 東京 キャットストリート
実施内容:上記期間中にキャンペーン対象モデルをご購入されたお客様10組20名様に『TENET テネット』 劇場鑑賞券プレゼント。(なくなり次第終了)
対象モデル:
- 「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」(H78505331, H78505332)
- 「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」(H78505330)

第二弾:『TENET テネット』 劇中登場モデル特別展示
期間:9月19日(土)~9月30日(水)
店舗:ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷
実施内容:
- 上記期間中に『TENET テネット』鑑賞券をご提示頂いたお客様先着30名様にハミルトンオリジナルグッズをプレゼント。(なくなり次第終了)
- 『TENET テネット』の劇中で実際に使用された非売品のカスタムメイドウォッチの展示に加え、クリストファー・ノーラン監督による2014年公開の映画『インターステラー』で実際に使用された時計を展示。

期間:10月5日(月)~10月17日(土)
店舗:ハミルトンブティック 東京 キャットストリート
実施内容:『TENET テネット』の劇中で実際に使用された非売品のカスタムメイドウォッチの展示に加え、クリストファー・ノーラン監督による2014年公開の映画『インターステラー』で実際に使用された時計を展示。

ハミルトンについて
1892年ペンシルバニア州ランカスターで創業。ハミルトンは高精度な時計を作り続けています。ハミルトンのウォッチメイキング技術は、アメリカの鉄道黎明期と共に発展し、軍の兵士、パイロット、ハリウッドスターの腕元を彩りました。1957年には世界初の電池式腕時計を、1970年には世界初のLED式デジタルウォッチを発表。また、これまでに500作以上のハリウッド映画にハミルトンの時計が登場しています。ハミルトンはデザイン、テクノロジー、クラフツマンシップを追及し続け、ウォッチメイキングのリーディングカンパニーであるスウォッチグループの一員として、アメリカンスピリットとスイスのテクノロジーが融合したタイムピースを生み出しています。

<店舗情報>
ハミルトンブティック 東京 キャットストリート
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-5
電話:03-3400-1181 営業時間:11:30-20:00

ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−2 東京ミッドタウン日比谷 3F
電話:03-3400-1181 営業時間:11:00-20:00

         

〈時間〉から脱出して、世界を救え!フォロー&RTで豪華賞品が当たる「#TENET脱出ミッション」Twitterキャンペーン実施!【8/27まで】

2020.08.14

全世界待望の映画体験が遂にやってくる! 人類を滅亡から救うというミッションに、突然巻き込まれてしまった主人公。相棒と共に、〈時間のルール〉から脱出し、〈未来〉の第三次世界大戦を防ぐことが出来るのか!?

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『ダンケルク』クリストファー・ノーラン監督が放つ、タイムサスペンス超大作『TENET テネット』大ヒット上映中を記念して、フォロー&RTで合計46名様に豪華賞品が当たる「#TENET脱出ミッション」Twitterプレゼントキャンペーンを実施! 皆さまのご参加をお待ちしております!

<キャンペーン期間>
2020年8月14日(金)12:00~8月27日(木)23:59まで
※1日1回ご参加いただけます。

<プレゼント賞品>
■【脱出成功】で当たる賞品
・メイキング本「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場(著者:ジェイムズ・モトラム)」 1名様
・『TENET テネット』劇場用ポスター 10名様
・『TENET テネット』ムビチケカード(1,500円) 10組20名様
・クリストファー・ノーラン監督6作品Blu-rayセット 3名様
・Amazonギフト券1,000円分 20名様
※賞品はお選びいただけません

■【脱出失敗】でもWチャンスで当たる賞品
・時間を見極めよう!Apple Watch Series 3 1名様
・脱出サバイバルに挑もう!ソロキャンプ用品5点セット 1名様
※賞品はお選びいただけません
※ソロキャンプ用品は、テント、寝袋、チェア&テーブル、バーベキューコンロ、ランタンの5点セットになります

<応募方法>
映画『TENET テネット』公式Twitterをフォロー
② ハッシュタグ「#TENET脱出ミッション」が入った公式ツイートをRT(リツイート)
③ 公式Twitterから当落の抽選結果を@返信ツイートでお知らせ
※対象ツイートは毎日ツイートされ、1日につき1回ご参加いただけます
※当選(脱出成功)された方は、対象賞品をプレゼントいたします
※落選(脱出失敗)された方の中から抽選で、Wチャンスの対象賞品をプレゼントいたします
※キャンペーンへのご参加の際は、映画『TENET テネット』公式Twitterを忘れずにフォローし、キャンペーン終了までフォローを外されないようにご注意ください

<注意事項>
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当選(脱出成功)、落選(脱出失敗)の@返信ツイートは、1日1回となります。
・アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合がございますのでご容赦ください。
・本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、これは応募資格無効とさせていただきます。
・キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
※プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
※頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
※Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
※開設直後で、上記に当てはまるアカウント
・リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、映画『TENET テネット』公式Twitterまで、DMでお問い合わせください。
・本キャンペーンは、映画『TENET テネット』公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
・当選(脱出成功)は1回限りとなります。
・落選(脱出失敗)の場合は翌日以降に再度参加することが可能です。
・13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
・賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡はできません。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
・本キャンペーンのご参加は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

<当選発表について>
・キャンペーン対象の投稿をリツイート後、@返信にて当落の結果をご連絡致します。
・当選(脱出成功)された方には、当選の翌日中に映画『TENET テネット』公式Twitterから当選された方のTwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
・落選(脱出失敗)された方の中から抽選で、Wチャンスの対象賞品が当たります。こちらの該当の方へは、キャンペーン終了後2020年8月28日(金)以降に、映画『TENET テネット』公式Twitterから該当の方のTwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
・当選(脱出成功)された方、Wチャンス賞品の当選者の方の登録内容に不備や誤りがあった場合、また2020年9月3日(木)までに発送先情報の登録がない場合等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
・賞品はお選びいただけません。到着まで楽しみにお待ちください。
・賞品の発送は2019年9月下旬~10月下旬を予定しております。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
・抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。

<個人情報の取り扱い>
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社より委託を受けた株式会社ガイエが管理させていただきます。本キャンペーンの賞品発送以外の目的では使用いたしませんので、ご安心ください。
・お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
・その他の個人情報の取扱いにつきましては株式会社ガイエのプライバシーポリシーをご参照ください。

         

夏休みはノーラン祭り!クリストファー・ノーラン監督の傑作の数々を配信中!

2020.07.30

クリストファー・ノーラン監督の集大成にして最高傑作の呼び声高い、映画『TENET テネット』の公開を記念して、過去の傑作の数々を以下プラットフォームで配信中!

アメコミ映画の新時代を切り開き、数々の伝説を打ち立てた『ダークナイト』シリーズ。〈夢〉の中を映像化し、観る者の度胆を抜いた『インセプション』。5次元の宇宙空間を創り上げた『インターステラー』。陸海空の視点から戦争を体感させた実話『ダンケルク』。テーマはSF、戦争、スリラーと多岐にわたるが、誰も観たことのない映像を0から生み出す才能と、ヒットメイカーとしての才覚をあわせ持つ、最も次回作が期待されるノーランの監督作品をぜひこの機会にご覧ください。


2005年 バットマン ビギンズ
2008年 ダークナイト
2010年 インセプション
2012年 ダークナイト ライジング
2014年 インターステラー
2017年 ダンケルク
 

公開10周年記念!8.14(金)『インセプション』IMAX®&日本初4Dで緊急公開!『TENET テネット』プロローグ映像も同時上映!

2020.07.30

クリストファー・ノーラン監督が50歳の誕生日を迎える記念すべき本日7月30日、ノーラン祭り第3弾として『インセプション』の公開が8月14日(金)に決定! 今もなお映画史に残る傑作として語り継がれ、全米でも公開10周年記念上映が予定されている話題の本作が、全米に先駆けIMAX®版と日本初となる4D版で上映。さらに今回もIMAX®全劇場では、『ダークナイト』『ダンケルク』でも大きな話題となっている約6分間のプロローグ映像が『インセプション』本編前に上映されます。

2020年はノーランにとって、長編監督デビュー作『メメント』公開から20周年となる記念イヤー。そんなメモリアルな年に公開される『TENET テネット』に向けて、“ノーラン祭り”と題して、第1弾『ダークナイト』、第2弾『ダンケルク』に続く、待望の第3弾として、レオナルド・ディカプリオや渡辺謙といった国際色豊かなキャストを揃えて、〈夢〉の中の世界を驚愕の手法で映像化した『インセプション』が公開、ノーランの代表作がこの夏3作品連続リリースされます。

本作『インセプション』は、パリの道が突然折り曲がり、ロサンゼルスの市街の真ん中を列車が走り抜け、物理の法則が崩れた無重力の戦い――どんなことでも起こりうる夢の世界を、圧倒的なリアリティをもって描き、第83回アカデミー賞で作品賞をはじめとした8部門ノミネート、撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞の4部門を受賞。衝撃的なラストは、公開から10年が経った今なお語り継がれ、多くのファンから根強い人気を誇るノーランの代表作の一つ。圧倒的なスケールの世界観をアイデアとこだわりをもって描き切ったアトラクション感覚満載の『インセプション』の公開10周年を記念して、今回IMAX®デジタルリマスター版を制作。劇場でしか体験できない4D上映は今回が日本初の上映となります。

さらに『インセプション』IMAX®版の本編前には、約6分間にも及ぶ大ヒット上映中『TENET テネット』プロローグ映像が上映。未だベールに包まれる本作を、『ダークナイト』『ダンケルク』IMAX®版で併映されている約6分間のプロローグをいち早く体験した観客からは「これは絶対劇場で体験したい!」「見応えがありすぎる」「このプロローグで繰り広げられる展開の二転三転には驚かされっぱなしだった」とコメントが続々とあがっています。プロローグで描かれるのは、名もなき主人公が挑むあるミッション。衝撃的な〈時間の逆行シーン〉をはじめ、緊張感あふれた全編クライマックス級の息をのむスリリングな映像が連続。視覚・聴覚を刺激する誰も観たことが無い体験を約束いたします。

■8月14日(金)全国のIMAX® /4Dにて緊急公開決定!
『インセプション』劇場情報はこちら>>

© 2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

 

7.31(金)『ダンケルク』IMAX®/4D/Dolby Cinema™で緊急公開!『TENET テネット』プロローグ上映も再び!

2020.07.17

衝撃的な長編監督デビューを飾った2000年公開『メメント』から20周年を記念して、ノーラン祭り第2弾の開催決定! 史上最大の救出作戦を描いた『ダンケルク』が7月31日(金)より緊急公開! いま話題沸騰の『ダークナイト』IMAX®&4D上映が絶賛好評中ということから、IMAX®&4Dのほか、日本では初となるDolby Cinema™(ドルビーシネマ)でも公開されます。

さらに、『ダンケルク』IMAX®版の本編前には、究極のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』の約6分間のプロローグ映像が、『ダークナイト』に引き続き上映。プロローグで描かれるのは、主人公が潜入するあるミッション。衝撃的な〈時間の逆行〉シーンをはじめ、一瞬たりとも見逃し出来ない緊張感あふれるスリリングな展開を、ぜひ一足先にビックスクリーンで体感ください。

クリストファー・ノーラン監督が初の実話の映画化に挑戦した『ダンケルク』。公開当時、世界63カ国で初登場No.1を記録。米批評家サイトRotten Tomatoesでは『ダークナイト』がノーラン監督作品の最高スコア「94%フレッシュ」を記録していましたが、本作で「98%フレッシュ」(初登場時)を更新する快挙を打ち立て、第90回アカデミー賞では作品賞ほか8部門ノミネート、編集、音響編集、録音の3部門受賞するなど、確固たる評価を得ています。

陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が、一つの物語として同時で進行し、3視点が目くるめくスピードで切り替わり、IMAX®カメラで撮影した臨場感ある映像は、その場にいるような没入感を演出。360度神経を研ぎ澄まさないと生き残れない、一瞬先が読めない緊張状態が続く究極の映画体験を、ぜひご覧ください。

■『ダンケルク』7月31日(金)IMAX® /4D/Dolby Cinema™(ドルビーシネマ)にて緊急公開決定!
※上映劇場は、以下の通り


IMAX®上映
109シネマズ大阪エキスポシティ 109シネマズ二子玉川
109シネマズ川崎 109シネマズ名古屋
109シネマズ グランベリーパーク 109シネマズ木場
109シネマズ湘南 109シネマズ菖蒲
109シネマズ箕面
TOHOシネマズ 新宿 TOHOシネマズ 流山おおたかの森
TOHOシネマズ 日比谷 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
TOHOシネマズ なんば TOHOシネマズ 二条
TOHOシネマズ 仙台
ユナイテッド・シネマとしまえん ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
ユナイテッド・シネマ札幌 ユナイテッド・シネマ浦和
ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸 ユナイテッド・シネマ豊橋18
ユナイテッド・シネマ岸和田 ユナイテッド・シネマPARCO CITY浦添
グランドシネマサンシャイン シネマサンシャイン大和郡山
シネマサンシャイン衣山 シネマサンシャイン土浦
シネマサンシャインららぽーと沼津
T・ジョイPRINCE品川 横浜ブルク13
広島バルト11 鹿児島ミッテ10
イオンシネマ大高 成田HUMAXシネマズ
USシネマちはら台 エーガル8シネマズ
4DX上映
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 ユナイテッド・シネマ豊洲
ユナイテッド・シネマとしまえん ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
ユナイテッド・シネマ福岡ももち ユナイテッド・シネマ札幌
ユナイテッド・シネマ新潟 ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸
ユナイテッド・シネマ入間 ユナイテッド・シネマ春日部
ユナイテッド・シネマわかば ユナイテッド・シネマ新座
ユナイテッド・シネマ水戸 ユナイテッド・シネマ前橋
ユナイテッド・シネマ豊橋18 ユナイテッド・シネマ枚方
ユナイテッド・シネマ大津 ユナイテッド・シネマ橿原
ユナイテッド・シネマ長崎 ユナイテッド・シネマ熊本
ユナイテッド・シネマPARCO CITY浦添 シネプレックス旭川
109シネマズ大阪エキスポシティ 109シネマズHAT神戸
109シネマズ グランベリーパーク 109シネマズ富谷
109シネマズ菖蒲 109シネマズ佐野
109シネマズ四日市 109シネマズ佐賀
109シネマズ広島
グランドシネマサンシャイン シネマサンシャイン平和島
シネマサンシャイン沼津 シネマサンシャインららぽーと沼津
シネマサンシャイン大和郡山 シネマサンシャイン エミフルMASAKI
シネマサンシャイン姶良 シネマサンシャイン北島
イオンシネマ シアタス調布 イオンシネマみなとみらい
イオンシネマ越谷レイクタウン イオンシネマ名取
イオンシネマ京都桂川 イオンシネマ四条畷
イオンシネマ筑紫野
中川コロナシネマワールド 小田原コロナシネマワールド
安城コロナシネマワールド 金沢コロナシネマワールド
小牧コロナシネマワールド 豊川コロナシネマワールド
大垣コロナシネマワールド 福山コロナシネマワールド
小倉コロナシネマワールド
USシネマ千葉ニュータウン USシネマちはら台
USシネマ木更津 USシネマつくば
USシネマパルナ稲敷
フォーラム那須塩原 アースシネマズ姫路
MX4D上映
TOHOシネマズ 新宿 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
TOHOシネマズ 西新井 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
TOHOシネマズ 川崎 TOHOシネマズ なんば
TOHOシネマズ 二条 TOHOシネマズ 府中
TOHOシネマズ 海老名 TOHOシネマズ 柏
TOHOシネマズ ららぽーと船橋 TOHOシネマズ ららぽーと富士見
TOHOシネマズ 宇都宮 TOHOシネマズ 赤池
TOHOシネマズ 西宮OS TOHOシネマズ 鳳
TOHOシネマズ 岡南
MOVIE ON やまがた イオンシネマ徳島
広島バルト11
Dolby Cinema™(ドルビーシネマ)上映
丸の内ピカデリー T・ジョイ横浜
MOVIXさいたま 梅田ブルク7
MOVIX京都 ミッドランドスクエア シネマ
T・ジョイ博多

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
Dolby、ドルビー、Dolby Cinema、およびダブルD記号は、アメリカ合衆国と/またはその他の国におけるドルビーラボラトリーズの商標または登録商標です。

 

『ダークナイト』IMAX®&4Dが7月10日(金)緊急公開!! 『TENET テネット』プロローグの上映も実現!

2020.06.24

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』の公開を記念して、ノーラン監督が描いたあの伝説的作品『ダークナイト』のIMAX®&4D版が7月10日(金)から緊急公開決定! 4D上映は今回が初! さらにIMAX®版の本編前には、2019年末に大きな話題となった約6分間の『TENET テネット』プロローグが再び上映される予定です。

今回は従来のIMAX®デジタル上映に加え、レーザー対応劇場では高解像度映像で上映、さらにIMAX®レーザー/GTテクノロジー対応劇場ではIMAX®カメラ撮影パートが最大1.43:1の画角にまで拡張、究極の映像体験を実現させています。そして劇場でしか体験できない4D上映は今回が初! 全世界を魅了した圧倒的な世界観を初めて体感できます。

『ダークナイト』IMAX®版の本編前には、70ミリのIMAX®カメラも用いられ、世界7か国で撮影されたノーラン監督最新作、大ヒット上映中『TENET テネット』の約6分間のプロローグが上映。いまだ謎のベールに包まれたままの本作が描くのは、未来で起きた第三次世界大戦を防ぐために、突然ミッションを与えられた一人の名もなき男の物語。人類を救うためには、「時間から脱出」すること。そして、そのすべての手がかりとなるのは“TENET”——観るものの概念と価値観を180度覆す、ノーランが仕掛ける未知なる映像体験とは!?

■7月10日(金)全国のIMAX® /4Dにて緊急公開決定!
『ダークナイト』劇場情報はこちら>>

©2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

         

ハミルトンとコラボレーション!『TENET テネット』カスタムウォッチがスクリーンに登場!888本限定モデル、映画公開日9月18日(金)発売決定!

2020.06.18

ハミルトンと、クリストファー・ノーラン監督最新『TENET テネット』のデザインチームがコラボレーションし、映画のためのカスタムウォッチを製作。カスタムウォッチにインスパイアされた888本限定モデルが、日本では映画の公開にあわせて9月18日(金)に発売決定!

『TENET テネット』プロダクションデザインチームは、一般販売されているハミルトンの時計にはない特殊な機能を搭載した時計の製作をハミルトンに依頼。カスタムウォッチのベースとなったモデルは、フルブラックのタフな佇まいが作品の世界観とマッチする「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」。1年半におよぶ製作期間中、スイスのスウォッチグループのラボでは技術開発と試作品の生産を重ね、デザインチームチームからのリクエストに応えるため、ハミルトンは何十もの試作品を製作。撮影現場にはハミルトンのウォッチメーカーが立ち合い、カスタムウォッチの特殊な機能が実際に作動するように現場でサポートを行いました。

そして、劇中に登場する時計が完成したことを記念し、この映画にインスピレーションを得た「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」を製作。 軽量なチタニウムケースを備えたスペシャルエディションは、映画のテーマカラーから着想を得て、秒針の先端がブルーまたはレッドに彩られた2つのモデルをライナップ。それぞれのカラーは世界888本限定です。888という数字には、映画タイトルへのオマージュが込められています。日本では映画の公開にあわせて9月18日(金)に限られた数量で発売予定です。

■あなたならどちらを選ぶ?特設サイトはこちら>>
https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/tenet

■ハミルトンについて
1892年ペンシルバニア州ランカスターで創業。ハミルトンは高精度な時計を作り続けています。ハミルトンのウォッチメイキング技術は、アメリカの鉄道黎明期と共に発展し、軍の兵士、パイロット、ハリウッドスターの腕元を彩りました。1957年には世界初の電池式腕時計を、1970年には世界初のLED式デジタルウォッチを発表。また、これまでに500作以上のハリウッド映画にハミルトンの時計が登場しています。
ハミルトンはデザイン、テクノロジー、クラフツマンシップを追及し続け、ウォッチメイキングのリーディングカンパニーのスウォッチグループの一員として、アメリカンスピリットとスイスのテクノロジーが融合したタイムピースを生み出しています。

         

全世界7ヵ国、IMAXカメラで撮影!クリストファー・ノーラン最新作『TENET テネット』緊迫の予告解禁!

2019.12.20

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』、『インターステラー』、『ダンケルク』と、斬新なアイデアや驚異的ビジュアルと圧倒的なリアリティで、常に観客のド肝を抜く映画を放ち続けている“世界でも最も次回作が期待される映画監督クリストファー・ノーラン。全世界待望のノーラン最新作『TENET テネット』が、2020年9月18日(金)に日本公開が決定! 更に、本日全世界で予告編が解禁! 遂に、その巨大プロジェクトの全貌の一部が明らかになった!

『TENET テネット』はクリストファー・ノーランにとって2014年公開の『インターステラー』以来のオリジナル脚本で描くサスペンス・アクション超大作。主演に、第91回アカデミー賞作品賞を含む6部門でノミネートされた『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たしたジョン・デビィッド・ワシントンを迎え、2021年公開予定の『The Batman(原題)』で新バットマンに決定したロバート・パティンソン(『ハリー・ポッター』シリーズ、『トワイライト』シリーズ)、エリザベス・デビッキ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)そして『ダンケルク』に続いての出演となる、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーら実力派俳優が共演に名を連ねる。

未だその全貌は明らかになっていない本作だが、世界解禁された予告映像では想像を超える世界が描かれている。冒頭からあるミッションと対峙する男が描かれ「この任務の内容を知りたい」「第三次世界大戦を防ぐ」「死後の世界”へようこそ」と明らかになる壮大な物語を予想させる。秘密裏に活動するエージェントたちの存在、敵も味方も分からない状況、なにより生還する鍵となる『TENET(テネット)』と呼ばれる謎の暗号。そして最後「これから起きる」と言い放つ男の前に空間が反転し時間の逆回転が!このあと何が起きるのか…!? 出演者のロバート・パティンソンは「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品。」とインタビューで答えており、現実と虚構、タイムサスペンス、そして究極の映像と、まさにノーラン作品の集大成と呼ぶに相応しいこの作品は、全世界7ヵ国、IMAXカメラで撮影をしている。

前作『ダンケルク』では第90回アカデミー賞の作品賞、監督賞他8部門にノミネートされ、編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞し、全世界でも5億ドルを超える大ヒットを記録。Netflixを中心とした配信サービスが映画界も席巻してきている中、まさに映画館でしか観れない映像フォーマットを更新し続けてきたクリストファー・ノーランなだけに、2020年、新たな映像体験が誕生することは間違いない。タイトルの『TENET』は前から読んでも、後ろから読んでも『TENET』であり、その文字が反転されているのは、何かの暗号なのか? 早くも挑戦状が叩きつけられている。