NEWS

横浜演じる天才ギャンブラーに出会い人生が一変する青年・梶隆臣役に佐野勇斗!!

ポスタービジュアル ポスタービジュアル

迫稔雄作のシリーズ累計880万部突破のギャンブル漫画「嘘喰い」(うそぐい)を映画化!2022年2月公開の『嘘喰い』に、梶隆臣役で佐野勇斗さんが出演決定!佐野さん演じるのは、横浜さん演じる天才ギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)に偶然出会い、人生が一変する青年・梶隆臣(かじたかおみ)。借金を抱え上手くいかない人生を嘆いているーそんなどこにでもいる青年が、貘と行動を共にするうちに賭けに魅了されていき、次第に相棒になっていく役どころだ。

TBS系列日曜劇場「ドラゴン桜」のミステリアスな元教え子。「TOKYO MER 走る緊急救命室」でのメカオタクの臨床工学技士、そして現在OA中の「真犯人フラグ」と立て続けに話題作で強烈な印象を与えている佐野が、一転『嘘喰い』の生死を懸けた騙し合いゲームにどう巻き込まれていくのか。原作でも人気のあるキャラクターであり話題になることは間違いなし。

佐野自身も「キャラの濃い登場人物達の中で、唯一観客の皆様に近い存在だと思うので、より共感していただける役」と更に、相棒となっていく横浜さんについても「休憩中もずっといろいろなお話をして仲良くさせていただいて、貘と梶のバディ感を作る上でとても助かりました。流星くんのカリスマ性、凄かったです。」とコメントと寄せている。

さらに作品を華やかに彩るバラエティ豊かな超豪華キャストも順次解禁予定!続報を待て!

映画『嘘喰い』2022年2月公開決定!イカサマも殺しも何でもありの、騙し合いゲーム開幕!

ポスタービジュアル

迫稔雄作のシリーズ累計880万部突破のギャンブル漫画「嘘喰い」(うそぐい)。2006年から2018年まで集英社ヤングジャンプで連載されコミックスは49巻まで発売された伝説の漫画が映画化!映画『嘘喰い』が2022年2月に公開することが決定した。

監督は、1998年公開の映画『リング』が社会現象になりジャパニーズホラーの名手・中田秀夫。近年も『スマホを落としただけなのに』(2018年)『事故物件 怖い間取り』(2020年)と緊張感MAXの恐怖体験を送り出している。主演は、『きみの瞳が問いかけている』(2018年)で日本中の涙を誘い、今期TBS系列のドラマ「着飾る恋には理由があって」でも話題をさらった人気・実力ともに若手トップ俳優の横浜流星。

そして本作のティザービジュアルが解禁!横浜さん演じるのは、通称「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)。日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)-日々、巨額な金を賭けたギャンブルを仕切り、ルールを決め敗者の死に方を用意する最高峰の賭け場-その頂点を目指していく役どころだ。彼の目的・私生活は謎。仕掛けられたイカサマや嘘を見破り、数々のゲームに挑んでいく。

解禁されたビジュアルは、銃口を向けられ、死を前にした貘(横浜流星)が不敵かつミステリアスな目で私たちを見つめている。今回、銀髪に染めた横浜自身は「自分にとっても挑戦的な作品。原作を読んで銀髪がトレードマークな役どころだったので、維持が大変なんですが実際に銀髪に染めました。」と覚悟を語っている。

今後、作品を華やかに彩るバラエティ豊かな超豪華キャストも順次解禁予定!続報を待て!

BACK